RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

カテゴリ: クルマ

Passat ALLTRACK01
Audi購入を半ばあきらめつつ、当初の目的『積載性と乗降性のよいファミリーカー』を買うとするなら、持ってこいのメーカーがあるじゃない!ということに『今更ながら』気がつく。忘れてた。VWがあったじゃない!

…忘れてたんじゃなく、家人があまり興味を持たなかっただけです。。。
そりゃあ、シトロエン選んじゃうよーな人がVWイイ!って言うわけねーわ!笑

でも背に腹はかえられない、ということで、VWの中でも『珍しく遊び心』があって、かつ希望をかなりの次元で満たす1台がありました。『そうだそうだ!そんなクルマあったわ!』の1台を見つけました。

Passat ALLTRACK02
Passat ALLTRACK03
Passat ALLTRACK04
Passat ALLTRACK05

Volkswagen Passat Alltrack

決めたポイント
・希少性(聞いてみたら、あまり売れなかったそうな)
・地味ながら装備が非常に充実
・旧型になったのに『ガッカリ』しない内外装
・控えめな雰囲気=目立たなくてヨシ
・新車500万円→中古相場200万円前半。とてつもないお得感!

そういえば昔、R50→アコードワゴンに買い換える頃、当時デビューしたてのパサートヴァリアントを本気で買おうかどうか迷った時期があったような。そのパサートは『新型』というより、前モデルの外装を今っぽく大幅マイナーして、エンジンを1.4Lにダウンサイジング、それに7速DSGを組み合わせたという何とも魅力的な1台。でもさすがに当時は新車でポーンと買えるほどの財力がなく、結果アコードワゴンの中古を買ってきましたが、もしあの時買ってたら、今頃どーなってたんだろ。なんて思い出す。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

choose2
前回はQ2の見積り見てやり直し、というとこまで書きましたが…

家人がいろいろと乗り回してみて、今回は『Audiにする』と言い出した。あそうですか。Audiですか。実は個人的に、あまり最近のAudiには興味が持てずにいたとこだったので、何か意外、というか、戸惑いというか。MINI乗ってるので、わざわざBMW買う気もしないなぁ〜ってのは、はっきりしていたんですが、まさかAudiに流れるとは。

で、それってディーラーのセールス氏も同じことを思うようで、
Audiディーラー行って、乗り換え考えてます旨伝えて、乗ってるクルマ聞かれて、

『DS3です』って言うと、
『え?DS3ですか……?』ってなるのね。

んでもって、
『ええ、DS3です。ちなみに(家人が)初めてのクルマがコレで』
…担当者絶句。今のところ、確率100%です 笑

確かに冷静に考えると、『ある程度の大きさと積載性があって』『AWD仕様で』『300万円で』という条件は意外とクリアできる可能性が高い。調べてみて探してみて初めて知りましたが、Audiの中古は比較的安いパターンが多いようでして、それなりの距離(2万キロ〜5万キロ)のモデルであれば、200万円前半からスタートというのも意外と良心的。

で、その上で選択肢を絞ると以下のとおり。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

choose1
この1年ちょっとで3回もクルマ購入に携わるなんて、クルマ好きにとってはとても楽しいひとときを3回も経験しているわけですが、いい加減にしないと、お金が。。。そもそも、乗り換えの際には重要な『下取り価額』はいくらになるのか。今回売りに出すのはあまり人気が高いとは思えないCitroen DS3。そもそもかなりお安い金額で購入し、その時点でリセールにはあまり期待ができないと踏んだわけですが、はたまたどうなることやら。

と、まずは色々と選択肢を出してみることに。
家人と相談した結果は以下のとおり。

■検討候補(第1回選択希望選手)
・Audi A1 Sportback
・Audi Q2
・Mercedes-Benz BーClass
・Renault Kangoo
・Citroen C4 Picasso
…何だかんだ言いつつも、一応フランス車が2台エントリー 笑

・Audi A1 Sportback
散々良さはわかったので、当然候補No.1。モデル末期ということもあり、下調べ段階で豊富な中古車ラインナップを確認。仮に、新車で買ったとしてもそこまでの負担ではない。ということで、かなり前向きに検討。

・Audi Q2
で、上記A1の新車をAudiディーラーに見に行ったところ、ひっそりと展示されていたのがこいつ。検討時にはまだ正式発売前だったため、試乗車の用意はされていませんでしたが、聞くところではA1の走り味に似ている、ということだったので、これも選択肢に。

・MB B-Class
(一応)ドイツ車嫌いが緩和されたんなら、ドイツ王者のコンパクトカーも触れてみよう、ということで含めてみた1台。Aクラスは街にあふれるほど(?)たくさん見かけますが、あまりBクラスは見かけない、というのも好材料。※ちなみにこのBクラスにバッティングするBMW 2シリーズアクティブツアラーは『MINIと兄弟車だから』という理由で選定外。

・Renault Kangoo
…選択肢に含めるのはもう毎度のことです。今回も当然のよーに選択肢にイン。

・Citroen C4 Picasso
これまた一応、同メーカーのミニバンを、と思って検討に。巷から聞こえる声としては、ミニバン界ではかなり良い出来、というものから選定に。しかし当人からは『あまり興味が湧かない』という回答。この発言から、もうフランス車に未練はないんだな、と判断。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ds3_a1
デキが良すぎるAudi A1を乗り回した結果、どうなったか。

『DS3がとんでもなく霞む』という結論に。

比べるのが間違いなのはよーーーーくわかります。キャラは似ているが、生い立ちが全く違う。ましてやDS3なんてA1よりさらに生まれが古いモデルなんだから、そりゃそうだろ!ってオチになるんですが…

それにしても最新型の3気筒1.0L直噴ターボエンジンに7速Sトロニックはそれだけで非常に価値が高い。一方の我が家のDS3はダウンサイジング3気筒だけどパワー感は劣るし、ミッションなんか更に劣る。車体の剛性感、装備の内容、そして走らせての安心感…どれをとっても勝ち目がありません。唯一優っているとするならば、DS3の見た目と『独特な』雰囲気の乗り味。でもこれは趣味性が高いだけあって、実用性としてはあまり評価できるものではありません。

で、それをはっきりと悟ったのは私だけじゃなく…DS3のオーナーである我が家人も全く同感想だったようです。本人はもともと、ドイツ勢コンパクトカーには一定の拒否反応(※みんな乗ってる、オサレじゃない、真面目すぎるという、なんとなくなドイツイメージから来る反応)があったにも関わらず、1時間ほど乗って一気に形勢逆転、フランス車が安っぽいってのをはっきりと認識してしまったようで。

…うん。乗るべきじゃなかったな

と、同時に我が家の大問題?がいよいよ近づいて参りまして。何かと言えば、続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Audi A1_1
前回に続きレンタカーの話題。普段利用しているニッポンレンタカーさんが新たに今年よりスタートしたサービス『ヤナセ プレミアムカーレンタル』を利用して、以前から興味があったAudi A1 Sportbackを借りて600kmほど走り回ってみました。

A1といえば2010年に本国デビューしてから既に7年のモデルサイクルを経過した1台。デビュー当時は私も興味があり、実際にディーラーまで足を運んだ記憶がありますが、結局当時の感想は『やっぱりMINIのほうがいいなぁ』というものでした。その後、追ってすぐに5ドア版のSportbackが追加され、一気に街中を走る台数が増えた印象。その後かなり遅れてMINIも5ドアモデルを追加したことを考えれば、やはりAudiの戦略はそこそこ当たってた、と考えるべきか。

で、今回借りた1台は…借りてみてびっくりの1.0Lエンジンが搭載されているモデルということを知る。え?1.4Lでも1.2Lでもなくて??と思ったら、2年前のマイナーチェンジ時に新しく設定されたエンジンのようで。スペック的には3気筒の1.0L直噴ターボ。馬力は95馬力しかありませんが、我が家のDS3より排気量は少なくパワーは大きい、という点では最新鋭のダウンサイジングエンジンなんでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Exiga
Demio
個人的なネタは最近あんまり触れていませんが、現在の職業は…クルマで1日あたりおよそ300km、比によってはその倍以上の距離を走り回るような仕事をしております、ってのは先日の記事でちょっとだけ触れました。メインは高速道路移動ではありますが、北海道の片田舎が商売エリアなため、当然のことながら、山道峠道も走り回ります。

で、ありがたい?ことに、現在勤務している会社では『社用車』が用意されておらず、クルマが必要な都度、法人契約でレンタカーを乗り回すという、クルマ好きにはなかなか『ありがたい』仕事に就いております。…ってホントはそんなに甘い話じゃなく、契約したレンタカー会社(O社・T社)の関係で、ずーっと毎回カローラアクシオに乗っていた訳ですが。

で、最近、諸事情で既存契約のレンタカー会社以外に『ニッポンレンタカー』と契約することに。何が嬉しいかって、ニッポンレンタカー北海道さんは個人的最悪最低車のカローラ保有率が低く、その代わり、スバル車が多数用意されているということです。特に一番使用するクラスはインプレッサスポーツのEyeSightつき。このクルマに切り替わってからは、本当に移動が楽になりまして。

なかなか記事にしてきませんでしたが、ここ数年で借りてみたクルマとしては、こんな感じ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

5

前回の続き。

選択肢を5台あたりに絞り込んだ頃、消費税増税に伴うクルマ在庫の枯渇&納期の遅れがちらほらと話題になってきた。駆け込み需要に乗って買ってもどーせ8%施行後に対策値引が始まるだろうなぁなんて思ったりもしたんだけど、どのメーカーも鼻息荒く『今なら条件出しますよ』攻撃がハンパない。一度ガタっと落ちたユーロ為替も回復傾向。漏れ伝わる輸入車実質値上げの話。ん?これ、やっぱ早めに買ったほうがイイんじゃね?とも思ったり。

と、いうことで買い換え気分が加速。続きを読む

5

アコードを譲ることが決まったのが昨年11月。リミットは翌年(=今年)の8月まで。そこまでに決めれば良いかな〜悠長に考えていれば良いかな〜と思い、ふらふら〜っといろんなクルマを物色しておりました。

もう昔と違ってあんまりクルマばっかりにお金使うわけにもいかないので…ローンを組むとしても、月々の支払いが余裕な金額にしたい。でもそうなると選べるクルマは格段に少なくなってしまうというジレンマ。まぁまずは予算云々はあまり考えず、色々見てみようと思い、見てきたクルマは以下のとおり。

■国産車勢
・ホンダ フィット/オデッセイ(新型)
・スバル XV/フォレスター

■海外勢
・Alfa Romeo Giulietta
・Peugeot 208
・Citroen DS3
・Renault Kangoo
・VW Polo/Golf/Passat Variant
・Audi A1/A3
・Ford Kuga(旧型)
・Volvo V40 Cross Country/V60

と、まぁ…ジャンルもバラバラ、国籍もバラバラと何一つ統一感がない選択肢(笑)
あんまり国産車の選択肢がないのは、今現状で欲しい!と思えるクルマがほとんどないからです。今やホンダも買いたいクルマ、あこがれるクルマがない。残念だけど、ホンダ党から離党。その反面、最近のスバルは非常に魅力的。装備も欧州車に負けず劣らずどころか十分勝負できると思う。

ざっくばらんに色々みて、最終的には以下の5台に選択肢を絞る。

1)スバル XV
2)Volvo V40 Cross Country
3)VW Polo BlueGT
4)Renault Kangoo
5)Ford Kuga

続く。

IMG_0663

久々のBlog記事でまさかコレ書くことになるとは思いませんでしたが…今回、クルマを乗り換えることにしました。


事の顛末。
5月には走行距離が大台の10万キロを突破、6月には夏タイヤを昨年購入してほとんど使用していなかったBS Playz PZ-XCに交換、ついでに久々オイルも交換し、今月も弱っていたバッテリーを交換、とメンテナンスを怠らず、というよりもいつも以上にお金掛けて乗っていた矢先に…

お盆初日にエアコンコンプレッサーが故障しました。詳しい症状としては、エアコンコンプレッサーのマグネットクラッチが経年劣化で破損。こうなると…一切エアコンが使用できません。盆の入りの故障でディーラーもすでにお盆休み。北海道とはいえども毎日30℃オーバーの中、エアコンなしの運転は非常に神経がすり減った。その後、『BMW MINI エアコン 故障』で検索すると…R50/53型では結構おなじみなトラブルのようですが…これが部品代だけで10万円オーバーという何ともやりきれない故障。昨年、大物部品であるミッションやクラッチを交換したばかり。しかも車検も30万オーバーかけて取得したのに、また出費かよ!と思うと、正直『もうだめだ』と思ってしまったのが事実。ただ、ココまでやって来て、まだ乗れるだろ!と思ってもいましたが、今後間違いなく壊れる部品としてオルタネーターが控えています。これがまた修理交換費用がかさむパーツで、パーツだけで約13万円。すなわち、今後乗り続けることを考えると…少なくとも30万円の出費が確定ということに。

たかが30万円。されど30万円。
もうこれだけ乗り尽くしたんだから、乗り換えようか…。という結論になりました。

で、ここからが本題。
『何に乗り換えるの?』

P90055073_highRes
候補1)MINI Crossover COOPER S
4駆じゃないほうのクロスオーバーS。ホントは4駆が欲しいけど、価格が高すぎる。それに4駆のほうはちょっと車重がありすぎて機敏さがない。街乗りメインならCOOPERでも事足りるけど、欲しい装備をつけていったら価格差がなくなるのはCrossoverに限らないMINI乗り共通の悩みw

01_1024
候補2)VW Golf Touran ハイライン(新型)
最近行われたモデルチェンジで見た目が大きく変わったトゥーラン。ずっと『ミニバンなんて…』と思っていたけど、最近後部座席に人を乗せる機会が増え、やっぱり『大人4人がちゃんと乗れ+荷物が積めるクルマが欲しい』と思うと、これぐらいのサイズのクルマが欲しくなった。同じVWにはGolf Variantもあるけど、あっちはスタイルが好きじゃない。ということでコレ。

Renault Kangoo
候補3)Renault Kangoo
大穴。サイズがかなりでかくなって世間では『デカングー』と呼ばれているとかいないとか。確かに乗ってみると、旧型よりワンクラス上になっているから、デカイ。でもこのサイズには理由があって、欧州規格パレットをそのまま積載できるようにしたからみたい。そのわりにエンジンはちょっと非力で物足りないけど、装備とサイズの割に価格が安いのがイイ!

以前はVW Poloも考えていたけど、後部座席に人が乗ることを考えるとちょっと厳しいかな?ということで今回はパス。同じ理由で、R56 MINIもパス。普段はどーせ1人2人しか乗らないから2ドア・4ドアハッチバック車でもイイんだけど、大は小を兼ねるということで。2台持ち出来るのなら、絶対買いたいクルマではある。

ついでに、本当は来年6月の車検時に乗り換えを考えていたからこれからデビューするクルマにも候補に入れたいクルマがあったので紹介。

713696939887812606
間に合わなかった候補1)VW The Beetle
本国では既にデビュー済みの新型ビートル。当Blogでは何度も取り上げている1台ですが…日本導入は来年の模様。写真で見た瞬間こそ『…あれ?』って感じでしたが、見慣れるとすごくかっこよいだけに残念。

3957843177973421
間に合わなかった候補2)Mercedes-Benz B-Class(新型)
こちらも間に合わない1台。Benzはこれまであんまり好きじゃなかったけど、従兄弟が購入したW211 E350を乗ったときから『長距離移動するときはベンツが一番』と思うようになってきた。決して振り回して楽しむ1台ではないだろうけど、デザインもすてきだし、一度乗ってみたいと思う1台だった。本国で写真デビューしたばっかりだから、日本に入ってくるのは来年以降か。

と、選択肢を色々出してみたものの、やっぱり問題となるのは…(後編へつづく)

11012777751445076980

AutoblogWorldcarfansに次期VWニュービートルのテスト模様が掲載されています。『次期ニュービートル』は毎月何故か当Blogの検索ワード解析の上位に食い込むほどの人気ぶり。MINIネタのBlogなのにwでも実際、未だにニュービートル人気って高いみたいなんですね。特に女性の注目っぷりったら半端ない。MINIも人気なんだけど、私の周りの女性の方々、『ニュービートルが欲しい!』って言う方が結構いるんだよなぁ。で、皆揃って『いつか新車で買うんだ!』って言ってるんだけど…現行型もう終わりなのよね。。。

話が逸れた。さて、上に掲載した写真にある1台。パッと見、『なんだ?コレ?現行型弄ったやつテスト車か?』と思ってしまうスタイルですが、現行型から擬装のため移植されたライトやバンパーなどを除き、大まかなスタイルは以前書いた記事にあったように、屋根が低く平べったい、というか見慣れない不思議なスタイルに変貌。

11470857341119343388

横から見ると更に屋根の低さが際だって見えます。でも単にチョップドルーフに仕立てたんじゃなく、Aピラーの角度を立てて居住性を悪くしないように工夫されているんですね。…でもこのスタイル、なんだかビートルじゃなくて、Porscheみたいだなwまた、フロント回りが現行型に比べて平べったい印象。何でこんなスタイルに?と思っちゃうんだけど、おそらくは歩行者保護性能を上げた結果と思われます。

16551701681986523106

後ろから見た姿は何とも異様だけど、この角度が一番ビートルっぽいかも。現行型でよく指摘されていたラゲッジルームのサイズ不足はテールゲート開口部の拡大から見るにある程度改善されているようですね。それと、テストドライバーの運転姿勢から見るに、ダッシュボードの奥行きが一般的なクルマと同じぐらいの距離に改められているのが一目瞭然。現行型より運転しやすくなってるかも。

室内の写真はまだありませんが、外から見た感じでは結構広くなってるんじゃないか?って印象。特に後部座席はやっとまともに座れるスタイルになったよーな気がする。でもその分、全体的にちょっとデカいよね。。。全長かなり伸びてるっぽい。

Autoblog、Worldcarfans両方とも実車のデビューはもうすぐと記載されています。ロサンゼルス・デトロイトショーあたりが本命かな?個人的には…ずっと期待してた1台なんだけど、この写真見てちょっと『アレ?なんかビミョーだなぁ』と思ってしまいました。。。売れるのかなぁ。現行型の方が好きだって人、結構いそう。

このページのトップヘ