RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏+VW Passat ALLTRACKもあるよ。

カテゴリ: デジモノ

SHURE SE210-K-J

長らく愛用してきたShure E3c。イヤフォンノズル部分が何度も破損する不具合に悩まされ続けましたが、今度はイヤフォンジャック部分が内部断線しかけているのか、音楽を聴いていると常にブチブチと途切れる症状が。まだ保証期間内なんですが、いい加減イライラが止まらないので…結局新しいのを購入しました。

今回購入したのは同じくShureのSE210。…品質面に疑問が残るShureをまた購入することはちょっとだけ抵抗ありましたが、でもShureの音って結構好きなんです。購入先の秋葉原ヨドバシで各メーカーのイヤフォンを試聴し、価格とのバランスが良いものを選んだらこれになってしまいましたw本当はワンランク上のSE310が欲しかったんですが、さすがにそこまで出せる余裕はなかった。。。いや、買おうと思えば買えたけど、iPodごときにそんなに出す価値ないしね。

SE210はE3cの後継となるイヤフォン。価格がほぼ一緒の19,800円。異なるのは、E3cがプロ向けモニタリングイヤフォンの性格だったのが、SE210はコンシューマのデジタルオーディオ向けイヤフォンというところでしょうか。ケーブルの造りひとつ見ても、前者はどこを見ても華奢ですが、後者は全体的にシッカリとした造りになっています。また、大きく異なるのがケーブルの長さ。E3cは160cmあるのが、SE210では45cmに短縮。ちょうど耳からY字でぶら下げると胸のあたりで終わる長さです。おそらくはリモコン使用を考慮に入れた長さなんでしょう。私はリモコンは使用しませんので、付属の91cm延長コードを使用しています。

さて、肝心の音チェック。新品イヤフォン購入時の恒例『48時間ぶっ通し!iTunesパーティシャッフル祭』後の印象ですが、基本的にはE3cの音と大差ありません。ですからE3cで音楽を初めて聞いたときほどの感動はなかったんですが、細かいところでは低音域が「やや」増強されたかな?全体域が「やや」まろやかになったかな?ってレベルです。
前者に関してはiPodで使用する限りさほど大差ない(というか…EQで調整しないと低音が全く冴えない)んですが、低音からシッカリ出る再生ソース(私の場合はBOSEスピーカーのイヤフォンジャック)で聞くと…それなりに出ます。全体域がまろやかなのは新品時からの傾向で、良く言えば「聞きやすい」、悪く言えば「ぬるい」といったところか。まぁこれは、E3cは完全に「原音を忠実に聞かせる」タイプだっただけに、時には聞き疲れる場面もありましたから、まろやかなSE210は聞きやすいとも言えます。そういう意味でもコンシューマ向け。

と、ここまでイヤフォン本体の話でしたが、それよりも書きたいのは付属しているイヤフォンパッドのことです。SEシリーズから新たに用意された「ソフト・フォーム・イヤパッド」が非常に良いんです!黒いウレタン製のそれは、以前の黄色い「フォーム・イヤパッド」の後継だそうですが…とても後継と思えない良さ!柔らかいのに弾力性が高いので、耳に入れやすいし付け心地も良好、遮音性もなかなか。しかも黄色いやつは汚れが目立ちやすかったけど、こちらは黒なのであまり目立たない。

今までは白いトリプルフランジを愛用していましたが、これからはソフトフォームの方を使用したいと思います。それぐらい出来がいいです。SEだけでなく、E2を除くEシリーズでも使用できるみたいですので試してみる価値はあるかと。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Shure E3c

またまたイヤフォンネタ。

そして、またまたイヤフォン壊れましたネタ。
しかも 前 回 と 同 じ 部 分

いい加減にしてくれないか?

前回壊れたのは左側でしたが今回は右側が破損。ただし前回と違いかろうじて取れない状況なのが救い。でもやっぱりいつボロっと逝ってもおかしくない状況ですから完全に壊れるのも時間の問題か。2回も同じ箇所が壊れるなんて…疑うのは製品の出来の悪さか、自分の扱いの悪さか。。。まぁ、毎日長時間使用していますし、遮音性の高い(=キツイ)トリプルフランジイヤパッドを装着している以上、装着する度グイグイねじこまなきゃいけないのが一番悪いのかも。ただ、ねじこむ装着法は『推奨された装着方法』ですから…ボクチャン悪くないよね?w

で、破損に気がついた際『そういえば、購入したのってちょうど1年前ぐらいだったよな?』と嫌な予感。で、携帯から自分のBlogをチェックしてみると、やっぱり購入日から1年が経過していることが判明。その時点で『ああ…やっちゃった…』と思ったんですが(同時に新しいShure SE210の価格をチェックしてこんなに高いの買えねーよ、と落胆もする)寮に帰って来てから保証書を見てみると、

保証期間 お買い上げ日から2年間

あ、まだ保証効いてる!!

ってことで修理に出そうかと思いつつ。ただ、以前のように1ヶ月も待たされるのは困るなぁ。今更安イヤフォン(含むApple純正)で音楽聞くのはもうゴメン。前回の教訓を生かし、ヒビノに直接掛け合ってみようかしら。どーせまた新品交換だろうしさ。…でもせっかくイイ意味でヤレて来て音が良くなったのにまたやり直しかと思うとこれまたガッカリですが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Shure EA306-J

イヤフォンネタ。不慮の事故で無償交換されたShure E3c、最近は行き帰りの電車で音楽を聴き、簿記講座では個室でDVD講座を視聴するために使用し…毎日10時間ぐらい使用中。そのためかなり音がこなれてきたのか、最近iPodですらすんごくいい音。かなり嬉しいですwそんなことはさておき、毎日これだけ使用していると…耳栓型イヤフォンの宿命でイヤパッドがすぐに汚くなります。何回洗っても黄ばみは取れないし、型くずれも起こすし、長時間装着しているから…(以下略)。耳栓型イヤフォンの宿命ですね。

…と、いうことでヨドバシカメラへ行き新しいイヤパッドを購入してきました。

購入したのはトリプルフランジ・イヤパッド。以前から使用しているやつです。しかしちょっと違うのがそのパッケージング。今までは2コセットだったのですが、今回はなぜか6コセットになっていました。その分価格も上昇。2コセットは確か800円程度だったのですが、今回の6コセット1,870円。1コあたりの価格はちょっと下落。…消耗品だからこっちの方がいいかもね。

Shure E3cは標準で透明の硬いイヤパッド・グレーの柔らかめのイヤパッド・黄色いスポンジの3種類のイヤパッドが付属しています。私の場合、購入当初はグレーのイヤパッドを使用し→その後は黄色いスポンジを使用していました。で、前回。その黄色いスポンジが汚れてしまったので新しいイヤパッドを購入しにヨドバシへ行ったら…今回紹介しているトリプルフランジに出会い、『モノは試しだ!』と衝動買いしたのがきっかけです。キノコを3つ重ねたような不思議な形状なのですが、装着性のよさと遮音性の良さはピカイチ!しかも長時間装着していても不快になりにくいところも利点。今はもうこれ以外使えません。

1コあたりの価格は他のイヤパッドに比較してちょっと高めですが、Shureイヤフォンを使用している方には是非オススメです。ただし、標準の状態ではパイプ部分が長すぎて装着しづらく、なおかつ耳に装着した際イヤフォンが耳からすごく出っ張りかっこ悪いので適宜カットしたほうがいいかも。私の場合、3段の高さと同じ長さでカットしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

iPod photo

最近、iPodの電池の持ちがもの凄く悪い。

私にとってiPodは毎日の生活の必需品。特に朝・夕の満員電車乗車時は本も読めない携帯もいじれない状態なので…できることと言えばiPodで音楽を聴くぐらい。満員電車(=人混み)嫌いなので、少しでも自分も持たせるためには…本当に欠かせません。しかしながら、最近、朝・夕iPodを使用すると電池残量が大幅に少なくになります。時間にしてわずか2〜3時間ぐらいでしょうか。1日ならまだ大丈夫なのですが、充電せず2日目そのまま持って行くと確実に帰りの電車はiPod使えません。約5時間の命(汗

購入したのは2年前、'05年1月。もう2年経過しているのでバッテリのへたりはある程度予測出来てはいましたが…ここまで酷くなっているとは。正直ガッガリ。

原因はある程度わかっています。最大の理由は、iPodをMINIに車載する際必ず充電されていたことでしょうか。私の場合、iPod購入直後から充電機能のついた接続ケーブルを使用しています。この便利なはずの充電ケーブルが、バッテリにはあんまりよくないんです。iPodに限らず携帯やノートパソコンなどに搭載されているリチウムイオンバッテリーは完全に使い切って→充電をしないと次第にボケてくる(容量が少なくなる)性質があります。
すなわち、車載する度に充電=電池がそれほど減っていない状態なのに充電されていた訳ですからボケるのは当然。で、これを防ぐために、定期的にバッテリーを使い切り→満充電を行うことが必要なのですが、これもしなかった。だって面倒なんだもんw再生したまんまそこらへんに放置しておけばよかっただけの話なんですが、それすらせず。

そんなもんだから…当初は10時間以上持ったバッテリーが今やその半分。更に言えば私の場合、曲ファイルは可変ビットレートを使用してエンコードしているので…更に電池の減りが早くなる素質まで兼ね揃えちゃってたりwノーマルの128Kbpsにすりゃあいいだけなんだけど、今更音質悪くしてもねぇ。

解決方法はふたつ。アップルが行っているバッテリ交換サービス(有償:6,800円)に出すか、新しいiPodを購入するか。どちらも金がかかる。うーん。前者は比較的安い値段で新品のiPod(だたし同モデル=photo 40GB)に交換されるけど…やっぱりどうせなら新しいのが欲しいなぁ。ギャップレス再生にビデオ再生機能に今の倍の80GBというでかい容量に最長20時間再生可能なバッテリ。欲しい。。。でも、心の中では出ると言われ続けているタッチスクリーン式のiPodを待っていたりするw

Apple Store(Japan)
↑もしあなたが新しいiPod欲しくなったら…チェックw
このエントリーをはてなブックマークに追加

904i

お茶濁しネタ。NTT DoCoMoから904iシリーズが発表されました。通例ならドコモの夏モデルの型式はマイナーチェンジ版ということで『903iS』になるはずなのですが、今回はメジャーバージョンアップとして登場。今回発表されたのはN・P・D・SH・Fの5メーカー5機種。私の使用しているSony Ericssonの端末はデビューならず。噂によるとSO904iは出ないとのことですが…まぁとりあえずそれはおいといて。

904iシリーズの目玉としては、
1)大型液晶
2)フルブラウザ
3)320万画素AF・手ぶれ補正対応カメラ
4)うた・ホーダイ
5)10MBiモーション、ビデオクリップ対応
6)2in1サービス
7)体感ゲーム(モーションセンサー等)
でしょうか。一方、前機種の903iシリーズの多くに搭載されたワンセグやHSDPA(ハイスピードFOMA)はそれぞれ1機種ずつの設定。そういう意味では『903iS』相当と言うべきでしょうか。そもそもワンセグやHSDPAを搭載した903iはデビューしてから日が浅いですからそっちに任せようという方針なんでしょう。

話は逸れましたが、今回一番注目を浴びるであろうサービスが(6)の2in1サービスではないでしょうか。これは月額945円で2番号・2メールアドレスを持つことができ、それぞれを携帯端末側で切り替えもしくは共通利用できるとのこと。これにより、仕事用とプライベート用の番号を1台のケータイで使用することが可能になります。でも代金は2契約分ではなく1契約分+945円ですから…利用者が増えるのは間違いないですね!イメージとしては、Windows XPでユーザアカウントを切り替えながら使う感覚に似てる…?

大型液晶に関しては全機種ワイドQVGA・2.8インチ以上、最高スペックのN904iは3インチのワイドVGAときたもんだ。ついに携帯もVGAの時代。すげぇなぁ。それにあわせて(?)カメラも機能拡充され、どの機種も3メガピクセルに手ブレ補正にオートフォーカス。もう『メモ撮り』とは言わせないってか?でも実際、メモ撮りカメラではないんでしょうね。それから定額制音楽配信サービスも旧シリーズは洋楽が中心のNapsterだけでしたが、今回は邦楽が多い着うたフルが対応、名称も『うた・ホーダイ』になりauを牽制か。また従来HSDPA端末のみの対応だった10Mバイトのiモーションが904iシリーズは全て対応になり、さまざまなビデオクリップが見られるように。でもHSDPAに対応しているN904i以外は通信速度が今まで通り(384K)なのでちとキツイ可能性が。

その他、ユニークな機能として、SH904iにノートPCに搭載されているようなタッチパッドが搭載されフルブラウザの操作性アップ。また、D904iに端末を傾けたり・振ったりする動作に反応するモーションセンサーが搭載・P904iとSH904iにカメラを使用した動き感知機能が搭載され、今流行りのニンテンドーWiiのような体感ゲームがプレイ出来る機能が搭載。その他は旧機種に準じたスペックになっています。GPSもおさいふケータイも入ってます。

さてさて、買い換えモード判定。…うーん。愛用中のソニエリ端末がないのはちょっと寂しいところですが、王者NECのN904iはデザイン・性能共に現行端末の最高スペックですから結構気になります。デザインがキッチン用品のアレッシィで有名なステファノ・ジョバンノーニ氏とのコラボレーション。スッキリしてて馴染みやすいデザインだと思います。個人的にワンセグは必要ないけどHSDPAや大画面は欲しいので選ぶとするならこれかな。

DoCoMo 2.0(904iシリーズサイト)
このエントリーをはてなブックマークに追加

M702iS

たまたま立ち寄った電器店。何か購入目的があった訳でもなく、ほんとになにげなーく立ち寄っただけだったのですが…意外な収穫がw

まずひとつめが携帯売場。根っからのDoCoMo党の私が見るスペースはもちろんDoCoMoコーナーなのですが、ひときわ目立つ陳列が。何かなぁ?と思ったら、さんざん待たされたMotorolaの新型端末『M702iS』のモックアップではありませんか!しかもPopには『待望のMotorolaケータイがいよいよ明日発売!』と書いてあるではありませんか。やっと発売になるんですね。知りませんでした。。。もう遅いけどねw

モックアップながら初めて触るM702iS。驚くのはその薄さ!感覚的にはPCカード握ってる気分なぐらい薄い。折りたたんでも薄さは驚くばかりで、胸ポケットにも入りそうな勢い。キーパッドはメタルの1枚モノになっていて、折りたたんだ時のスタイルもものすごくスッキリ。外部カメラもさりげなーく目立たないように設置されていて、今時のファニーなデザインのケータイとはひと味違います。ただ、意外とキーパッド下部にあるアンテナ部が邪魔。あごのように出っ張っているのでメールは打ちづらそうです。液晶サイズ小さめ。ホットモック(実際に動作可能なモックアップ)触ってみたいなぁ。価格掲示されていなかったのがちょっと残念。まぁ今日発売ですからすぐわかりますかね。…もっと早く出ていれば買ったのになぁ。残念。で、本命(?)のM702iGはいつデビューなの?w

D40

次に足を運んだのはカメラコーナー。目的は、まだ見たことも触ったこともないNikonの新型デジタル一眼の『D40』です。行ってみると…ありましたありました。目立つ陳列されてました。

初めて見た感想は…小さい!のひとこと。愛用しているD70と比較するとかなり小さいです。そして、軽い。これなら気軽にカバンに入れて持ち運びできそうです。何でこんなに軽いの?と思いつつ何気なくバッテリーフタをあけると、中に入っていた電池のコンパクトさにまた驚き。まるでコンパクトデジカメのバッテリーかと思うぐらい小さいものでした。記録メディアは最近出たNikon機と同じくSDメモリーカード。今後はこれが主流になるんでしょうか?新たにイメージダスト対策が施されているのも注目です。

エントリー機としては必要十分なスペックを持っていますが、ファインダー横の表示パネルがなくなりメイン液晶がその代理になっているのはちょっと煩わしい気も。その他の操作性は細かい機能差を除けばD70とほぼ同じでした。ただ、AF測距はコストダウンのためか左・中・右の3点になっているのがダメ。シャッターもD70のそれとは大きく違い安っぽーい『パチャ』的な音で幻滅。写りもメイン液晶で確認したレベルですが、それほど『綺麗な写り!』とは言えず。まぁ、冷静になって考えれば、一眼レフになれた人が使うカメラじゃないんですよねw

レンズキットで7万円前後という値付けはすごくいいと思います。機能的には物足りないけど、前出のようにコンパクトさを生かしてバンバン持ち歩くには持ってこい。…一寸欲しくなった!w廉価版ですけど、コンパクトデジカメよりは全然マシ。初心者にはうってつけですね。欲を言えば某社の一眼デジのように、ボディに手ブレ補正機能が欲しいところです。

MINIも手放すことだし、そろそろ余計な散財やめてレンズ貯金でもしようかな。

FOMA M702iS | 製品 | NTTドコモ
Nikon Imaging | D40
このエントリーをはてなブックマークに追加

年末に近づくにつれて、大学の卒論制作もどんどん追い込みの時期になりました。当然のことながら中身が一番重要ですが、その次に大事なのが、制作環境でしょうか。メインPCであるVAIOには最新版のOffice 2007 Betaがインストールされており、充実した制作環境にあるのですが…おでかけ用のiBookにはオフィスソフトがインストールされておらず、困っていました。以前はOfficeがプリインストールされているWinノートを所有していたんですが、友人に譲渡しちゃったので。。。

一応、iBookには『NeoOffice』というフリーのMS Office互換ソフトを入れていたんですが…大学の環境がWin100%のため、フォント問題をはじめとする互換性がどーにもならず。閲覧程度なら何とかなるのですが、本格的な卒論制作にはさっぱり向かないことが判明。ATOKも入ってないからうまい文章作成ができないし。

『じゃあ家でやりゃあいいじゃん!』と言われればそれまでなのですが、最近は大学図書館で文献調査も始めたので…やっぱりiBookでOfficeが使えないのはかなり不便です。貸し出し可の図書なら家に持ち込めるので問題ありませんが、貸し出し不可の図書はその都度コピーしなきゃいけない。

ってことで、iBook用のオフィスを購入することにしました。

Office 2004 for Mac Standard Edition プレミアムパック
今回購入したのは、Office 2004 for Mac Standard Edition プレミアムパック アカデミック版です。(商品名長いw)アカデミック版に関しては説明を省くとして、プレミアムパックとは何か?というと、通常のStandard EditionにWireless Notebook Optical Mouse 4000がついてくるのに価格が通常版と同じお得な限定パックです。でも…実は既に、付属してくるマウスと全く同じ品を所有しているのでかなり無駄。マウスいらないからその分通常版の価格下げてくれればいいのに!と思ったり。本当はVirtual PC for Mac with WinXP Proが付属するProfessional Editionが欲しかったのですが、そちらはアカデミック版が用意されておらず、価格が6万越えだったので断念。そんなにお金ねぇ〜。。。

さてさて、この方Mac版Officeは初めての経験。購入するまではWin版のOfficeと同じインターフェイスかと思っていたのですが、実際インストールして使用してみると、Win版とは若干異なっていてちょっとわずらわしい。でも基本は同じだし、互換性に関しても特殊なフォントを使用していない限り全然問題なしなのでいい感じ!MSゴシック/MS明朝フォントが付属しているのが大きいポイントです。

ATOK 2006 for Mac
同時に、ATOK 2006も購入。Win版を愛用している私にとってこのソフトは必需品になってしまいました。やっぱりATOK、ことえりなんて話にならない。何で今まで買わなかったんだ?と思うぐらい作業がはかどります。ただ、Win版の方は学生向け(?)の廉価版『就活パック』があったので安かったのですが、Mac版には設定なし。なんだかなぁ。Win版+Mac版の特別パックが安いので…最初からそっち買えばよかったんですけどね。

年末で出費がかさみがちなのにまた出費。必要経費だけどもツライ。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FOMAカード

今朝の読売新聞に気になる記事が掲載されていました。
識別番号同じ「クローン携帯」不正使用をドコモ初確認
 NTTドコモの第3世代携帯電話「FOMA(フォーマ)」から抜き出したICカードを、別の携帯に差し込んで「クローン携帯」を作る手口で、中国など海外から不正使用したケースが少なくとも6件あったことがわかった。

 ドコモはこれまで、「クローン携帯の製造は技術的に不可能」としてきたが、社内調査で存在が確認された。

 ドコモは、この6件で通話料を過大請求されたユーザーに計約26万円を賠償し、再発防止のためシステムを改修したという。

 クローン携帯による不正使用について、ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルはこれまで「不可能」としてきた。しかし今回、初めて確認されたことで、ドコモは公式見解の撤回も含め検討している。

 ドコモによると昨年9月、「知人にかけたら外国人が出た」との問い合わせをきっかけに調査を開始。日本と中国でほぼ同時に通話したことになっているなど不自然な通話記録が見つかり、2005年8月〜06年2月の間の、中国、フィリピン、ガーナでのクローン携帯使用が確認された。

 FOMAのICカードには、所有者を識別する15ケタの番号が割り振られているほか、認証のための各種情報を暗号化して記録している。すべての情報が一致した場合だけ交換機が通話を受け付けるため、ICカードを別の携帯に差し替えるだけでは使用できない仕組みとなっている。

 今回確認されたクローン携帯では、いったん解約されたFOMAのICカードが使われていた。しかし、中国などの電話会社の交換機は、各種情報をすべてチェックする設定になっていなかったため、通話が出来てしまったという。

 また解約されたFOMAのICカードの識別番号は、解約後2年程度で「再利用」されるため、不正通話による料金が別人に請求されていた。

 ドコモでは今のところ、不正使用者の特定や、刑事告発などは行わない予定という。

 ドコモは今年2月、数億円をかけて国内システムを改修したとしている。また解約されたICカードの識別番号は再利用せず「使い捨て」にする方針。
ちょっと前に話題になった『クローン携帯』。当時、携帯各社は揃って『技術的に不可能』と説明していたはずなのに…実はできちゃった、という話です。

気になるのが、全て海外で不正利用されていることでしょうか。ドコモのICカード(=FOMAカード)は海外で現地の電波方式向け携帯端末に差し込めば、現地で日本にいるときと大きく変わらない状態で通話やメール、Web閲覧等が出来る『国際ローミング機能』を利用できます。しかし、国際ローミングを利用すると、通常より高額な料金が発生してしまいます。日本にいるときの感覚で通話やパケット通信を行うと…あとでとんでもない目に…ということもありがち。と、いうことは、海外で不正利用されるととんでもない額が請求されることだってありえるから恐ろしい。

記事中にはドコモが不正通話の事実を認め、不正利用分の請求代金の返還を行ったとありますが…不正利用者の特定は行わないとも書かれています。ってことは今後も起こりうる事象だということですか。気をつけなきゃ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

E3c

またまた修理ネタ。

今度は先月修理に出したイヤフォンが戻って来ました。修理結果は…『新品交換』。それなのに1ヶ月も掛かるって…どんなですか?(汗)昨日、ビックカメラ新宿西口店から電話が来たので早速今日受け取りに行って来ました。

さて、どーして新品交換対応で1ヶ月も掛かったんだろう?そんなにHIBINOの対応が遅いのか?とものすごく疑問に思ったのですが、その疑問は修理明細を見てすぐに解決。HIBINOから来た修理明細に書かれているお客様名には…私の氏名ではなく『完実電気株式会社』と記載されていました。ってことはおそらく、

1)ビックカメラに修理依頼
2)何故かHIBINOに直接行かず完実電気に移送
3)完実電気からHIBINOに移送(で、以下その逆

という不思議なルートが想像出来ます。HIBINOの明細には『修理受付日:11/1(この時点で半月経過)/修理完了日:11/7』と記載されています。まぁ結局HIBINO自体の対応も遅いってことですかね。。。Shure製品をお持ちの方は『修理は1ヶ月掛かる』と覚悟したほうが良いかもしれません。それとも、ただ単にビックカメラの購買ルートが特殊なだけでしょうかね?1ヶ月も待たされるのであれば、お金に余裕さえあれば他のものに買い換えちゃうのもアリかもと思いつつ。。。

じゃあ悪いことばっかりか?と言われると…実はかなり得しました。と、いうのも、修理に出したのはイヤフォン本体のみ。でも今回受け取ったのは、保証書だけ添付されていない製品セット一式。ってことで、イヤフォンチップが丸々一式増えましたwチップ一式の価格はそれほど高くはないでしょうが、気分がいいです。まぁこれだけ待たされたんだからそれぐらいサービスされてもいいわな。

ってことで、またエージング強化週間の始まりです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

GPUヒートシンクファン
快適なPCライフ…と思っていた矢先、今度は画面表示が乱れる症状頻発。元々液晶モニタが不調なため、画面の色合いがおかしいのですが、その程度じゃ済まない乱れが発生。主に3Dゲームを動かしている時に発生するので…確実にグラフィックボード(玄人志向製:GFX5600XT-A256C)が原因としか考えられません。

よく忘れられがちですが、デスクトップPCの中にはすぐホコリが溜まります。特に電動ファン周りはホコリが溜まりやすく、定期的に掃除しないとファンの動きに支障が出たり、冷却性能の低下が起こります。こうなると熱暴走が発生しやすくなり、最悪の場合チップが故障・破壊されます。私の場合、半年に1回のペースでPCのフタを開けてエアダスターと掃除機を使用してホコリの除去を行っていますが…それでも足りない位。で、今回もホコリが原因なんだろうなぁ〜と思いPCのフタを開けグラフィックボードをチェックすると、驚愕の事態発覚!

…なんと、ホコリ云々どころか、ファンが完全に死んでました!…いつ死んだんだ?恐らく1ヶ月以内だと思うのですが。。。ファンの羽根を手で回そうとしても、すんなり動きません。モーターが焼き付ちゃっているようです。この状態、言うなれば冷却せずずーっと使用していたのです。さすがにこれはかなりヤバい。最悪の場合、前出のようにチップに致命的な損傷が起きている可能性も。。。

すぐさま使用を中止し(かなり遅いけどねw)ファンを交換することにしました。

で、新しいファンを買いに近所のPCパーツ屋・PCショップを回ったのですが…どこにも売ってない。珍しい品じゃないはずなのですが、ない。…で、結局、PCがずーっと使えないのも困りものですし、見つけるために秋葉原まで出るのも面倒になったので、新しいグラフィックボードを購入しました。。。

ELSA GLADIAC 544AGP
今回購入したのはELSA GLADIAC 554AGP、NVIDIA GeForce 6200TCを搭載したファンレスモデルです。ELSAはかなり前に愛用していたメーカーで、モノの出来が良いのが特徴。性能的には廉価タイプで、これまで使用していたモデルと比較するとちょっぴりランクダウンなのですが…そもそもAGPバス向けグラフィックボードがかなり無くなってきたためこれぐらいしか選択肢がありませんでした。今はAGPじゃなくPCI Expressの時代なんですね。時代遅れ丸出し。

ただ、やっぱり一番のポイントに『ファンレス』があります。使ってみると、やっぱり静か。どんなにグラフィック周りに負荷を掛けてもファンがないので静か。高性能グラフィックチップ搭載モデルだとこうはならず、大抵『ブーーーーン』とうるさくなります。ファンレスなので気になるのが熱(温度)なのですが、温度モニターをチェックしていても危険域に達することはまずありえない温度推移。最新テクノロジーは凄いですねぇw

まぁ、出費は余計にかさみましたがおおむね満足。廉価モデルを購入したので、差額で『高いグラフィックボード買ったつもり』でDVD±RWドライブも新調しました。今度は壊れるなよ〜!!!まだあと数年は使いたいんだからw
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ