VW Scirocco Race Car

前回のVWミニカーネタに続き(まだ買ってない)、今回もVWネタ。まだ発売されていないVWの新型スポーツカー、シロッコがドイツのニュルブルクリンクで開催される24時間耐久レースに参戦するそうです。ニュル24耐の説明は昨年からメインスポンサーになったGran Turismoのサイトが詳しいのでそちらでどうぞ。

で、今回。まだ本国でも発売前のシロッコがこの舞台にあがることに。これは事前プロモーションとしても有効ですが、それに加えて貴重なデータ収集が出来るというのもポイントなんでしょうね。同じような事例として、今年はいつまで経っても発売の話すら出てこないLexus LF-A(トヨタF1参戦記念車として開発されたらしいけどF1の成績が奮わないから発売するタイミング逃したのか?w)も参戦するそうです。トヨタ嫌いだから全く興味ないですが。

VW Scirocco Race Car

レース仕様はロールゲージや牽引フックのようなレース専用装備は当然として、バンパーや大型リアウィングが非常にカッコイイ雰囲気をバンバン醸し出しています。カラーリング後のマシンには『R-Line』ロゴが貼られているところをみると、これと同じデザインのエアロキットが発売されるんでしょうねぇ。イイなぁ。スゲェイイなぁ。フェンダーはノーマルのママに見えるんですが、こうやって見るとまるで元々のノーマル状態がレースカーな雰囲気ですね。中身に関しては、Golf GTIと同じ2LのTFSIエンジンを300馬力までパワーアップし、それにDSGを組み合わせた特別なモノだそうです。…FFで300馬力ってどんなじゃじゃ馬なんだろうか?いろんな意味で想像不能。

しかも個人的に注目なのがこのマシンを駆るドライバー。シロッコは3台出走するんですが、そのうち1台、ゼッケン117号のドライバーには…何とあのWRC元チャンプ、カルロス・サインツが!いやーもうスゲェイイ!往年?のWRCファンとしてはなんだかうれしい気分。だって…サインツまだまだ現役なのね!と。しかし、何でまたVWからレースに?と思ったら、Race Touregでダカールラリーに参戦してた。普通に現役だったのね。どうも失礼しました。。。

日本ではイマイチ脚光を浴びていないニュル24耐ですが、個人的にはちょっと注目です。ちなみに以前はそれなりの台数がいた我らがBMW MINIですが、今年の参戦は残念ながら1台だけのようです。

Home - 36. ADAC Zurich 24h-Race