Peugeot Partner

Citroen Berlingo

Renault Kangooの最大のライバルである、Peugeot PartnerとCitroen Berlingoの新型市販版モデルが本国でフォトデビューしました。どちらもスタイルは典型的なバンタイプですが、Peugeot版は207に通じるフェイス、Citroen版もC4 Picassoに通じるフェイスになり、非常に魅力的に仕上がっています。と、言っても…両者とも日本には正規輸入されていないクルマですから知名度はゼロに等しいんですが。。。

Citroen Berlingo

ちなみにこれ↑が旧型モデル。Renault Kangooのように商用車だけど面白味のある外観。搭載されているエンジンは1.4Lガソリン(75馬力)と1.4L NGV(65)、1.6Lディーゼル(75・95)の3種。サイズはKangooと似たモノに仕上がっています。4駆仕様も用意されており、そちらは外観もオフローダー風に仕上げられています。(上部写真・新型Partnerに似た感じ)日本国内には正規輸入されていませんが、一部業者により並行輸入されている模様。私は2度ほど実物を見たことがあります。

それに対して新型は、110馬力(1.6L?)のクリーンディーゼルを搭載。まだ他のエンジンラインナップは発表されていませんが、恐らくガソリンエンジン仕様も用意されることでしょう。室内の写真はまだ公開されていませんが、頭上収納や折りたたみ収納可能な助手席など、商用モデルらしい数々の工夫が施され、果てには「C4 Picassoの弟分」的扱いになるようです。新型が日本国内に入ってくるかどうかはわかりませんが、このスタイルなら日本でも乗用モデルとして人気が出そうな気がする。もちろん、入れるならディーゼルモデルが欲しいところ。やっぱり欧州の商用車は魅力的だなぁ〜。

Citroën C-Reveal(新型Citroen Beringoのサイト)