RMIP-605

Carリモコン for iPod RMIP-605

iPod関連製品を物色していたら、なかなか良さげなモノを発見したので購入してみました。サン電子から発売されたばかりの車載用リモコンです。

My MINIのiPod接続はBelkin Auto Kitを使用しカーナビのVTR入力にLINE接続、そしてカーナビからIP-BUS接続を通じヘッドユニットで音楽を再生するようにしています。本当であれば、今や一般的となったiPod対応ヘッドユニットを導入すれば…こんな迂回しまくりの接続をしなくてもいいし、ヘッドユニットを操作すればiPodが操作出来る機能もつくのですが…予算が。。。

結局、曲の操作はカップホルダー部に設置したiPodを使わなければなりません。これ、停止時は何ともありませんが、走行時はかなり無理があります。ブラインドタッチで曲送り・戻し、一時停止・再生ぐらいは可能なんですが、アルバムの選択に関しては画面を見る時点で不可能。と言うよりれっきとした違反行為。

そんなんで『何かいい方法ないかなぁ〜、でも安上がりな方法で!』と思いずーっと色々と探し続けていたら、やっと今回購入したサン電子のCarリモコンに出会ったという流れです(前置き長いなw

まず魅力なのがその価格。4,000円でお釣りが来る価格なのでコストパフォーマンス高し。それよりもこの製品の良いところは『アルバムスキップ機能』が搭載されていることでしょうか。アルバムスキップ機能とは読んで字のごとく、アルバム単位で送り・戻しが出来るすばらしい機能のことです。これのお陰で、iPodが多連装のCDチェンジャーのような使い方が出来ます。この機能があれば、画面を注視しなくてもアルバム操作が出来るのでまさに車載向き。が、この機能…色々と難が。この件に関しては後ほど。

リモコンの接続はDockコネクタを使用します。ただし、このリモコン単体ではFMトランスミッター機能やシガーソケット充電機能を持っていません。その代わり、Dockコネクタを2重接続出来るようになっているので、今持っている接続ケーブルやFMトランスミッターを使用出来ます。恐らくこの2重接続仕様は既にケーブルやFMトランスミッターを持っているユーザが多いことを考慮した良心的なモノなんでしょう。ただし、余計なケーブルが増えるので見た目のスマートさは悪いんですけどね。

リモコン部は黒のプラスチック。見た目はちょっと昔の純正カーオーディオ操作部のような感じですが、大きなボタンなので操作しやすい印象。ただ、ちょっとチープ。また、充電出来るケーブルを接続するとグリーンのLED照明が点灯し夜間の視認性がアップします。それに加え、キーON時の自動再生開始機能も使えます。

さて、前出のアルバムスキップ機能。何が難アリなの?という話ですが…実はこれ、再生中の音楽グループに複数のアルバムがないと動作しないようです。ちょっとわかりづらいですが、iPodのメニューで『ミュージック』→『アルバム』→『個別のアルバム』を選択しちゃうとアルバムスキップ機能は働きません。すなわちアルバムスキップ機能を使用したいのであれば『ミュージック』→『アルバム』→『すべて』を選択しないとダメ。
『それのどこがダメなの?』と思われそうですが、私のiPodにはアルバム数で286も入っているので…アルバムスキップ機能を使用してお目当てのアルバムまでたどり着こうとすると、かなり時間が掛かってしまうのです。。。

と、思っていたらアルバムスキップ機能は『アルバム』メニューだけでなくプレイリストでも機能するようなので、よく聞くアルバムだけを集めたプレイリストを作っておけばいいらしい。うーん。ちょっと面倒だけど、まぁこれが一番スマートだよな。でも、ちょっと難アリだけどやっぱりアルバムスキップ機能は便利です。曲名の表示や細かい操作さえ諦めれば、iPod対応ヘッドユニットを買わなくてもこれで十分だと思います。iPodに収録しているアルバム数が少ない方なら、うちのような悩みもないでしょう。

リモコン設置場所

全景装着風景をUPしました。

ちょっとわかりづらいですが、センターメーター下部にリモコンを設置。MINIの場合、平面な箇所が少なく必然的に設置箇所が限られてしまいます。My MINIの場合、空きスペースはセンターメーター下部しかありませんでしたが、工夫すればもっと使いやすい箇所に設置出来そう。配線はセンターコンソールのピラー部を外し、そこに通したことで見た目ほぼケーブルの存在が隠れています。出来ればもっとバラしてカップホルダー周りの配線も隠したいのですが、今後iPod設置場所も工夫しようと思っているのでその際加工するつもりです。