RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

カテゴリ: 食い物

Blogネタに困ったらこの企画。毎年これやってるけど今年は趣向を変えて『観光地案内』なーんて野暮なことをせず自分自身の毎日を振り返ろうと思います。ちなみに写真はオール『携帯撮り』。しかも前がD902iS、中F902i、そして後がSO902iWP+で撮影。それぞれ解像度変更しただけの無修正でお送りします。画質の違いも要チェックw

其の壱
女満別空港・なりたや

先月10日〜20日、一度東京へ戻りましたが…今回は地元の空港ではなく、Air DOが就航している女満別空港を利用。(※理由:ANAより安いから!)このラーメンは、その女満別空港の2階にある『なりたや空港店・オホーツク』で食ったチャーシューメンですッ♪(ですッ♪ってw)この店は子供の頃親や兄弟と一緒によく食いに行ったお店。今回はもちろんひとり。何故か店員のおばちゃんにモテモテ。いやはやなんとまぁ。

其の弐
屈斜路湖・美幌峠

その女満別空港へ行く途中に立ち寄ったのが道の駅・ぐるっとパノラマ美幌峠です。すごい名称だなぁ。ここは晴れると写真のように屈斜路湖が一望出来ます。が、こうやって屈斜路湖を一望出来るのは『運がいいとき』だけで、普段は結構な勢いで霧が出ています。しかも視界10m級の恐ろしいヤツ。だから毎回美幌峠を通るときは命懸けです。精一杯です。それでも攻めたくなるのが馬鹿野郎の証。アハッ

其の参
華英や・知床みそラーメン

地元で食ったラーメンですッ♪wなーんか『化学調味料不使用』『知床海洋深層水使用』って書いてあったけど不味かったら意味ねーじゃん。高いだけでたいしたおいしくなかった。それよりもメニュー名が『知床みそラーメン』…なんでも『知床』つければOKっていうのは如何な物かと。

其の四
レーパトTiana

車検のためにMINIを走らせていると…恐ろしいクルマが何故かコンビニに駐車してた。しかもパトライトつけてないのにバッチリエアコン効かせるためにアイドリングして。…エンジン切れよ馬鹿野郎!交機のパトカーとしては全国的に見ても珍しい日産・ティアナのパトカーです。普通はクラウンが主体なのに…こんな亀車でいいのかなぁ?まぁ入札で最安値だったからだろうけど。そんな亀車でももちろん、屋根にはレーダー完備。…だからおかしくねーか?これ。

其の伍
富貴庵

基本的に麺類が好きなのは…もうおわかりかと思いますwでも今度はおそば。関東でおいしいそば屋行くと申し訳程度にチョボっと載せてはい数千円、と腹立たしいところですが、地元で数千円出すと大盛りどころか天丼までついてくるのがうれしい限り。だから、そば食う機会が増えます。当然です。普段は大学内にある箱根そばしか食べないもん。『そば処 富貴庵』の天丼セット。なかなかイケる。うまい。

其の六
万灯

地元の夏祭りはこれがメイン!見てください、この提灯の多さ!明るさ!人の少なさ!w以前は日本一提灯の多い祭りとして有名だったそうですが、いつのまにかどっかに抜かれたらしい。まぁそんなことはどーでも良いのですが、盆踊り大会に参加してきました。でも私、盆踊りは踊れない。…行った意味ねーし。その代わり、ビールばっか飲んでました。

其の七
開陽館・にんにくしょうが&3匹の子豚

前も行ったとこに行ってまた同じメニューを食う。やっぱりうまかったですッ♪…それだけ。うまいに上も中も下もないですから。

其の八
警察出陣式

地元の警察が出陣式やってました。ウザイです。非常にウザイです。レーパトが2台も見えます。消えて欲しいです。いっそのことこの手でスクラップしてやりたいです。一般市民のため…じゃなかった、ノルマのために頑張ってください!w

其の九
らー麺たら福・チャーシュー麺

またラーメンですッ♪ラーメンの記事書くとアクセスアップできるらしいですッ♪…ってどっかで見た記憶があるんだけど、ホントかなぁ?wってことでこれまた地元のラーメン屋でラーメン食ってました。スープも麺も素朴な味で良かったけどチャーシューが脂身MAXでちょっとだけ気持ち悪かった。。。

と、まぁこんな毎日です。

振り返ればパトカーを追いかけラーメンを大量摂取し非常にラ○オライフ系ヲタ臭とラーメン系ヲタ臭がプンプン臭いまくりなのが気になるところですが、実際はほかにも健康的なモノ食ってますし、むしろ某氏のように『今夜の晩ご飯ネタ』も出来そうなくらい家でメシを食う毎日でございます。やはり母上の手料理に勝るモノなし。焼き魚ばっかり!納豆ばっかり!野菜ばっかり!ご飯ばっかり!健康的!ワンダホー!

…でもやっぱり、ラーメンの食い過ぎと酒の飲み過ぎによるお腹周りを中心とした『デブ化』は避けられず、そろそろプールにでも通おうかと思案する毎日。そりゃ、ラーメンと酒ばっかは流石に胃と肝臓に悪いよなぁ。マジで生活見直さなきゃ。

…いっそのこと『ラーメンBlog』にしてしまおうかなッ♪www

これでネタ切らしたので当分記事書けませんw
今週はおそらく、MINI再入庫&車検の支払いがあります。そちらをお楽しみに。

特選牛乳関東に戻ると、ひとつだけ困ることがある。

それはおいしい牛乳が飲めないこと。近所のスーパーで売られている牛乳はどれも廉価なものばかりでおいしくない。と、いうより関東の牛乳が不味い。酪農地帯で生を授かり地元で生産された良質乳による『牛乳英才教育』を受けてきた私にとって、日々関東のおいしくない牛乳を飲まされるのは拷問に近いものがある。…だから結局牛乳を飲まなくなる。でもやっぱり牛乳を飲まないと何か物足りないので、我慢しながらおいしくない牛乳を飲むしかない。しかも腹立たしいことに大抵牛乳のパッケージにはかわいらしいイラストが描かれているので、怒ろうにも怒れない。

何でこんなに関東の牛乳がおいしくないのか?という疑問が生まれるかと思いますが、それは北海道牛乳に比べ関東の牛乳がそれ程質が高くないことに起因しているのです。スーパーに並んでいる牛乳のパッケージを見ると、ちょっと高価な牛乳はよく『低温殺菌牛乳』という感じで殺菌に関してこだわりを見せているものがあります。この『殺菌』こそが牛乳の風味を左右する大きなファクターであるのです。簡単に言えば、殺菌は牛乳を熱して行うため、この殺菌工程が短く・なおかつ低温であればあるほど風味が落ちない。それを実現させるには、生乳の段階で菌を減らせばいいのです。菌が少なければ必要以上の殺菌を行う必要がなく、結果として風味を落とすことがないのです。

一般的に北海道の牛乳は、生乳段階の菌数が少ない『質の高い牛乳』であると言えます。それは、元々北海道東部(十勝・釧路・根室)の酪農産地は大規模消費地である関東への大量牛乳出荷を実現させるべく質の高い牛乳の生産が求められていたからです。昨今は物流が発展し低温のまま輸送出来る仕組みが完成しましたが、物流が今ほど整っていなかった過去は牛乳の劣化との勝負でした。その時の『質の向上』は今でも生きており、結果として北海道の牛乳は質が高いのです。逆に言えば、関東に近い産地の牛乳はそれ程菌の繁殖を意識しなくても良かったので、結果として北海道ほどの質の高さはありません。

じゃあ何でそんな関東の牛乳が駆逐されず今でも一般的に売られているのか?と言われると…それは様々な諸問題(大抵、権力に近いモノ)があるからなんですけどねw

で、最近好んでチョイスしているのは明治おいしい牛乳です。まだ北海道の最大手メーカー『よつ葉乳業』の牛乳ほどおいしいとは思えないのですが、大手乳業メーカーの牛乳の中ではこれが一番のベスト。類似(?)商品にどっかの韓タレが宣伝してる森永のおいしい牛乳というのがありますが、こちらは値段の割にそんなにおいしくない。メグミルクは雪印つながりということでチョイスもしない。雪印時代の牛乳もそれ程おいしくなかったしね。

そんな中、今注目したいのは、大手に追随するメーカーの牛乳。その中でも最近注目なのが『タカナシ乳業』の北海道牛乳です。このメーカーは私の地元でもちょっとした有名で、北海道・釧路で生産された牛乳を新鮮なまま販売しているメーカー。大手には真似出来ない小回りさが生きています。最近では、タカナシ乳業が扱う北海道牛乳の高品質さに目をつけたハーゲンダッツがアイスの原料乳として採用した実績もあります。

その中でも名称に『特選』とつく牛乳に大注目しています。『特選』という単語は好き勝手につけられるものではなく、全国飲用牛乳公正取引協議会という組織によって認定されなければつけられず、しかも基準が結構厳しいものなので、ごく一部の牛乳にしかつけられていません。北海道ではこの『特選』がついた牛乳は比較的容易に手に入れることが出来るのですが、残念なことに関東ではなかなか見つけられません。まぁ近所のスーパーの品揃えが悪いだけでしょうけど。

『北海道』『特選』…スーパーで見かけたら一度おためし下さい。濃厚なのにサラッとした飲み口がすんごくいいですよ。口当たり・風味が良いです。これを飲むと、比較的安い関東生産乳が飲めなくなること間違いなしです。

●タカナシ乳業
このエントリーをはてなブックマークに追加

キリン 豊潤先日飲んだキリン一番搾り 無濾過<生>が思いのほかよかったので、別の無濾過チルドビールを試してみようと思い…今度はキリン 豊潤を購入しました。

飲んでみると…あれ?あらら?この前飲んだやつのほうがおいしいかも…。口に広がるコクは同じ位まろやかなのですが、味があんまり好みじゃないし、後味がスッキリしすぎかな?という感じ。苦みはこちらのほうが強め。スッキリ苦みビールが好みの方にはよいかもしれませんが、私はこのキリン豊潤よりもアサヒスーパードライを飲んだほうがよかったわ、ってのが素直な感想です。

それにしても…無濾過チルドビールにハマるとお金掛かっちゃって困るなぁ。基本的に私自信のエンゲル係数は高め(=食費はケチらない)なのですが、さすがに酒代ばっかりにお金掛ける訳にはいかないので(汗

キリン 豊潤
このエントリーをはてなブックマークに追加

完成図

先日は『スープカレー』の記事を書きましたが…やっぱりカレーはドロドロしてるやつの方が旨い!というhot-Kさんのコメント。私もそう思います(w)ってことで…カレーライスを作ることにしました。

カレーライスのレシピと言えば家柄が出やすいかと思いますが、我が家のカレーはちょっと『隠し味』に拘ったレシピにしています。基本の材料は普通のビーフカレーに準じていますが、個人的拘りとして…
1)タマネギは多め・しっかり炒める
2)ベイリーフ(ローレル・月桂樹の葉)を入れて煮込む
3)まろやかなコクを感じさせる味は『おろし生姜』
その他は完成直前の味見でビターチョコレートを足したりインスタントコーヒーの粉を足したりしますが、基本的にはこの3つでやってます。あ、ちなみにカレーにじゃがいもを入れる・入れないで意見が分かれるところですが、私はじゃがいもが大好きなので絶対に欠かせません。入れるとイモが沸いて傷みやすいらしいですが。

大量のたまねぎ

タマネギに関しては大量に。しかも食感を生かしたいのでちょっと大きめにカット。それをひたすら炒めます。本当は電子レンジを併用すると楽なのですが、我が家には耐熱皿という文明の発明がないので(汗)ひたすら鍋で炒めます。風味を楽しみたいので油で炒めずバターを使うのもポイント。これをやるとやらないでは大きな差があります。炒めたタマネギは独特の香ばしさを出してくれるので◎!

ルゥ
ベイリーブス

今回使用したルゥはハウス食品の新製品『PRIME』です。普通のルゥに比べて粉末を固めた感じなので…溶けやすいのが特徴。中身のパッケージも6PチーズのようなStyleなので保存も楽。でも今回は使い切っちゃいましたが。一見普通の市販ルゥより量が少ないように見えますが、これでもちゃーんと10皿分入ってます。
ベイリーフもこれまた普通の市販品。何でもいいです。スーパーで売られていたのを適当に購入。

隠し味

隠し味(?)として…おろし生姜を入れます。あんまり入れ過ぎると風味が大きく変わってしまうので味見しながら入れるといい感じです。好みでどうぞ。私の場合はちょっと多めかな?位が好きなので結構大量に入れてます。このアイディアは昔、祖母の家で食べたカレーから来ています。北海道では入れるところ多いのかな?調べたことないからよくわかんないけど。

で、後はフツーに煮込むだけ。
今回はちょっと作り過ぎてしまい…一人暮らしなのに10皿分以上作ってしまいました(汗)調子に乗り過ぎた結果ですね。食いきる前に腐らせる可能性が大だったので、火曜日に友人を招待してカレーパーティしました。なかなか高評価でよかったよかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベジタブルスープカレー

今日は所用でreal directionさんへ。以前からrdさんの周辺は『食い物屋が少ない』不毛の地だったのですが…横浜市営地下鉄新線が開通する日が近づくにつれて飲食店が増えて来ました。で、今回、rdさんの真裏にスープカレー屋さんが出来たので行ってみました。

スープカレーと言えば北海道・札幌が発祥の地らしいのですが、私はあんまり食べたことがありません。しかも専門店で食べたことはなく、某有名店のレトルトを何度か食べただけ。ってことで実は今回が生まれて初めての『お店でスープカレー』でした(w

元々某中華料理店が入っていたお店は綺麗に改装され、店内は真っ白な壁に青い天井。店名が『Azure』という理由がわかりますね。メニューはスープカレーを中心におつまみ系メニューが少々、お酒もあります。今日はMINIで来ているのでモチロンお酒は飲めませんので…ベジタブルスープカレーだけを食べて来ました。

開店したばかりなので…来客数の割に待ち時間は長め。ボーっとしながら待つこと数十分、出て来たのは↑上の写真にある通り野菜がふんだんに使われたスープカレーでした。と、同時に店員さんが『スープカレーの食べ方判りますか?』と尋ねられたので…なんとなーくわかってましたが『え?判りません』と答えると、丁寧にご飯をスプーンですくい→スープにくぐらせて食べる、スープカレー独特の食べ方を教えてくれました。

味ですが、ちょっと香辛料が少ないかな?味は各自お好みで『0:辛さなし』から『10:激辛』まで10段階でチョイス出来るほか、それ以上は1段階100円で20まで辛く出来ます。今回はノーマルの3を食しましたが…もうちょっと香辛料の風味があってもいいなか?という感じでした。あと、健康的にベジタブルを頼みましたが…ちょっと物足りなかったかな。肉系のヤツも挑戦してみたいかも。チキン系はスープカレーに合うのでいいかも。ちなみに価格は950円。まぁ妥当か。もうちょっとご飯の量があってもいい気がしますが。

今回Pushしたいのは店内の内装で、白で揃えられたテーブルや椅子、内装はとても素敵。ひとりで行ったらまわりは皆カップルや家族連れだったのでちょっと浮いてました(w)有名店になるか、それともこの店の前に入っていた中華店のようにヒッソリ消えていくか…。今後が気になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ひやひや

いつもより遅く目覚めたら…外は晴れ。部屋の中もいつもよりちょっと暑い。日差しもすごいしなんだかいい日。でも出掛ける予定は無いし、むしろ家で勉強しなきゃあいけないので出掛けられない。

…が、我慢ならずちょっとだけ出掛けて来ました。
目的はいつもの『讃岐うどん』ですw

今日は暑かったので、ひやひやを喰ってみることに。

初めて食べましたがかなりウマかったです。
冷たい方がダシ感があっておいしいかも。次は釜たまか生醤油で食べたい。

ちなみに…勉強をサボった罰か、帰ろうと思ったら急に雲行きが怪しくなりみるみる土砂降りに。クルマで行ったのでよかったですが、傘持ってない歩行者は皆ビチャビチャになってました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

一番搾り 無濾過<生>

…最近、家でひとり晩酌する機会が増えました。
普段飲むのはほとんど焼酎なんですが、たまーにビールが飲みたくなります。でも第3ビールや発泡酒飲んでもおいしいと思わないし、ビールはたまーに飲むけど1缶開ければもう満足。結局やっぱり焼酎飲んでしまう訳で。

で、今日。お米のストックがなくなってしまったので近所のスーパーに買い物。週末に作るつもりのカレーの材料が安かったのでそれも買ったり、洗濯洗剤が切れそうなのでそれも買って…最後に酒売場へ行って何かないかなぁ〜と物色してみると、ビールのコーナーに何やら目立つPOPが。

何かなぁ〜と思ったら…『キリン一番搾り 無濾過<生>』でした!これ…前から佐藤浩一出演のCM見て、気になってたビールではありませんか。ってことでちょっと値段高めですが1本買って来ました!
このビールは『チルド(冷蔵)ビール』と呼ばれ、工場から小売店まで徹底した温度管理の下配送される、手間のかかる商品です。では何故冷蔵にしなくてはならないのかというと、このビールは普通に売られている一般的なビールと違い、濾過をしていない=ビール酵母がそのまま入っているから。ビール酵母は温度変化で味や香りを変化させてしまうため、徹底した温度管理が必要です。これは小売店で買って来た時も同じで、なるべく早めに冷蔵庫に入れて…早目に飲むのが◎!

当初はこのチルドビール、配送システムが温度別に分けられ徹底的な管理が行われているコンビニからスタートしたのですが、現在はスーパーや酒屋でも売られるようになりました。ちなみに、これまた酵母が入っていることで、普通のビールと違い賞味期限は60日と短めに設定されています。

ビール酵母

前置きが長くなってしまいましたが…ありがたく飲んでみた感想。

ひとことで言うと、濃厚ですねぇ〜。発泡酒はモチロンのこと、普通のビールと全然違うまろやかなコク・深い味・麦感…。まるでビールじゃないみたい!まろやかさレベルを例えたら…牛乳みたいな感じでしょうか?(味は…全然違いますよモチロンw)でも値段は普通のビールより高いので、たまーにしか飲めませんね。

普通ならビールなんてさらさら〜と飲んでハイお終い、なんですが…今日はゆっくり味わいながら頂きました。なーんか無性に、ビアホール行って飲みたくなってきたなぁ(w

KIRIN_チルドビール ビアセラ
このエントリーをはてなブックマークに追加

讃岐うどん はればれ

最近、激しく忙しい…というより毎日大学の研究室に通っています。きっとこのペースで行くとGWも連休にならないんだろうなぁ。まぁ自らその忙しさの渦に身を投じた訳ですから何とも言えないところでもあったり。

それはさておき、今日は朝から羽田空港へ。
当Blogお馴染みの兄様が昨日大阪から東京へ来て→今朝北海道へ帰るので…羽田空港まで私が送迎。送迎アシ代として羽田空港へ到着してから、以前も行ったことのある銀座アカシアでキャベハヤを奢ってもらいました。今日の羽田は連休スタート日ということで超混雑!どこのカウンタもセキュリティゲートも凄い列。人混みが苦手な私には厳しい(汗

それから一旦家へ帰宅。昨晩あんまり寝てなかったので昼寝。夕方になってから…MINIが黄砂で物凄く汚かったので洗車して来ました。写真撮らなかったのですが、多分今までで一番汚かったと思う(w)なんつーか、全体が真っ白になってましたね。

で、洗車後…気がつけば時刻は夜メシどき。

何食おうかな〜と考えた結果、横浜都筑・港北ニュータウンのセンター北にあるセルフ式讃岐うどん店『はればれ』に行って来ました。ここは以前からちょくちょく行くお店で、いつも『大盛あつあつ』に野菜かき揚・ちくわ天をトッピングを食べています。メニュー数が多いので今度は違うものを…と思うのですが、何故かこの組み合わせが好きなんですよねぇ。
関東でこの手のセルフ式讃岐うどん店は『はなまるうどん』が有名ですが、向こうと圧倒的に違うのがうどん麺を自家製麺しているところ。混雑する時間帯に行くと、いつも職人さんがガラスケースの向こうで手打ちしてます。(今日も打ってました)
デパートやショッピングセンターがたくさんあるセンター北・南の中心という立地にあり、今日も家族連れを中心に混雑していました。でも幾ら混んでても回転が速いのですぐに座れます。もっとも、全席埋まる心配が無いぐらい席数多いですし、駐車場も広いので混雑を気にする必要はあんまりないかも。

…ちなみに私、よくうどんを食べてます。大学で昼食を食べるときはいつも『箱○そば』のうどんを食べてます。その理由はただ単に『値段が安いから』といういかにも私らしい理由ですが(汗)それこそ多い時なら週4でうどん。でも飽きないからうどんって不思議。これが同じ麺類のラーメンだったら週4は絶対無理だろう。。。身体壊しますね。
でもやっぱり、○根そばのうどんはおいしくない。汁が無駄にしょっぱいし(※味付けが何でもしょっぱい北海道人の私が思うんだから余程)、麺もぶにゃぶにゃ、そしてあんまり喰った気がしない。でも、讃岐うどんなら…毎日トッピング換えられるし、注文方法がいろいろあるから『今日はコレ、次はコレ』って色々試せるし、ダシが効いた汁とおいしい麺、素うどんそのものがおいしいから…これなら喰い飽きないでしょうね。

箱根○ば撤退してこの店入ってくれないかなぁ〜(w

本格讃岐うどんの自家製麺セルフ店 讃岐うどん はればれ - [うどん]All About
このエントリーをはてなブックマークに追加

豚丼

最近、やけに自炊に凝ってます。
理由はいろいろありますが…今年は節約カツカツ生活を目指しているので、外食に頼らず普段は家で質素に自炊すればお金も節約出来るし料理の腕が上がるなぁと感じなるべく家で食べることにしてます。

でも…残念なことに『面倒臭がり屋』なので、普段のメシはわざわざBlogでネタにするほど珍しいモノなんてつくりません。手早で簡単に出来るフツーなメシしかつくってません(汗)イタリアンが好きなのでパスタばーっかり喰ってます。

で、今夜のメシ。最近ちょっと色々あって気分が曇っていたので、たまには地元の味を味わって気分を晴らそうと思い…『帯広豚丼』を作ってみました。昨日近所のスーパーへ行ったら豚ロースが見切り品で安くなっていたので購入。タレも用意し本場の豚丼を忠実に再現すべく調理してみました!(※豚丼に関しての説明はこちらの過去記事にて)

…って大逸れた話してますが、調理法は至って簡単。
まず材料は豚ロース、豚丼のタレ、白飯、お好みでグリンピースでアクセント、山椒でピリリと辛く。
手順は(1)豚ロースをフライパンで焼く→(2)豚ロースにタレを絡めてすこし焦がし目にする→(3)白飯を丼に盛る→(4)焼いた豚を乗せる→ハイ終了!調理時間約5分。超手軽!

そんなメニューなのに、これがまたおいしいんです!もっと凝って造るとすれば、炭火で焼くと更に風味が増してGood!…でもそんな調理法、家で出来るか!(汗)
このエントリーをはてなブックマークに追加

小つけ麺 豚入り

ラーメン二郎 八王子野猿街道店ラーメン二郎。ご存知の方も多数いらっしゃるかと思いますが、『二郎はラーメンにあらず、二郎と言う食べ物也』という言葉が表すとおり、これはラーメンじゃないなぁ〜という食い物を食いに行って来ました。

昨日夜、突然『二郎禁断症状』が発症。とりあえず友人達に召集をかけてみるも…あえなく撃沈(ノリが悪過ぎる!)しょーがねぇなぁ〜と思いひとりで出かけようとした矢先、多摩センターに住む同じ地元の友人から『今日さぁ、二郎食いに行こうかと思ったんだけどどう?』と電話が来る。まさに偶然。ってことでふたりで八王子にあるラーメン二郎 八王子野猿街道店(以下八二郎)へ行って来ました。

いつもなら普通のラーメンを食うところなのですが、今回は趣向を変え初めてつけ麺を食べてみることにしました。以前から兄様が『八二郎はつけ麺がウマい』とよく言っていたのでずーっと気になっていたんですが、どーもつけ麺自体に魅力を感じていなかったのが現実でした。

で、喰ってみると…嗚呼、これがつけ麺のウマさかぁと物凄く納得。二郎は脂っこくニンニクもMaxなので(※注文の仕方でどーにでもなりますが)一般人を寄せ付けないバイオレンス・ヌードルな側面もありますが、このつけ麺はサッパリしていてどんどん食えました。普通の二郎に比べて塩辛いスープですが、味濃いのが好きなので全然ウマい。麺も茹でた後冷水で冷やしているのでギュッとしまり、なかなか良い歯ごたえがありウマい。スープに合います。
…そんなことを思いむさぼり喰っていると、他のお客さんより遥かに早いTimeでFinish!!!いやぁ、他の客が私を『奇人を見る』目線が痛い。。。同行の友人も『なんかねぇ、あまりに速すぎて気持ち悪い』という始末。次行く時もつけ麺にしようっと。

60000

なーんて思いながら喰い終わりMINIに戻ると…偶然にも総走行距離が60,000kmになってました━(゚∀゚)━!ついにこの瞬間が来てしまいましたね。これで年2万kmペースは維持されました。。。ちなみに50,000kmに達したのは昨年7月なので、約1ヶ月に1,000kmペースのようです。これでも納車直後〜1周年の頃よりペースはかなり落ちた方ですが…まだまだ皆さんより確実にハイペースですね(w

このページのトップヘ