E3c

またまた修理ネタ。

今度は先月修理に出したイヤフォンが戻って来ました。修理結果は…『新品交換』。それなのに1ヶ月も掛かるって…どんなですか?(汗)昨日、ビックカメラ新宿西口店から電話が来たので早速今日受け取りに行って来ました。

さて、どーして新品交換対応で1ヶ月も掛かったんだろう?そんなにHIBINOの対応が遅いのか?とものすごく疑問に思ったのですが、その疑問は修理明細を見てすぐに解決。HIBINOから来た修理明細に書かれているお客様名には…私の氏名ではなく『完実電気株式会社』と記載されていました。ってことはおそらく、

1)ビックカメラに修理依頼
2)何故かHIBINOに直接行かず完実電気に移送
3)完実電気からHIBINOに移送(で、以下その逆

という不思議なルートが想像出来ます。HIBINOの明細には『修理受付日:11/1(この時点で半月経過)/修理完了日:11/7』と記載されています。まぁ結局HIBINO自体の対応も遅いってことですかね。。。Shure製品をお持ちの方は『修理は1ヶ月掛かる』と覚悟したほうが良いかもしれません。それとも、ただ単にビックカメラの購買ルートが特殊なだけでしょうかね?1ヶ月も待たされるのであれば、お金に余裕さえあれば他のものに買い換えちゃうのもアリかもと思いつつ。。。

じゃあ悪いことばっかりか?と言われると…実はかなり得しました。と、いうのも、修理に出したのはイヤフォン本体のみ。でも今回受け取ったのは、保証書だけ添付されていない製品セット一式。ってことで、イヤフォンチップが丸々一式増えましたwチップ一式の価格はそれほど高くはないでしょうが、気分がいいです。まぁこれだけ待たされたんだからそれぐらいサービスされてもいいわな。

ってことで、またエージング強化週間の始まりです。