RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏+VW Passat ALLTRACKもあるよ。

カテゴリ: 食い物

ニンニクラーメン大盛先日喰ったラーメンがあまりにハズレで(しかも腹まで調子悪くして)散々だったなぁ、と友人と話していると…これまた突然『じゃあ本当にウマいと言われているラーメンを喰いに行くか!』という話になった。ってことで行って来ました喰って来ました。

行き先は市街地からクルマで約15分、某氏に大人気のミルクロード沿いにある『開陽館』というお店。ミルクロード終点にある観光名所『開陽台』に近く、オンシーズン(夏場)は観光客向けに開店時間が長いのですが、オフシーズンは午前11時〜午後3時までしかやっていないという…この時期はちょっと穴場的なお店です。

で、ここのお店の地元人間評判No.1メニューは『にんにくしょうがラーメン』だそうな。今回は腹が激しく減っていたのでにんにくしょうがラーメンの大盛を注文してみました。
肝心のお味は…メニューの名前通り、ほのかににんにくの風味が香る、昔ながらのアッサリ醤油スープに北海道道東ではスタンダードである細麺。この組み合わせ…メチャクチャ(゚∀゚)=3ウマー!…やばいです。某SYH駅前にある○ー博に入っているラーメン屋で出てくるラーメンよりウマいかもしれない。。。ってか、何でこんなにウマいラーメンがこの地で喰えるんだろう?と本気で驚きました。大抵、観光客向けレストランってクソ不味いか値段高いかのどっちかがほとんどなのにホント珍しい。

三匹の仔豚ピラフしかし…最近実家にいる為食事摂取量がベラボーに増えてしまった私、ラーメンだけではお腹一杯にならなかったので…ついでにチャーハン(ピラフ)も注文。メニューにはエビピラフ、カニピラフとあった中でひときわメニュー名が輝くものが。ってことで頼んだのは『三匹の仔豚ピラフ』というモノ。三匹の仔豚と言えば、あのお馴染みの童話を思い出します。当時アレを読み聞かされた私は子供心ながら感動を覚えたものです。だから…どんなんが出てくるんだろ?とワクワク…。

待つこと数十分、『ピラフ』というメニュー名なのに『焼飯/チャーハン』なその炭水化物集合体の上に乗っかってたのは…『3枚のチャーシュー』でした…。

エエー?狼にヤラれて加工されたのかぁ??(´Д`;)

…出て来たとき思わず笑ってしまいました。まぁ注文した時にそんなオチなんだろーなーって予想はしてましたが…。あ、これもウマかったです。フツーのチャーハンですが何かいいんですよね〜。ここ、何喰ってもフツーにウマいです。ハズレありません。我々が店に行ったのは丁度お昼時でしたが、かなり混雑していたこと(=オフシーズンなのに混んでいること)を考えると観光客だけではなく地元民の支持が高いのも見て取れます。またひとつ地元の『絶対に外せない』喰い場所確保!北海道にお越しの際は…っていつもこの文言で〆てるなw

#てか、最近喰う量がまた増えて来たなぁ…。川崎帰ったらどーしよ。。。三匹の仔豚→一匹の仔豚ってか??w

開陽館 - aurens←地元プロバイダのグルメ情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーメン

普段、地元ではあまりラーメンを食べに行くことはありません。その理由は、自分自身あんまりラーメンに執着心が無かったり、ラーメン以外の美味しいもの(蕎麦やパスタ、定食モノ)の店が多いので、『何食べる?』→『ラーメン!』とはならなかったり。

が、昨日友人との会話の中でラーメンの話が出てきて…んでもって新聞の折り込み広告に割引券付属のラーメン屋のチラシが入っていて…珍しく地元でラーメンが食いたくなってしまいました。ってことで昨日の夜はチラシ片手にラーメン屋へ。

店名は『破天荒』とあり、看板メニューは1日15食限定の『破天荒ラーメン』。どれぐらい破天荒な荒々しい男のラーメンが出てくるのか?と思って注文してみると…出て来たのはまるで牛乳キムチ鍋の素を混ぜたよーなスープのラーメンでした。まさか…表面が乳化した液体に覆われているだけだろー、なんて思っていたらスープ全部がそうだった。これにはビックリ。しかも野菜の上には固形バター、スープの中には大量のゴーダーチーズ。そしてお約束『とうきび』の『いかにも北海道してますが、何か?』的なラーメンでした。見た感じ、この風景は『牛乳鍋』のそれにソックリ…。

喰ってみると…やっぱり何食ってるのかわからない。。。ラーメンなのは麺食えばわかるけど、何か新しい料理喰わされてるみたいな気がして来て…喰い終わったときには『やっぱり普通のラーメンが喰いたかったねぇ』と思う始末。まぁ、これはこれで良いとしておきます。道外からお越しになった観光客にはいかにもなラーメンでウケるんだろうなぁ。私はもう2度といらんや。フツーの魚ダシのあっさり醤油ラーメンが食いたいなぁ。。。

その後、友人宅へ帰り→晩酌開始。
そこで出てきたのがきんぴらごぼうと冷奴。私はきんぴらごぼうや切り干し大根、ひじきの煮物のような純和風おかずが大好きで…美味しい日本酒片手に大量に食ってしまった。ごぼうは腸の動きを活性化する作用があるらしく、大量に喰った私は…その後…ある部屋に篭って『ああーーーーーーもう耐えられねぇ〜〜腹いてぇぇぇぇえ』と叫びながら30分程苦痛に悶えていたのは言うまでもありません。牛乳ラーメン+ごぼう=ある意味お腹には最狂の組み合わせでした♪(ってメシの話してんのにこのオチは如何なものかってね。失礼しました)
このエントリーをはてなブックマークに追加

寿司

さてさて、↓県庁の星を見に行った後は…久々に寿司を食べに行って来ました。今回行ったお店は北海道北見市にある某寿司屋。以前このBlogでも紹介した店なのですが、今回は諸事情で店名伏せます(汗)って言っても、ただ単に店内がそれ程広いとは言えず北見市では有名で人気のあるお店なので、広く紹介すると混んで自分が行った時に困るというのが理由だったりするんですが。北海道オホーツク海側にご旅行の予定がある方でどーしても食べてみたい!と仰る方は頑張って過去記事から探してください。

贅沢な話ですが…このお店、私は随分昔から親に連れて行って貰っています。多分記憶では物心つく前から行ってたんじゃないか?と思う。当時は『カニ』というネタの名前しか知らなかったらしく、親曰くカニ巻きばっかーり喰ってたそうです(w)ちなみに現在、カニ喰ってもあんまりうれしくない。子供の頃に普通の人が食べる一生分のカニでも喰ってしまったからでしょうか?(まさか…ねぇ。

まぁそんな話は置いといて…このお店は北海道各地で水揚げされる新鮮で良質なネタを存分に楽しめる、実際北海道にたくさんあるようでなかなかない店。
カウンターに座り、ネタケースを見ると常時沢山のネタが用意されているのですが、このお店のもうひとつの特徴として『親方が仕入れたけど評価が低いネタは頼まれた際必ずお客に評価が低いことを説明をして、それでも良いと言われれば出す』のです。これはやっぱり親方が作る自分自身の作品への愛ですかね?好感が持てます。
その代わり、親方が薦めるネタには間違いは無く、どこで食おうとも(それが銀座や築地の値段も評価も物凄く上等な寿司屋であっても)これ以上のネタを味わうのはかなり困難じゃない?と思える位いい物を出してくれます。それでいて、銀座や築地で食うより遥かに安い値段でお腹一杯になれるのですから、毎度行く度に『こんな良いお店に知り合えて本当によかったなぁ〜』と思うわけです。

メシ喰うに当たって一番大事なのは『店の評価』や『値段』や『ゴージャスぶり』じゃなく…やっぱり『料理人との絶対なる信頼関係』のよーな気がします。その点から言えば、このお店は絶対に信頼出来ます。北海道にお越しの際は札幌や小樽のような観光地で高い金払って寿司を食うなんて素人でも出来ることはせず、まっすぐこちらのお店にお越し下さい。

今日食べたネタの中で一番ウマかったのは鯛。写真に写っている鯛握りとは別に、皮の周りの部分を食べてみると…皮のコリコリ感と身のプリプリ・モッチリ感。これらは今まであんまり経験したことのない程の感覚で『今日はこれが当たりかぁ』とひとり感慨に浸っていました。私が一番好きなマグロ赤身もいつも良いものが出てくるので堪らない…。写真見返すだけで涎が…。

#寿司屋でタバコ吸うのは止めてほしいなぁ〜。私は喫煙者ですが、味を楽しむ所では絶対に吸いません。味覚が狂うからです。入店した時に既にちょっとタバコ臭くて頭来たので…そのお客をジーッと見てたらその後吸うのやめてましたけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿アカシア 羽田空港店突然ですが…北海道へ帰省して来ました。

帰って来たのは今週水曜日。学割で航空券を買う為いつもよりだいぶ早く羽田空港へ行きました。学割チケット(スカイメイト)は半額近い価格で購入出来るのですが、その分前日予約が出来ず、当日空港へ行き、搭乗便に空席が無ければ乗れないまさにギャンブル的なチケット(w)今回は空席が残り少なかったですが…何とか空いていたので運良く購入出来ました。よかったよかった。

チケットを買ってから時計を見ると出発2時間前。流石に早く来過ぎたなぁと思い…気がつけば腹が空いていたので適当に朝食兼昼食を取ることにしました。羽田空港第2ターミナルは第1ターミナルに比較してバラエティに富んだレストランテナントが入っており、ファストフードやカフェから居酒屋、寿司屋に中華天ぷらと何でも揃っているのが魅力。ただし、その分食事はすべて『空港価格』でかなり高いんですけどね。今回は迷いに迷った挙句、以前本店に行ったことのある新宿アカシアさんで食事することにしました。アカシアといえばロールキャベツが有名ですが、メニューを見ているとそのロールキャベツとハヤシライスが一緒になった『キャベハヤ』というメニューがありました。これはイイ!と思い注文。そして一緒に生ビールも注文。朝っぱらからビールなんて本当に最高です(w

…あまりに浮かれていたので写真撮るの忘れてました。。。味は…まぁまぁおいしかったかなぁ。でも以前食ったとき程歓心しない。こんなんだったっけ?と思ったり。本店に行ったのはずいぶん前だったのでちゃんと味覚えてないんですけどね。ただし『キャベハヤ』のコンセプトは欲張りな私にぴったりです。

羽田空港デッキそれでもまだまだ時間が余ったのでいつものようにデッキへ出て旅客機観察。…と思いきや、何故か平日午前なのにデッキは結構混んでいる。どんな人が来ているんだろう?と思い観察していると、一眼カメラに望遠レンズを装着してひたすら写真撮影している定年退職後のおじい様やおばあ様(今定年退職後層の方がカメラ始めるの凄い流行っているみたいですね)、子連れの親子が大多数。後は私のような時間をつぶすのにボーっとしている人が数名、そしてカップル。。。結局混んでいるところに割り入って旅客機見るのも嫌なので、ずーっとベンチに座り読書してました。この日の東京は気温が高く春陽気。ビール飲んだ後だったのでなかなか心地よかったなぁ。

ちなみに、その後地元行きの飛行機に乗り込みましたが…あわや天候不良で新千歳or函館に飛びそうに。どっちに飛ばれても地元に帰るには陸路で1日掛かる距離なのであせりましたが、着陸前になってやっと天気が持ち直し無事地元の空港へ飛ぶことと相成りました。よかったよかった。

水曜に帰ってきてからは毎日 昼:Website作成の仕事→夜:仲間と飲み屋 の繰り返しでございます(w)明日は…人生初体験の『あるモノ』に乗ってくる予定です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

マクドナルドトリノオリンピック真っ盛り。でも日本勢は残念ながらまだメダル獲得ならず。

ってことで応援も兼ねて(?)マクドナルドでイタリアン3品を食べて来ました。
食べたのは『イタリアンチキンサンド』『マンチャー』『エスプレッソーネシェイク』の3品。どれもオリンピック公式パートナーのマクドナルドがトリノオリンピック記念として発売したイタリアン(風)メニューです。

まぁ…感想はマクドナルドのメニューにしては喰えるほうだな、と。それでもモスやフレッシュネスよりも数ランクダウンってとこですが(汗)マンチャーはイモ好きの私にとってあのフライポテトより全然喰えた1品でした。シェイクはまぁ甘甘摂取用ですから感想なし。てか、これらのどこがイタリアンなのか理解出来ませんでした(汗

#ちなみに近所のマクドナルドへ行ったのですが…そこでビックリ、いかにも厨房(もしくは消防?)が座席に座り、集団で堂々とタバコ吸ってやがる!しかもくわえタバコでカウンターに行く始末。おいおい…どうなってんだこの街は。マクド店員もわかっていながら接触せず。。。夜メシの時間にこんな場所でメシ食ってるなんて、家でメシを食わせない親も○○なんだろうなぁ。
あ、そうか。マクドばっかり喰ってるから栄養不足になっておつむが弱(ry

とかいいつつ、喫煙者の私も人のこと言えませんが。。。タバコは20歳になってから。

Welcome to McDonald's Japan←喰おうかな?と思った方はここからクーポンを取得するとGood
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーメンBlogでグルメ記事書くと人気が出ると聞きますが…残念なことに私のグルメは『牛丼』『ハンバーガー』『コンビニ弁当』ばかり…。『そんなのネタにもならない!』ってわかっていても書いちゃうのが必死なBlogerの悲しい性。今日は昨日の焼肉組と再び夕食を。

場所は世田谷通り沿い・東京農大とポルシェセンター世田谷のすぐ近くにある『ラーメン陸』です。ここは知ってる人なら知っている二郎系ラーメンの人気店。2003年夏にオープンしてから一度は行こう行こうと思い続けているうちに…いつのまにかこんな年月が経ってしまいました(汗

ってことでこの機会に初『陸』を経験しようと思い兄様連合に合流。今回は夜の部開店を見計らってお店に行きましたが、開店10分前には既に10名程並んでいたところに人気具合が見て取れます。開店10分後位に入店。最近、やたらと食が細くなってしまったので今回は一番ベーシックなラーメンを注文。それでも(二郎なら当然の話ですが)非二郎系のラーメンに比べれば麺の量も野菜の量も多い。なのに価格は600円。貧乏なワタクシにはとてもありがたい価格であります。

が、身内にこんな猛者がいるとは。。。
豚増しラーメン+豚増し『豚増しラーメン』に『豚増しオプション』を追加したのは兄様でございます。

何だこの破壊力は!!
ドンブリから物凄いカオスを感じる。。。(;´Д`)

まぁ実際には兄様のバイク店仲間の方々から強制的に帰国祝い的に注文された訳で。流石ジロリアン兄様。前出の私が注文した『ラーメン』が豚2枚のところ、豚増しラーメン+豚増しOPで豚の枚数は軽く見積もって15枚位?(実際には沈んでいる分もあるだろうから実数不明w)

アフォですね。私がこんなん喰ったら数日は寝込みます、多分。

さてさて、感想。
元ラーメン二郎上野毛店の助手さんが独立し開店したお店だけあって、味は二郎系…と思いきや、二郎特有のとっつきにくさを感じない『上品な二郎』という感じで(゚∀゚)=3ウマー!!!野菜は二郎と違いしんなりと茹でられていて、こっちの方が食べやすいかな。麺はちょっとやわかった。もうちょっと硬い方が好みなので次回はカタメコールが必要かも。肝心の豚ですが、固くもなければブチャブチャでもないちょうどよい固さでほどよく味も染みていてGood!スープはそれ程脂っこさを感じなくて良い。これなら二郎を知らない人や二郎はちょっと苦手って人でも逝けるでしょう。ちなみに、いつものゴリゴリな二郎を食したい方はカウンタにある刻みニンニクをこれでもかっ!とぶち込みましょう。ちなみに私は途中でサジ3杯程ぶち込みましたよ。

お店は広くカウンタも座席もスペースが広くてとても快適。世田谷通り沿いということでアクセスも非常に良いですし(自宅から道1本で行ける)、ラーメンの内容もお店の感じもなかなか好感触だったので…これから二郎食いたくなったら間違い無くココへ行くことになるでしょう。またお気に入りのお店が増えました。

ちなみに記事書きながら気がついたのですが、前出の通り結構な量のニンニクぶち込んだせいで今自分の呼吸がかなりニンニク臭い!ヤバい!Mad Smellだ!この臭いで人を○せるかもしれない…。明日ゼミなのにやっちまった。。。orz

Authentic Cars#世田谷通り沿いだったので帰りにAuthentic Carsを目撃!Eliseホスィイ〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

福臨門書くの忘れてたんですが…先日の日曜日、オヤジが東京来襲。って事で、日曜の夜は居候君(地元友人なのでオヤジとも面識アリアリ)を連れ3人で銀座の広東料理店『福臨門』さんへ行って来ました。

以前、親子3人で中華料理で超有名な鉄人・陳○一のお店『四○飯店』へ行った事があるのですが…その時はオヤジ・兄様・自分揃って『えぇ〜、何か…ねぇ…。』という感想しか持てませんでした。まぁ実際に作っているのはお弟子さんか誰かなんでしょうけど、接客も激しくガッカリした記憶があります。
んで、今回行った『福臨門』さんも事前に調べた限りでは広東料理では一番最上級と言われ有名だとはわかっていたのですが、実際それほど期待してませんでした。それに加え、『中華料理』と言えば四川料理ばかり食べているので広東と言われてもいまいちピンと来るモノがありませんでした。

しかし、実際行ってみると…実に良いお店でした。ホスタビリティが非常に良く、料理の説明が非常に丁寧。今回は『おまかせコース』を頼んだのですが、決して丸々全て料理人のおまかせではなくこちらの希望も聞いてくれる所がよくありがちな高級店とは違うなぁと思いました。また、広東料理の味付けはまるで和食のように薄味で素材の味が凄い生きているんだなぁと実感。前菜からして非常に手の込んだモノが出てきてビックリでしたし、どの料理も丁寧にこしらえてあるのが出てきたモノを見ただけですぐわかります。
福建風あんかけ炒飯その中で今回一番感動したのが『福建風あんかけ炒飯』でした。あんかけ炒飯は今やそれ程珍しいモノではありませんが、福臨門さんで出たあんかけ炒飯はあんかけそのものからして非常に美味。しかもよくありがちな『しょっぱいあんかけ』じゃなくまるでだし汁を掛けているかのようなあんかけでした。こんなのは初めて食べました。よかったー非常にヨカター!!!

ただ、お店側が若くて体型の良い私と居候に気を遣ってくれたようで(実際そう言ってたw)その前に出て来た料理の量がすんごい量。それ故に炒飯を食べる頃にはほぼ満腹でした(汗)んで、残った炒飯をテイクアウトしてもらえるように頼みました(w)
…で、その持って帰って来た炒飯…食べるの忘れてて…今日慌てて食べました(爆)流石に時間経つとあんかけは完全にご飯粒に吸い込まれていてちょっとおいしくない(涙)嗚呼もったいない事をしたなぁ。。。

高級料理店は行く度がっかりする事が多かっただけに、このお店は『また来たいなぁ』と強く思いました。価格は高いですが、行く価値・食べる価値は支払った額以上あるでしょう。

福臨門魚翅海鮮酒家 銀座店
このエントリーをはてなブックマークに追加

焼肉市場 げんかや某大旦那氏のBlogの恒例ネタ…ではありませんが、今日は久々に贅沢して焼肉喰らって来ました。友人2人+明後日で彼女さんが故郷広島に帰る=これにておさらば…その送別会も兼ねて計4人で行って来ました。

さて、今回足を運んだ(と、いっても焼肉を食う時はいつもここに行くのですがw)のは横浜市都筑区・港北ニュータウンに『焼肉市場げんかや 港北センター店』です。家からクルマで約15分、MINI横浜都筑やreal direcion、都筑阪急に近い位置にあります。ちなみに、専用駐車場が狭い為タイミング良く行かないとクルマ止められません…。店舗前を走っている道路は路駐が目立ちますが…駐禁路線ですから絶対に止めないように。(※詳しい情報は記事下のリンクからげんかやHPへ飛んでチェックしてください)

『げんかや』という店名の通り、全品目が普通じゃ考えられない程低価格=原価で出されています。その代わり、入場料がひとり800円掛かります。が、マジでお安い。今日も腹一杯食って飲んでひとり当たり2,500円也!!や、安い〜安過ぎる〜(´Д`;)
またまた、看板に書かれている通りこの焼肉屋さんは『お肉屋さんがやっている』そうで…出される品は全て(゚д゚)ウマー×10(w)個人的に特にオススメなのが…今流行のラム肉。このお店で出されるラム肉は生肉でラム特有の臭みが皆無。まるで「これは牛肉ですか?」と思う位です。ジンギスカンの本場である地元北海道でもコレほどのラムにはなかなか出会えませんよ!!また、肉喰うときゃ白飯無きゃ喰えねぇぞゴルァ!!って方は…普通のライスでは無く『ガーリックライス』を頼むのも忘れずに。香ばしいガーリック風味が肉に合います。ガツガツいけます。おかわり必須です!それから…食後は甘いモノ喰わなきゃって方には『杏仁豆腐』なんてーのはいかがでしょうか?すっきりした甘さが食後のお口直しにピッタリ。と、いうより…このお店の品は全て(゚д゚)ウマーなのでどれ頼んでも失敗しませんよ。

今夜は残念ながら私が運転手だったので焼肉にツキモノ・大好きなビールはお預けでしたが…ウマい肉とウマいサイドメニューと…ウマい烏龍茶(w)で楽しいひと時を過ごせました。げんかやはチェーン店で渋谷や駒沢、目黒や町田にも店舗があります。お近くの方、明日行きましょう(w)心の底からオススメします。

焼肉市場 げんかや
このエントリーをはてなブックマークに追加

大和昨日の朝はNYに戻る姉とまだ日本に滞在している兄と私の3人で築地市場へ行って来ました。いつもの通り『大和』で寿司を食うのが目的です。

築地市場に行けば、どんなに眠気眼で行ってもシャキっとさせられる気持ちになるのが好きです。ちょっとでもボーっとしてようものならターレットに轢かれます(w)それに加え、大学で農業経済を学ぶ私にとって市場を見る事は大変勉強になります。本当なら幾度となく足を運びたいものですが…朝は苦手で(汗

さて、前日はゼミの飲み会で遅く帰って来たにも関わらず早朝6時に起き出発。7時頃到着すると…意外に空いているじゃないですか。平日の朝は狙い目かも。そんな事を考えていたら、到着してすぐに店内へ。前回は左側(ご主人)でしたが今回は右側(ご長男)の方へ入店でした。
早速おまかせコースで一通り食べる。間をおかずさっさと白身系と光り物を追加で食って退転。今日の感想は…『あれ?こんなんだったっけ?』もうちょい美味しいモノが喰えたよーな気がしたのですが。今日はハズレだったのかなぁ?

本当は寿司喰った後市場内外をブラブラしたかったのですが、姉が出国する時間が迫っていたのでさっさと帰りました。またそのうち行こう。金貯めて。
このエントリーをはてなブックマークに追加

カーネルおじさん私はジャンクフード愛好家である。
その理由は『お金が無い』という超簡単なモノだが…学生という身分上、おいしいモノばかり食べる訳にはいかない。世間が許してくれるはずが無い。…って事で丼モノチェーンやハンバーガーチェーン、ドーナツ、その他諸々のファストフード店は私の愛すべき食事屋であるのだ。

しかし…ひとつだけ不得意なファストフードがある。それが今夜食事に行ったケンタッキーフライドチキンだ。何故不得意かと言うと…どーもフライドチキンを食べると喉が渇いてしょうがなくなり、更には胸焼けしちゃうからである。しかし、何時か『苦手』を克服しない限りジャンクフード愛好家として心惜しいモノがある。。。そこで今日、ふと思い立ちカーネルおじさんの店へやって来たのである。

なーんて訳ですが、私、本当はあまりフライドチキンというモノを食べた事が無いのです。子供の頃ハンバーガーは幾度か食べた事はあるものの、ケンタッキーをはじめとするフライドチキンはオーバーに見積もっても生まれてこの方2回しか食べた記憶がありません。北海道にはフライドチキンよりもっともっと美味しい『ザンギ』という、家族の食卓で定番中の定番な食べ物があります。ザンギは関東で言う『鶏の唐揚げ』で、見た目似ているものの味が全然違う食べ物です。ザンギしか知らない私には、関東の居酒屋で出てくる唐揚げは物足りない事この上なし。フライドチキンなんて…ますます邪道な訳です。何だこの味は!何だこの骨は!と。
最後にフライドチキンを食べたのは小学校低学年あたりだったよーな気がします。それから10余年、私はKFCを避けて生きて来ました。しかし…いい加減食べてあげようじゃないか、いや食べてみたい、いやいや『食べさせてください!』とばかりに思ったのが数ヶ月前。そして…やっと今日KFCと試合をして来ました。サッカー日本代表がドイツの切符を手にする為にバンコクで試合している中、私はKFC店内でフライドチキンと格闘していました。

…結果はやっぱりダメでした。自分の中にかすかに残っていた記憶程喰えない代物では無かったのですが、やっぱりあんまりおいしくない…。しかも今現在どーにもこーにも胃がもたれています。厳しいです。マクドナルドのチキンフィレオは何も考えずムシャムシャ食べられるのに…何故フライドチキンは喰えないのだろう…?一緒に食べたレッドホットチキンサンドはまぁまぁおいしかったのですが。ついでに食べたKFCのデザート『ビスケット』も、自分の記憶では名の通り硬くて歯ごたえのあるモノだと思ったら…フニャフニャした出来損ないのパンみたいな感じ。あれ???こんなんだったっけ???の連発。

…って事で、当分KFCへは行かなくていいです。『時々無性に食べたくなるなる』…なりませんごめんなさいカーネルおじさん。店出るときあまりのやられっぷりに悔しかったのでカーネルおじさんにバックドロップをお見舞いしてやろうかと思いましたが、私の良心が許してくれませんでしたので大人しく帰宅(w)

今夜、日本代表は快勝しましたが、私は完敗でした…。

KFC - ケンタッキーフライドチキン
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ