Firefox 2.0

インターネットを閲覧する上で必ず必要なのがウェブブラウザ。WindowsではもっぱらInternet Explorer使いなのに…Macでは標準のSafariではなくFirefoxを使用している私。普通に使用する分にはどのブラウザも大差ないのですが、マニアック(?)な使い方をしたい人にはそれなりにマニアックなブラウザが必要となります。

とは言え、Windowsの場合結局のところはIEに頼らないと色々と問題があります。しかしながら、Macは比較的どのブラウザを使っても全然OKなので…私はiBookを手に入れた直後からずーっとFirefoxに頼っています。標準のSafariもなかなか使えるやつなのですが、どーしてもGoogle Toolbarを使用したい私にとって、Safariは好んで使用するブラウザになりません。

その普段愛用しているFirefoxがメジャーバージョンアップ。2.0に進化しました。大まかな変更点は主に操作系が中心。特に、タブブラウザ関連と標準の検索機能関連、メニュー等のデザインが一新されました。その他には、フィッシング詐欺サイト警告機能の追加やフィード関連の機能追加などなど。

個人的に一番良かったのが、プルダウンメニューにアイコン表示機能がついたこと。今まではブックマークプルダウンメニューを開いてもブックマークのタイトルしか表示されず、それがフォルダなのか、それともブックマークなのかわかりづらいという欠点がありました。Safariの場合、プルダウンメニューにはすべてアイコンが表示されていたので…そこだけはずーっと不満に思っていたポイントでした。でも今回のメジャーバージョンアップにより、プルダウンメニュー全てにアイコンが表示されるようになり、ほぼSafariと遜色の無い操作性がもたらされました。これ、マジで待ってました!ワンダホー!

それから改善されたのがタブ関連の仕様。今までは各タブに『閉じる』ボタンがなかったのですが(※アドインのTab Mix Plusを入れればクリアできた)今度からは標準で閉じるボタンが追加。これもビギナーユーザには利点アリでしょうか。ただし旧バージョンでタブ関連アドインを入れた状態よりは機能の多様性が足りないのでちょっと不満な部分もありますが、これはアドインが2.0対応になればなんとかなるだろうから、あまり問題とは思っていません。

標準の検索機能に関してもかなり強化されたようで、今度は自由自在に検索エンジンを追加・削除できるようになりました。(でも、これも昔からアドイン入れれば何とかなっていた)ただ私は、前出のようにGoogle Toolbar愛用者なのでこれもあまり関係なし。便利になったのは認めるけど。

さてさて、WindowsにおけるIEは、バージョンをあげるごとにもの凄く重くなるという致命的で初歩的な問題があるわけですが…こちらMacにおけるFirefoxは2.0になっても今のところものすごく快適に動作してくれています。ただ、まだ新バージョンが出たばかりのため、ブラウザの見た目を変更するテーマアドインや各種機能アドインが対応していないという問題もありますが、これらも後に2.0対応になってくれるでしょう。それと…未だにAquaインターフェイスに対応していないビジュアルはどう頑張ってもSafariに負けてます。まぁこれももうちょっとしたらAqua風インターフェイス改造バイナリが出回るでしょうから、待っておきます。

欲を言えば、Safariがもっと高機能ならいいんですけどねぇ。。。ちなみにFirefox開発ロードマップには、来年の第1四半期にも3.0がデビューと記述されています。早いねぇ。

Mozilla Japan - 次世代ブラウザ Firefox とメールクライアント Thunderbird の公式サイト: