Fiat 500 Abarth

ジュネーブショー小型車祭。これが本丸か?と思う1台もデビューしました。Fiat 500 Abarthです。当初の予定では…昨年の東京モーターショーでワールドプレミアと言われていたんですが…フタ開けてみればノーマル500すら展示ナシという馬鹿げた…。まぁそのことはおいといて、市販版500 Abarthが初めて一般公開されました。

Fiat 500 Abarth

個人的なパッと見の感想は…うーん。。。Abarthらしいけど、ちょっと厳つすぎるかなぁ〜。大型化されたバンパー、はみ出してるんじゃねーか?と思えるぐらい馬鹿デカいホイール、Abarthの特徴である赤のアクセント…うーん。Grande Punto Abarthと同じテイストで仕上げられたのはわかるんだけど、ちょっとなぁ。そういう意味ではMINI COOPER Sってなかなかウマい仕上げ方に感じる。

Fiat 500 Abarth

リアは素直にかっこいいですね。ツイン出しマフラーなんかは完全に見た目重視なのバレバレだけど、こういう演出がまたイイ感じ。でもこのクルマは、外見より中身の方が気になるところですかね。500 Abarthに搭載されるエンジンは、1.4Lのターボエンジン。最高出力が135ps/5500rpm、最大トルクが18.3kg-m/2500rpm。更にSPORTモードにすると最大トルクが21kg-m/3000rpmまで向上するギミックも搭載。MINIもそうだけど、SPORTモードって必要なのか?だったら最初からそのモードにしておけばイイじゃん?って思うのは自分だけか。一方、内装は専用のスポーツシート、ステアリング、アルミペダルが搭載される程度の変更だそうです。

うーん。。。ノーマル500はかなりアンダーパワーだから、これぐらいパワフルな仕様の方がイイに決まってるんだけど…ノーマル500の美しさを見ちゃってるだけにこの外装はやっぱ抵抗あるなぁ。それに加えて、親分Grande Punto Abarthのスペシャルっぷりも見ちゃってるから…なんとなく期待はずれ。Grande PuntoならAbarth、500ならノーマルがイイ気がします。