iPod touch

長年愛用していたiPod photoがついに寿命を迎えてしまいました。以前からバッテリーは死にかけ状態だったのですが、最終的にはどのPC or Macでも同期に失敗するようになり→リセットしても復元してもどーにもダメ→ご臨終。普段の生活においてiPodはかなり重要な地位(強いて言えば携帯よりも大事かなぁ)なので…iPodナシの生活は非常にツライわけで。

と、いうことで買い換えを決意!

選択肢としては、iPod classic 120GBを買うか、それともiPod touch 32GBを買うか、はたまたiPhoneを買ってしまおうか…と悩むこと数日、結局iPod touchを購入しました。本心から言えばiPhoneもかなり気持ちが揺らいだんですが、容量が16GBしかないことや通信キャリアがSoftbankということ等々考えたら、ボツに。今回購入したiPod touchは9月に発売されたばかりの通称『第2世代』モデル。第1世代との差は…独立したボリューム調整ボタンがついたことと、本体内に小型スピーカーが内蔵されたことぐらいしか差がありません。でも噂によると中身の性能が向上している…らしいですw

さて、使ってみた感想をやらを。

○photoと比較してかなり音質がよくなってる
○Wi-Fi使ってても意外と電池が持つ
○App Storeが楽しい
○オマケ的な内蔵スピーカーが意外と便利
×クリックホイールじゃないから曲のブラインド操作ができない
×やっぱり32GBじゃ容量が全然足りない
×ビデオ見られるのにDVDから落とし込もうという気が起きない

この中でも一番嬉しいポイントはやはり音質の向上です。初代nanoが出たころから向上しているという話は聞いていましたが…実際にかなり向上しているように感じます。それに加え記憶媒体がHDDではなくフラッシュメモリを採用していることから、シークノイズがイヤフォンに伝わらなくなったのも細かいことながら非常に嬉しい向上ポイントであります。

またApp storeに関しても、思っていた以上に便利で楽しい機能です。ただ、iPhoneと違い常時インターネット接続できないし、GPSが搭載されていないので、どこでも使えるAppが限られてくるのがちょっと残念なところでもあるのですが、ゲームやギャグ的アプリも多いのでちょっとした暇つぶしにはなります。ちなみに私はWireless GateのヨドバシプランとNTT docomoの公衆無線LANサービスに加入しているので、意外とあちこちで無線LAN接続して→SafariでネットしたりApp(Google Map等)使って調べごとしたりしてます。これ本当に便利。ほとんどPC&ケータイいらず。

不満点としては…クリックホイールがないのでポケットに入れた状態で曲の送り・戻し操作がしづらくなったことがひとつ。それから、SafariがFlashに対応していないことがもうひとつ。前者はサードパーティ製のリモコンを使用して対処していますが、後者はAppleがFlashを搭載してくれなければどーにもならないのでちょっと不便。最近のWebサイトはFlashが必須になっているところも多く、サイトによっては全く見られないところもあったり。ま、Flash必須にしているところも悪いっちゃあ悪いんだけど。あと、容量が32GBしかないのは…正直キツイです。特にいつのまにか増えまくった音楽ファイルが容量不足に拍車をかけてます。今までCDは基本的にAACの192Kbpsでリッピングしていたんですが、touch購入にあわせてほとんどの楽曲をVBRの128Kbpsに再エンコード。音質的にはちょっとアレですが、しょうがない。。。同様の理由で、ビデオファイル入れる余裕がありません。せっかくの大画面もこれじゃあなぁ。

副産物的なポイントとしては、意外とiPhoneの知名度が高いからか、touch持っていると『それ、iPhoneでしょ?』と言われること多数。パッと見ほとんど一緒ですからね。そーだよ!なんて嘘ついて→フォトビューア機能で写真見せたり、Youtube見せたりするともーすんげぇウケます。しかもショボい音質ながらスピーカーが内蔵されているので、机上に置いて音楽やYoutube流しながら集団で使うという使用法もなかなかイイです。ま、待てど暮らせど電話やメールこないんだけどさ、touchだからw

総じて、classic買わずにtouch買って正解だったな〜と思っています。でもやっぱり…どこでもネットできるiPhoneがいいかも。。。docomoで出てくれればなぁ。

Apple Store(Japan)