New Honda Fit

2008 日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考結果が出ました。今年のイヤーカーはホンダ・フィット!レジェンド以来のイヤーカー受賞。フィット好きの私としてはうれしい結果だなぁと思いつつ、まぁ今年の接待バトルはホンダが優勝したのか、と思ったり。。。その他の結果は、

インポートカー部門:メルセデスベンツCクラス
Most Advanced Technology部門:VW Golf TSI
Most Fun部門:三菱 ランサーエボリューションX
Most Value部門:ダイハツ ミラ

となりました。新型MINIは残念ながら10ベストカー選出時点でランク外、兄弟(?)のPeugeot 207も10ベスト入りしたものの落選でした。MINIはあれだけ売れてたクルマの2代目なんだし、ましてや207が入るならコッチだろと思うだけに、ちょっと残念です。

フィットの勝利は…まぁ普通に考えたら順当な結果か。去年レクサスだったし。実際、今年のトヨタは目立ったビッグネームの新型車が無かったし、三菱・スバルのラリーカーバトルは若干押し弱いし、フィットのライバル・マツダデミオはライバルのRJCイヤーカーに選ばれたからナシということで…。一方、ベンツが総合2位につけたのはなかなか意外ですね。個人的には、VWのTSIエンジンがMost Advance Technologyに選ばれたことが非常に大きいですが。間違いなく今年の新技術で一番光り輝いていましたから。ま、ベースはもう末期のクルマだからイヤーカーになる程の実力なかったけど。

来年はクラウン・GT-R・アコード・アテンザあたりの勝負かな。MINI Clubmanも10ベスト入りすることを願う。


さて、ヨーロッパのほうでもカーオブザイヤーがあります。そちらの方の結果は…

Euro NCAP Fiat 500

これでした。特にコメントなし。東京モーターショーの一件があってからホントに興味無いクルマになりましたので。クソフィ○ットジャパンは…『ヨーロッパカーオブザイヤー受賞車』って触れ込みで売りに出すんだろうねぇ。どーでもいいや。