RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

カテゴリ: Myアコードワゴンについて

IMG_1447

色々な理由があってアコードワゴンを手放しました。

…と、いっても、筆は実家で乗ってもらうことになっただけ。元々このクルマは2年ぐらい乗って→譲ろうと思っていたから、ちょうどそのタイミングが来たという感じです。

このクルマに乗り換えてから、さっぱりBlogで何かを残そうと思うこともなく。でも何気に、ナビ交換したり、Bluetoothつけてみたり、タイヤも換えてみたりとちょっとずつバージョンアップしてたんだけど、MINIほどエキサイティングするクルマではなかったかなぁ〜。

エンジンは踏めば踏むほど気持ちよく回ってくれるし、200馬力近いパワーで巨体もスイスイ走るし、乗っていても決して輸入車に引けを取らない乗り味。でもそれって『楽しい』ではなく『懐の深い』だったのかもしれないなぁ。ワタクシにはちょっとジェントルすぎました。…とは言え、国産車の中では相当良いクルマでした。仕事柄、大小さまざまなレンタカーで毎週1,000kmほど走る生活ですが、現状国産で一番売れてる?トヨタ・マークXを借りて乗り回してみても、コッチの方が全然良いクルマに感じるから何とも不思議。

■良かったポイント
・とんでもなく広い荷室→ゴルフバッグを無理なく4個+4名乗車が出来るなんて素敵。
・さすがのエンジン→ガソリン代さえ無視するなら回し甲斐たっぷり。
・10年前のクルマとは思えないスタイル→でももうさすがに古いよね
・快適なシート→大ぶり過ぎず、小ぶり過ぎず、腰痛持ちにはありがたいランバーサポートつき
・懐の深い足回り→最高、とは言わずとも、これだけ走れるワゴンはそうそうない

■気になるポイント
・ウリの電動パワーテールゲート→壊れてます。持ち上がりません(笑
・燃費→もう明らかに前時代。ハイオクで8km/Lしか走らないなんて…
・装備の弱さ→欧州Dセグはもっと装備ついてるぜ
・狭い後部座席→荷室デカくし過ぎたんじゃない?(笑
・安っぽい内装→良くも悪くもあの頃のホンダ品質

日本国内ではあまり評価されてない1台だったかもしれませんが、欧州を意識したクルマなだけに基本性能は抜群。国産ライバルメーカーのクルマとは比にならない位優れてます。これは発売から10年経過した今でもそう感じることが出来ます。一方で、インテリアの質感や装備内容、安全性能については当時の水準から見たとしてもお世辞にも良いとは言えず。

買ったときは20,600kmしか走っていない上玉物件でしたが、何気にバンパー擦ったりリアぶつけたりでボロボロに。…運転ヘタになったな〜。。。結局、20,000kmほど乗り回しましたが、とても満足できました。こんなホンダ車、2度と乗れないのかと思うとちょっと寂しい気がする。あと5年、10万km達成するまで実家で活躍してもらいます。

NEC_0024

と、いうことで、ついに先週末、MINIとお別れ&アコード納車となりました。

思えばMINIが納車されたのが2003年8月、それから8年10万キロ、色々と楽しませてもらって、苦労もして、思い起こせばキリがないぐらいの付き合いをしてきたMINI。クルマのいろはを覚えたのもこの1台があったからなんだろーなーと思いつつ、いよいよこの日が来た。出来ることなら、下取り分30万円借金して→手元に置いておきたかった気持ちもあるけど…結局乗らないのは言わずもがな。

NEC_0025

人間ってのはホントに楽したがりなんだな〜って思ったのが、コイツのエアコンが壊れてから→乗るのつらくなって→愛着がガタっと落ちてしまったこと。やっぱり、我慢してまでコレ乗り続けるより、今自分が本当に必要としているクルマ像に近いものに乗り換える方が幸せなのは間違いないし、お金も掛からないと思うと、やっぱりどうしてMINIが去っていくことになんにも感じなかった。ある意味では(人として)寂しいことなんだけど。洗車して引き渡すわけでもなく、サイドグリル下に貼りっぱなしの『クソクラエ』ステッカーも剥がすことなくwとにかくそのまんま引き渡して来ました。このMINIにトータルいくら使ったかはちょっと計算したくないけど、人付き合いも含めて、得られたものは本当大きかったと思います。今までありがとう。次のオーナーのところへ行くことがあるなら…大事にしてもらってください。

NEC_0026

で、納車!
実は、もっと早く8月末には納車される予定だったんだけど、中古車業者の方から『車体下回りのコーティング(冬場に道路に撒かれる凍結防止剤対策)が作業混み合ってるので…申し訳ないけど納車延期して』と頼まれていたため9月にズレ込み。ちなみに、納車前になりキーレスキーが故障していることも判明。これに関しては新しいキーが届くまで2週間以上かかるとのことで、納車後に対応してもらうことに。

頭金30万円を支払い、受け取り、エンジンを掛け納車完了!そのままの足で→片道300km離れた実家へ1泊2日で帰ることにしました。親夫婦にお披露目ってのもあるけど、早速乗ってみてどんなクルマか改めてきちんと確認しようってことで。

0300213A20110516W00118

まず、ホンダ車語るのにココは外せない。2.4L i-VTECエンジン。7代目アコード(うちのモデル)デビュー時にお目見えした新世代K型エンジンの2.4L版。アコード以外にはオデッセイやステップワゴンにも搭載されているエンジンのようです。これの2Lモデルは実家のストリームに搭載されているし、RスペックはおなじみインテグラRやシビックRに搭載されているやつですね。で、K24A。回転フィールはK20Aほどビンビンって感じではないですが、バランサーが搭載されているだけあって振動が少ない。で、乗ってみるとこれが意外と力強くていい感じ。トルクがそれなりにある(228N・m 23.2kg・m)ので重たいワゴンボディをすいすい前に進めてくれるし、回せば回すほどパワー感。最高出力は190馬力なので、加速や追い越し時にかったるい思いをすることはほとんどない。欠点としては、燃料がハイオク指定なことと…燃費がそんなに良くないことかしら。。。

0300213A20110516W00106

組み合わされているミッションはマニュアルモード付きの5速AT。正直、あんま期待してなかったんだけど、これのデキがけっこうイイ。制御がいいのか、はたまたホンダ独自のAT構造がいいのか、変速ショックは少ないし、変速スピードも速いし、なめらかさがイイ感じ。しかも、マニュアルモード時のシフトダウン時の感じも『ドスンとならず、なめらかにエンブレが効いていく』感じ。これはちょっと違和感あるけど、同乗者のことを考えたらこっちの方がいいかも。これでパドルシフトついたら最高なのにな〜。それと特筆すべきはパワーステアリング。電動パワステと聞くとなんかあんまりイイ感覚抱けないんだけど、アコードの電動パワステはなかなかイイ!重めだけどアシスト量が適切で、中立付近の感覚も悪くない。今まで乗ったこのクラスの国産車の中では一番好きな味付け。

0300213A20110516W00108

一番気になってたシートのデキは…まぁそれなりな。サイズ感は大きめで、クッションは柔らかめ。もうちょっと硬くてもいいかな〜と思うけど、こんなもんか。運転席にはランバーサポート(腰椎支持機構)が装備されていて、これがシュクラ社製のやつ(…シュクラって?)で腰椎の形に合わせる支持形状になっているためか、腰が楽。最高とまでは言わないけども、何時間乗っても疲れは少ないのがありがたい。MINIの時は腰痛から始まり→最終的には身体全体が疲れるという何とも『自分との相性が最悪なシート』だったんですけど、これは比較的相性良さそう。

0300213A20110516W00107

ちなみに…座ってないけどリアシート。気になるのが…ヘッドレストの薄さ。ペランペランだけど、大丈夫?このクルマ、シート収納レバーをガチャンと引くとヘッドレストが勝手に折れてくれて→そのまま前方に収納できるという便利な機能がついているんだけど、その代償として薄くしたんだろーな。(悪い意味で)ちょっと微妙。

0300213A20110516W00119

足回りの味付けは…当たりは柔らかいのに飛ばすと突き上げが来るという不思議な感覚。飛ばすとしっくり来るのはホンダ車の常で、こいつもそうですwMINIからの乗り換えだから…アジリティさが薄いのが気になるんだけど、ワゴン車の割にヨレヨレした走りをしないのは結構イイ。ただ、この個体に装着されていたタイヤは…まさかの新車装着タイヤ。え?マジで?と思ったけどマジでした。銘柄はADVAN A460というもの。パッと見、スポーツタイヤ?というよーな名称ですが、かなりのウ○コタイヤのようです。というかその前に7年選手のタイヤはさすがにマズイでしょ〜。油は完全に抜けきり、交差点をちょっと早い速度で曲がっただけでスキール音が鳴り、走り終わると焦げ臭いwこれは流石にマズイし、うっすら感じる妙な動きはコイツのせいじゃないか?ということで、後日タイヤ交換することに。(※その内容は次回)

NEC_0027

総じて、このクルマは国産車というよりかはヨーロッパ車に近い味付けに感じています。細かい不満は何個かあるけど、満足度はそれなりに高いです。ただ、購入時に肝心なことをひとつ忘れてて…車庫サイズがギリギリ。全長かなり長いのね!車庫内を整理して何とか収納OKでしたが、おかげで車庫内にはタイヤすら置けません。。。

とりあえずは2年間、お世話になります。

hepc

契約してから1週間。クルマはまだ来ないw

ということで…Honda純正電子パーツリストを入手し、色々と部品を物色しております。と、いうのも…CL/CM型アコードは、顔つきの違いで前期・後期モデルが存在しており、更に顔つきが一緒なモデルでも、イヤーチェンジが行われているため装備がちょこちょこ変わっている。で、自分が今回購入した個体は2002年10月デビューの仕様。いわゆる『超初期型』の個体。で、同じ顔つきの前期モデルの中でも大きな装備差として、

・ヒーテッドドアミラーの有無
・ステアリングスイッチのバックライト照明の有無

で見分けることが可能のようです。で、普通なら『まぁ仕方ない』でさら〜っと流すとこなんですが…ヒーテッドドアミラーがないのはかなりキツイ!北国で生活する身にとって、ミラーが凍って見えなくなるのはかなり困るし、いちいち溶かすのも面倒。なんで最初から装備しておいてくれねぇんだよ。。。
それに加えてもうひとつ、父上様より『このクルマはクルコンついてるのか?』とご質問。クルーズコントローラーですね。ボタンひと押しで速度設定して→キャンセルするかブレーキ踏むまで定速走行してくれるアレです。MINIにもオプションで用意されていたけど、個人的にはクルコンおっかなくて使いたくないんだよなぁ〜。でもアレに慣れた人にとっては…クルコン=必須と思うようになるらしい。現にVW Golfに乗る友人は高速でクルコン設定して→ひたすら燃費走行につとめるらしい。ほぉ。今回購入した『24T』には非装着ですが、『24T エクスクルーシブパッケージ』というやつには装着。(※それとは別に、レーダークルーズコントロールもOPで用意アリ)

で、これらはいったい装着出来るのか?という話。パーツリストの出番です。これらふたつをよーく見比べてみたら…

結論:部品番号が結構違うぞ…。
詳細は結局ディーラーのメカニックに聞いてみないとわからないけど、驚くはグレード・パッケージ毎にECUが違うのね。よく考えたら、同じ2.4Lエンジンを積んだモデルでも、チューニング違いで馬力が微妙に違う。だからそれぞれECUが違うのは『ありえる話』なんだけど。。。それと同じく、エンジンルーム内のコントロールBOXもそれぞれ型式違い。こりゃ、簡単にポン付けできる代物じゃないのか…?

ヒーテッドドアミラーはミラー鏡面だけ購入して→電流電圧見ながらどっかの配線に割り込ませるからイイとして(ちなみにヒーテッドドアミラーがついた仕様はエアコンの『リアガラスヒーター』と同じスイッチになっているらしい)クルコンは実際何の部品が必要なのかわからない。ステアリングのスイッチ(と配線)を装着すれば動きそうな機がしなくもないが…詳細不明。配線図持ってないからなぁ。配線図欲しいなぁ。ついでに整備書も欲しいんだけど。ディーラーで買ってこようかしら。高いけどw

と、色々妄想膨らませながら電子パーツリスト見て楽しんでます。結局、MINI時代とそー変わらないクルマ生活になりそうです。



結局問題になったのは(当然のことだけど)お金の問題でした。
何しろ、昨年だけでMINIにかなりの金額かけてしまったから…蓄えがない。辛うじて用意出来た頭金は30万円。そうなると、新車を買うには残価設定型ローンを組むしか無く、3or5年後の支払いをどうするか?ということを常に考えないといけない。

で、MINI Crossoverの場合。まだデビューしたばかり&リセールバリューが高いので…残価を高めに設定することが可能。5年契約でも残価率が40%以上という素晴らしい状況。そのため、頭金50万円でも月々の払いを22,700円に抑えることができ(※ボーナス10万円)ちょっと頑張ればいけるかな?という感じ。ちなみにVW Touranは残価がちょっと低いため、月々25,000円オーバー。Kangooは元の車両本体価格がが安いのでフルローン購入になり、大体Touranと同じぐらいの金額。

ただ、やっぱり色々と見積りを取って、支払い計画を立てて…と考えたときに、果たして今、ムリして新車を買うタイミングなの?という考えが頭から離れない。クルマばっかりにお金使う生活が出来ればいいけど、人付き合いもあれば他に欲しいモノもある。と考えると…だんだん新車欲しい!という気持ちが薄れていった。


結局いろいろ悩んだあげく、購入したのは…

img236338_1

img236338_2

img236338_3

まさかの国産車!まさかのホンダ・アコードワゴン!

…いや、本当はこっちが欲しかったんだけど。国産車を選んだ理由はただひとつ。維持費が安い。それだけ。やっぱりここ最近思うことのひとつに、輸入車は工賃が高いだけじゃなくて、部品が高すぎる!特にBMWはぼったくり価格としか言いようにない。なぜアッセンブリでしかパーツ出してくれないんだ。なぜ為替変動を考慮した部品価格にしないんだ。新車のうちは保証がついてるからパーツ代気にしなくてもいいけど、長く乗るにはやっぱダメだね。その点国産車はどこでもメンテできるし、パーツも安い。中古パーツも豊富。だから国産を選びました。…とはいえ、かなりの妥協チョイスってのも事実。

その中でもホンダ・アコードは国産の中でも比較的デキがイイ1台と思ってチョイス。今回見つけたタマはH15年式アコードワゴン 24Tの4WDモデル。総走行距離は驚きの20,500km。車齢7歳とは思えないほどの低走行車両。ワンオーナーで前オーナーは東京都のようで、おそらく週末にちょっと遠出するときにしか使わなかったんだろーなぁという感じで、シートもヤレてなければ荷室も乱暴に扱った感じナシ。それなのに車体本体価格は139万円と超バーゲンプライス!

隠れ?ホンダ党の自分にとってこのアコード、実は前から気になってた1台だった。ホンダ車の中ではヨーロッパを主眼に開発されたモデルということもあれば、2.4Lエンジンも活発に回りパワフルなモノだし、内装の感じも決して安っぽいものではない。でもそれ以上の魅力があるか?と言われれば、
wallpaper_V60_exterior_07
↑Volvo V60のよーなおしゃれさは皆無。そこが特徴でもあれば欠点でもあるけど…。いやホントはV60欲しいな〜って思ってたんだけど、新車で400万円オーバーのクルマはとてもじゃないけど買えない。。。デビューしたばかりだからお買い得な中古車があるわけないしね。

で、結局、My MINIの下取りは驚きの30万円つけてくれたし、色々と値引きしてもらって結果諸費用込みで150万円で購入しました。前述の通り頭金は30万円用意したので、30+30万=残額90万円を5年ローンwで払っていくことに。月々1万円少々+ボーナス5万円。チンタラ払い続けるパターンだけど、これで毎月の生活はずいぶん楽になった。せっかくのMINI生活、せっかくの輸入車生活をこーいう形で終わらせるのは非常に心残りな部分があるのですが、今回はコレで我慢して→数年後、もう一度、MINIに乗れたらと思う。そのときはこのアコードワゴン、親夫婦もずっと前から欲しがってた1台だったから譲ってあげようと思っております。

と、いうわけで…このBlogもアコードネタBlogになるのか?

このページのトップヘ