Euro NCAP Fiat 500

日本法人が○○なのか、それとも日本法人のやる気がないのか、それとも(以下略)東京モーターショーに出展されなかったFiat 500・チンコチェントがようやく日本で発売になります。個人的には、ファンを無視したショボイマーケティングをするFiat Auto Japanが嫌いなだけで…Fiat 500は好きですからやっぱり気になる存在。一番興味があるのが、日本に入ってくる仕様と価格だったんですが、本日Fiat Auto Japanから正式に発売日と販売仕様・価格が発表されました。以下プレスリリースより。

フィアットオートジャパン、新型コンパクトカー「フィアット500」を販売開始

 フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:マウリツィオ ズアーレス)では、本年3月15日(土)より、フィアットの新型コンパクトカー フィアット500の販売を全国のフィアット正規ディーラーを通じて開始致します。

 今回販売が開始されるのは、総排気量1,240奸直列4気筒SOHC8バルブエンジンを搭載した、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション『デュアロジック』、3ドア、右ハンドル仕様としたフィアット500 1.2 8V ラウンジ(Fiat 500 1.2 8V Lounge)で、全国メーカー希望小売価格は2,250,000円(消費税込)としています。

 またあわせて、今回の新型フィアット500日本導入を記念して、特別限定ローンチモデルのフィアット500 1.2 8V ラウンジSS(スペシャルシリーズ)(Fiat 500 1.2 8V Lounge SS)の販売も開始致します。

 この特別限定ローンチモデルは、上記の標準仕様車にフロントフォグランプやクローム仕上げヒーテッド電動ドアミラー、ボディ同色サイドモール、フルオートエアコン、そしてリアパーキングセンサーの装備が追加されたもので、全国メーカー希望小売価格は2,330,000円(消費税込)、販売台数は200台限定としています。


■ダンテ ジャコーザ(Dante Giacosa)のデザインによる初代のフィアット500が発表されたのは1957年のことでした。当時は、戦後の荒廃からの復興サイクルが終了し、フィアットの製品レンジの大幅な変更が終わろうとしていた時期で、次の時代へ向けた成功サイクルへの道が開かれようとしていました。その後フィアット500は、人々の生活に深く溶け込みながらいつも時代とともにあり、イタリア自動車業界の象徴的な存在であり続けたのです。

 それからちょうど50年後の昨年7月4日、新型フィアット500は、フィアットの本拠地であるイタリア・トリノで発表されました。イタリア人の創造性が生み出した親しみやすくオリジナリティあふれるデザインと、高い快適性能と安全性能が融合した新型フィアット500は、単に自動車というだけではなく、フィアットの新たなる飛躍を象徴するものであり、インダストリアルデザインの歴史においても重要な意味を持つマスターピースとなりうるものです。

 2004年のジュネーブモーターショーで賞賛を浴びた『3+1(トレピューノ)』コンセプトカーを進化させて生まれた新型フィアット500は、完璧な自由を車に求め、日常用でありながら楽しくて実用的、環境に優しく価格はリーズナブル、その上チャーミングで愉快な車を求める人にとって最も新しい回答となります。新型フィアット500は、ヨーロッパのカー・オブ・ザ・イヤー2008の受賞をはじめ既に19もの賞を受賞しています。(2008年1月現在)

■フィアット スタイルセンターで設計され、ポーランドのティヒ(Tychy)工場で生産されるコンパクトな3ドアモデルの新型フィアット500は、オリジナルモデルが持つ個性を僅かでも損なうことなく、当時そのままのフォルムをアップデートし最新のフォルムに作り変えられています。やわらかく丸みを帯びたボディラインが印象的な、まるでおてんば娘のようなそのルックスは、ドライバーや街行く人の表情を和ませることでしょう。

 サイドビューでは、前後のオーバーハングを最小限とし、ボンネットを短く造形したことで、聡明な感じのする魅力的な形状となりました。フロントエンドは、最近のフィアット モデルに共通するイメージと、初代フィアット500の特徴的な要素が融合しています。たとえば、円形の上側ヘッドライト(ロービーム)と、下側ハイビームとの組み合わせや、横に伸びたひげ状のアクセントライン中央に配されたエンブレムなどは初期モデルの面影を強く残しています。

 一方リアエンドには、自転車のサドルを思わせた初代フィアット500のナンバープレートランプホルダーのモチーフを再現した、クローム仕上げの大型テールゲートハンドルを配しました。

■新型フィアット500のキャビン構造は、歴史あるフィアット500にインスピレーションを得たデザインの中に、現代の人間工学が様々な形で凝縮されたものとなっています。コンパクトなボディーサイズながらも大人4人がゆとりをもって座れる室内では、室内全体を取り囲むような大きな円形のシェイプにより、快適でしかも守られているような空間が作り出されています。

 また、昔を思わせる数々の要素は現代風にアレンジされ、クロームのアクセントやインストルメントパネル部に配置された操作性のよいシフトレバー、見やすい一体型メーター類、初代フィアット500のインジケーターやレバーをイメージしたスイッチ類など、細部にまでこだわりをみせています。

 そして使い勝手のよい収納を随所に配置し、よき時代のシンプルさが強調されながらも機能的な空間としています。ラゲッジルームの容量も185リッター(後席バックレスト格納時最大で550リッター)とし充分なスペースが確保され、リアシートは便利な分割可倒式としました。

■新型フィアット500には、活気にみちた動力性能を発揮する最新型のエンジンが搭載されています。このエンジンは優れた低速トルク出力特性を誇り、使いやすさやパフォーマンス、燃費経済性、いずれの点でも高い仕上がりをみせています。加えてこのエンジンは徹底した環境への配慮がなされており、最新排ガス規制のEuro4をクリアしているのみならず、2009年より実施が予定されているEuro5にも対応できるようになっています。

 このエンジンには、日本市場の特性にあわせてATモード付5速シーケンシャルトランスミッションの『デュアロジック』を組み合わせました。『デュアロジック』では、クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと自動変速のオートマチックモードと2つの走行モードが選べるようになっています。

 さらにオートマチックモードのなかには、燃料消費量をさらに少なくするための最適な自動変速制御を実行するエコノミーモードも備わっています。もちろん『デュアロジック』では、AT限定免許の方でも安心してドライビングが楽しめます。

■新型フィアット500はきわめて高い安全性を誇っています。このクラスでは初となる7つ(2つのフロントエアバッグ、2つの前席サイドエアバッグ、2つの前席ウィンドエアバッグ、そしてクラス初となる運転席ニーエアバッグ)ものエアバッグや、バックル側に加えリトラクタ側も引き込む構造の、乗員拘束効果がより高いダブルプリテンショナー式の3点式フロントシートベルト(ロードリミッター付)を標準装備とし、また専用のフロントエンド構造の採用とともにボディシェルは、最新の衝突安全基準を満たすように設計されました。

 この車はEuro NCAP衝突安全(乗員保護)テストで最高ランクである5つ星を獲得しています。また最新世代のESP(エレクトロニック スタビリティ プログラム:電子制御式スタビリティコントロール)、ASR(アンチスリップ レギュレーション:駆動輪空転防止機能)、MSR(エンジンブレーキ トルクコントロール)、緊急ブレーキ時に作動するHBA(ハイドローリック ブレーキアシスト)、坂道発進を補助するヒルホールドシステムなど、車の動的走行安定性へのコントロールを補助する最先端テクノロジーを数多く備え、またパニックブレーキをかけたときに自動的にハザードランプを点滅させるESS(緊急制動表示機能)もフィアット車では初めて標準装備しました。

 このほか、状況に応じて操舵力が選べるデュアルモード式電動パワーステアリングシステムやドライバーにとって役立つ数多くの情報を提供するマルチファンクションディスプレイ、開放感あふれる車内空間を創出するガラスルーフ(固定式)を装備するなど、快適性能の充実も図られています。加えておしゃれな多種のキーグリップカバーやステッカー類など、オプションのオリジナルアクセサリーも充実させました。

■全国のフィアット正規ディーラー80店では、2008年3月15日(土)と16日(日)の2日間、『FIAT 500 フェスタ』と称した新型フィアット500のデビューフェアを開催致します。
と、いうことで…とりあえず日本に入ってくるのは1.2Lエンジンに2ペダルMTを搭載したLoungeだそうです。Loungeは本国では一番高級なグレード。それに、やっぱり2ペダルMT。ま、日本仕様らしいっちゃらしいんだけど。聞く話では遅れて1.4LのMTが入ってくるとか来ないとか。やっぱりどーせ乗るなら1.4Lモデルが欲しいところ。欲言えば、本国に存在する1.3Lターボディーゼルが入ってくれば言うことナシ。

ただ、値段がかなり魅力的で現実的だなぁと思ったり。1.2Lのデュアロジックで225万円ってのはこのご時世かなり努力した結果ですね。フォグやフルオートエアコン、リアパークセンサーが付いた特別仕様車に至っては233万円。…利益出んのか?って世界wこの価格にFiat Auto Japanの本気と良心が見えましたので、前言撤回、応援します!…エラソーに良く言うよ。1.4Lモデルは後にってことで、どうせやるなら装備がほとんどついてない1.2LのPopでMTなんて導入したらすごいね。確実に200万円を切る価格で出てきたりして。雰囲気だけでイイ人には馬鹿ウケしそーな気がするんだけどなぁ。

とりあえず、日本専用?の限定モデルはたった200台の設定なので…すぐに予約しないと即完売な予感。気になる方は今すぐディーラー行って手付金払ってくる方がいいかもしれませんね。とりあえず私は、正式発売後に試乗して来ようかと思っています。