Shure E3c

以前購入したShure E3cが見事に壊れてしまいました。。。扱い方が悪いのか、はたまた運が悪いのかよくわかりませんが、耳に挿入する部分が取れちゃうようになってしまいました。よーく見ると、プラスチックが欠けてしまっています。高級イヤフォンのはずなのに、ちょっと造りがチャチいなぁ。このままだとポロポロ取れてしまうので不便。

…買い換えか?と思ったんですが、まだまだ保証が効いているので今回は修理に出すことにしました。Shureの修理は購入した店頭でしか受付していないそうなので、わざわざ新宿のビックカメラへ。面倒だ。。。

で、修理に出したのが今週の頭。ビックカメラ店員の話では、Shureの修理部門は混雑しているらしく(ってことはそんなに壊れやすいのか?w)大体3週間〜4週間掛かるとのことでした。

ってことで今は久々に↓これ使ってます。
Apple iPod In-Ear Headphone M9394G/Bです。これはiPodを購入した直後から愛用しているイヤフォンです。iPodに標準添付されているApple純正イヤフォンと違い、こちらはカナル型。音質も全然違います。そして、あの特徴的な白いケーブルやネックレス(?)式のケーブルはそのまま。他にも色々なメーカーのカナル式イヤフォンを購入しては使用してみたんですが…iPodと一番相性がよかったのはやっぱりこれでした。

E3cに慣れた耳で久々にApple純正カナルイヤフォンを使用すると…こちらの方が低音域がしっかりが出ていることに驚かされます。かなりキテます。しかし、高音や小さな音の明瞭感はやっぱりE3cには及びません。遮音性に関しては、確実にE3cの勝ち。Appleカナルはどのイヤーチップを使用しても遮音はあまりよくありません。と、言うより慣れればそれなりにちゃんと装着出来るようになるんですが、それでもやっぱりかなわない。見た目(見せ目?)に関してはやっぱり純正の白ケーブルは捨てがたい。

結論としてどちらが好みか?と言われると…結構両者の力具合が微妙なんだよなぁ。E3cの低音不足はある程度イコライザを弄ればいい感じになるんですが、それだったらAppleカナルもイコライザ弄れば高音をある程度ハッキリさせることが可能ですからねぇ。要はどちらもイコライザ頼りなんですよねぇ。そこで気になってくるのが、iTunesではオリジナルイコライザカーブが使用出来るのにiPodは使用出来ないこと。これは改善して欲しいなぁ。

…話は逸れましたが、そもそもE3cは原音を忠実に再生するイヤフォン、AppleカナルはiPod専用に作られたイヤフォン。こう考えると『普段iPodで聞く』には純正が適しているのかもしれません。両者の価格差はかなりあるんですけどねぇwww