VW Golf TSI

友人TのGolf TSI購入記。…いやぁ〜、最後の最後でデカいネタが釣れました。彼が『是非Blogのネタにしてくれ』というので、綴ってあげようと思います。で、このネタ。そりゃあもうビッグネタ感謝祭。これを記念(?)して、今までの顛末を含めてさまざまな『事件』3回にわけてお送りします。

今回のシリーズのメインは、皆様もクルマを購入する際必ずお世話になるであろう『ディーラー』と『セールスパーソン』のお話です。クルマは非常に高価な買い物ですから、当然、信頼のできるディーラーやセールスに当たりたいのが誰もが抱く願い。しかし、当たり外れは確実にあります。当たれば非常にハイ・クゥオリティーなクルマ生活を送ることが出来るでしょうが、逆に外れればそれはもう最悪なクルマ生活となることでしょう。

良いディーラー&セールスと悪いディーラー&セールス。私がMINIを購入したディーラーと担当だったセールスは非常に良かった。もちろんそれは私が実際に数軒のMINIディーラーをまわり、一番好感の持てたディーラー&セールス氏をチョイスしたからに他ならないですが。良い方と巡り会えたおかげで、非常に良好なMIINI生活を送ることができました。

が、友人Tはこれとは正反対のようです。

先に申し上げますが、今回の記事は、友人Tとはかなり密な連絡を取り合い、そこで判明したことをベースに書いております。が、無用な語弊やトラブルが起きるのは嫌ですので、あえてどこのディーラーの何というセールス等、相手側の不利益になるようなことは伏せさせていただきます。もちろん、誹謗中傷する気は毛頭ございませんので。伏せる限り、これが『ネタ』なのか『真実』なのかはお読みになる皆様ご自身でお考え下さい。では、どうぞ。

★トラブル其の壱…代車の任意保険問題の巻

(※この話までの経緯はこちらです。あらかじめ読んでおくと一層楽しめます)

彼は6月から地方勤務(=自動車通勤)が確定していたことから、購入時の条件として、6月までに納車、もしくは納車される8月までアシ車を貸し出して欲しいという条件。ま、これは人のアドバイス聞かずどうせ買う気あるはずがない某クソヨタのブレイドやマツダのアクセラを商談しちゃって、さっさと契約しなかった彼が一番悪いという話ではあるんですがwその件はとりあえずおいといて、今回購入先のVWディーラーは後者の条件を提示。で、6月から代車を貸してもらえることが決定。そこまではよかったのです。

で、代車として来たのは↓コレ

Golf Variant

(※写真はイメージ画像)
ボロボロの赤いゴルフ3GLiワゴンでしたwもっとまともなクルマが来るかと思ったら、汚ねぇゴルフワゴンwちなみに普段は車検や点検時に貸し出されるクルマだそうです。車検を受けた直後のクルマだそうですが、かなり走行距離が多く、バンパーは傷だらけ、内装ボロボロ、パワーウィンドウ故障中の代物でした。まぁ貸してもらえるだけマシか。Nicoleはどんな時でも代車出なかったし。

ここまでは良かったのです。しかし、代車の納車当日。担当セールスは約束の時間を大幅に遅刻。しかも大遅刻の末届けられたボロゴルフワゴンは『汚れ放題』の代物でした。その時点で、彼はちょっとだけ怒りを覚えます。『ふつうであれば、ボロい代車とはいえお客様に貸し出すものなんだから…せめて洗車ぐらいするだろう』と。まぁ、確かにそう思うよな。レンタカーだって借りる時に泥だらけだったら嫌だもんな。あ、レンタカーとは訳が違うか。ま、うちのNicoleさんは代車が(略)

しかし立て続けにそれよりも大きな問題が発生。
彼はこの代車が当然、任意保険に加入しているもんだと思っていたそうなのです。
が…実際は、

任意保険未加入車

だったそうです。そのことが判明したのは貸し出しを受けてから数日経ったある日、会社で通勤車両の任意保険加入チェックが行われた時です。彼は『当然加入しているもの』だと思い、ディーラーに保険証書のコピーを送ってもらう旨の電話をしたところ、無加入であることを告げられました。その時の彼の心境はまるで『社会保険事務所で覚えのない年金未加入を告げられた』ようなものかw

実際には、ディーラーの代車でも保険未加入車があるのは珍しいことではないようです。その場合、もしも事故を起こした際は自分が加入している自動車保険を利用することになります(※ただし加入条件によっては利用できない場合もあり。要確認!)もちろん、代車それぞれが加入していたり、一括して加入しているディーラーが大多数のようですが。レンタカーが代車として貸し出されている場合は間違いなく保険が掛けられています。

まぁ、もっとも、これは友人Tの確認不足という点もありますから、必ずしもすべてディーラーが悪い訳ではありません。ただ…彼は初めてのクルマ購入だということや、その時点でクルマを所有していない(=自動車任意保険契約を結んでいない)ことはセールスが知っていることですし、さらには毎日クルマを通勤で使用することもわかっていたはず。代車貸し出し時に『このクルマは任意保険に加入していませんから、必ずご自身で加入してください』と一言があれば…彼がディーラーに不満や不信を覚えることはなかったでしょう。。。ちなみに、ディーラーによっては保険未加入の代車を貸し出す場合には必ず念書を書かされるパターンもあるようです。もちろんこれは後に何かあった際のトラブルを防ぐ、ディーラーの自己防衛的な意味合いが強いですが。私個人としては、そこまで気配りできてから初めて『ディーラー』と呼べるなぁなんて思ったり。

■教訓:代車の各条件は貸し出し時必ずチェックすること。

…私の場合、ディーラーに限らず、他人のクルマを借りるときには必ず保険を調べるようにしています。何故って?それは…今まで保険にお世話になることが多かったからです。。。もっとも、ほとんどが不運なもらい事故ばかりですけど。


次回に続きます。
予告:★トラブル其の弐…待てど暮らせど連絡が来ない!の巻