VW New Beetle

『あー最近クルマ乗ってない。久々に運転したい!』ということで乗ってきました。でも何故か今更新車でもなければ流行のクルマでもないVolkswagen New Beetleでございます。何で今更Beetleなのかと問われれば…単に『クルマ借りにレンタカー屋行ったらBeetleがそこにあったから』だけですけどw

…思い起こすこと5年前。当時、MINI買うのかそれともBeetle買うのかですんげぇ悩んだ時期があったんですが、結局Beetleはあっちこっちで走ってたからっつー理由で却下→MINIを購入した過去があります。それから5年。街でBeetle見たところで興味沸かないし、ましてや今更MINI売ってBeetle乗りたいなんて思うわけもなく。そんなある日、レンタカー屋でBeetle発見!→じゃあせっかくだから乗ってみるかという。Beetle乗りの方々に怒られそうなひどい動機。

VW New Beetle

5年ぶりに真面目に付き合ってみたBeetleですが…やっぱりもう古いクルマ化してるなぁというのが第一印象。同じVWでもBeetleのベースとなったGolfは1世代進化し→さらにもうすぐmk VIが出るというとこまで来てるのに…こいつは未だに昔のメカニズムを引っ提げある種独特の空気。エンジンは旧来の2L非直噴・パワー不足なやつだし、ミッションも今時なかなか出会わない4速AT、ドイツ車とは思えないタッチ感不足で貧弱なブレーキ。もうスペック見てるだけで『うわぁ…』と思えてしまうよーな内容。それだけじゃなく、外装だってマイナーチェンジで結構変わったと言えども見飽きた見た目だし、内装も品質こそVWだけどもう時代遅れ感タップリ。今更コイツを買う理由なんて…あるのか??なーんて一寸思うんですが、こんな熟成しきったクルマなのにこれがなんだか非常にイイんです。ユルさがイイのかなぁ〜。

VW New Beetle

MINIはリバイバル・カーの中では見た目・中身共にかなり良く出来ているとの評判ですが、こちらは見た目ばっかり重視したせいで室内狭いのにデカイというもうどーかしてる感全開。でもそれだけに、独特過ぎるキャラがなお光り輝いてるのかもしれません。…やっぱり改めて乗っても『欲しい!』とは思いませんでしたが、このクルマが多くの人に愛された理由がわかった気がします。あと、これは先代NEW MINIの最終モデルにも感じたことですが、長らく生産されているクルマなだけにかなり熟成の域に達しているようにも感じました。特に内装の『見た目』は別として、各所の造りや見た目品質は先代MINIはとても勝てないだろーなぁというところまで来ていると思います。

次期Beetleの噂がどんどん大きくなってきています。10年経っても販売終了にならないというのも…次があることを示唆しているのか?このキャラを生かして→MINIのように実用性をある程度持ち合わせて+最新のVWの技術をふんだんに取り入れた新型Beetleが出たら…すごく売れるだろーなぁ。ちょっとどころかかなり期待。