FOMAカード

今朝の読売新聞に気になる記事が掲載されていました。
識別番号同じ「クローン携帯」不正使用をドコモ初確認
 NTTドコモの第3世代携帯電話「FOMA(フォーマ)」から抜き出したICカードを、別の携帯に差し込んで「クローン携帯」を作る手口で、中国など海外から不正使用したケースが少なくとも6件あったことがわかった。

 ドコモはこれまで、「クローン携帯の製造は技術的に不可能」としてきたが、社内調査で存在が確認された。

 ドコモは、この6件で通話料を過大請求されたユーザーに計約26万円を賠償し、再発防止のためシステムを改修したという。

 クローン携帯による不正使用について、ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルはこれまで「不可能」としてきた。しかし今回、初めて確認されたことで、ドコモは公式見解の撤回も含め検討している。

 ドコモによると昨年9月、「知人にかけたら外国人が出た」との問い合わせをきっかけに調査を開始。日本と中国でほぼ同時に通話したことになっているなど不自然な通話記録が見つかり、2005年8月〜06年2月の間の、中国、フィリピン、ガーナでのクローン携帯使用が確認された。

 FOMAのICカードには、所有者を識別する15ケタの番号が割り振られているほか、認証のための各種情報を暗号化して記録している。すべての情報が一致した場合だけ交換機が通話を受け付けるため、ICカードを別の携帯に差し替えるだけでは使用できない仕組みとなっている。

 今回確認されたクローン携帯では、いったん解約されたFOMAのICカードが使われていた。しかし、中国などの電話会社の交換機は、各種情報をすべてチェックする設定になっていなかったため、通話が出来てしまったという。

 また解約されたFOMAのICカードの識別番号は、解約後2年程度で「再利用」されるため、不正通話による料金が別人に請求されていた。

 ドコモでは今のところ、不正使用者の特定や、刑事告発などは行わない予定という。

 ドコモは今年2月、数億円をかけて国内システムを改修したとしている。また解約されたICカードの識別番号は再利用せず「使い捨て」にする方針。
ちょっと前に話題になった『クローン携帯』。当時、携帯各社は揃って『技術的に不可能』と説明していたはずなのに…実はできちゃった、という話です。

気になるのが、全て海外で不正利用されていることでしょうか。ドコモのICカード(=FOMAカード)は海外で現地の電波方式向け携帯端末に差し込めば、現地で日本にいるときと大きく変わらない状態で通話やメール、Web閲覧等が出来る『国際ローミング機能』を利用できます。しかし、国際ローミングを利用すると、通常より高額な料金が発生してしまいます。日本にいるときの感覚で通話やパケット通信を行うと…あとでとんでもない目に…ということもありがち。と、いうことは、海外で不正利用されるととんでもない額が請求されることだってありえるから恐ろしい。

記事中にはドコモが不正通話の事実を認め、不正利用分の請求代金の返還を行ったとありますが…不正利用者の特定は行わないとも書かれています。ってことは今後も起こりうる事象だということですか。気をつけなきゃ。