K20A

実家で活躍中のホンダ・ストリーム(初代)さん。

…かわいそうに、全然メンテナンスされてませんw

このクルマの詳細はこの記事を見ていただくとして、それにしてもどーしてこーして?と思うぐらいメンテナンス放置プレイ状態になっていました。思えば今年に入り、業販で利用するGSがJOMOからENEOSに変更になったのが運の尽き、今まで勝手にやってもらっていた各種油脂類の交換が、一気に放置状態へ。My MINIの過保護っぷりを考えるとこちらのストリームさんは本当に悲劇としか言いようにありません。

最近になって、どーもエンジンがうるさいし回らないなぁ〜?なんて思いつつ、なんとなーく嫌な予感はしていたんですが、ドアピラーに貼られていたオイル交換キロ数ステッカーを見ると…なんとビックリ、10,000km近く放置プレイされていました。幾ら『ホンダの新世代スポーツエンジン』とは言え…そこまで放置しちゃあいかんでしょ。(一応、あのインテRやシビックR、アコードユーロRと共通のエンジン。チューニングは全然違うけど。上部写真はスポーツチューニング版のやつで、ストリームに載っているエンジンではありませんw)

気になったのでネットで調べてみると、ストリームのメーカー指定オイル交換サイクルは15,000kmらしい。MINIと一緒ですね。でも大抵のオーナーは3,000kmぐらいで換えてるみたいです。そこらへんもMINIと一緒ですねw
ENEOS エコステージじゃああと5,000kmは乗れるのかーと思いつつ、やっぱりなーんかしっくり来ないので、結局換えちゃいました。わざわざディーラーに持って行くのも面倒なので、いつものGSで交換。業販カード使えるし。で、どのオイル入れりゃあいいのかなんて知らないし興味ないしどれでも良かったのでテキトーにチョイス。ENEOSのエコステージ(SM規格・0W-20)を入れました。ついでにエレメントも交換しておいた。

粘度指数を見れば、明らかに低粘度なのは一目瞭然ですが(それでもADVANTAGE Neo 0W-5よりは高粘度だけど)どうやらこの粘度指数はメーカー指定らしいですね。最近の国産車の低燃費・環境エンジンはこのSM規格指定だそうです。そうなんですか。知りませんでした。換えた後は…まぁふつうのオイルですから普通にシューンと回るようになりましたね。音はなんとなーく静かになったよーな気がするけど、たぶんフラシーボ効果。元々そんなに静かじゃないし。だから、劇的なものは何一つありません。My MINI御用達の0W-5入れればそりゃあかなり変わるんだろうけど、さすがにそこまで贅沢なことは出来ません。下駄車ですからw

BOSCH アエリストで、オイル換えてシューンな具合が戻ってきたら、今度はエアコンのニオイが気になりだした。…かなり臭い。よく考えれば、親夫婦がわざわざエアコンのフィルタを換えているなんて考えられない。確か以前換えたのはもう1年以上前なはず。。。幾ら梅雨がない所とは言え、ねぇ。ってことで近所のイエローハットへ行きエアコンフィルタを購入してきました。こちらはMINIでもお馴染みのBOSCHエアコンフィルター『アエリスト』です。でも、My MINIと大きく違うのが…古くなったフィルタの状態。MINIの場合エアコンフィルタを取り出すと真っ黒な汚い綿ぼこりがいっぱいなのに対し、こちらストリームは砂と虫の死骸ばっかり。流石、環境が違う!wそう考えれば掃除機でゴミ吸えばまた使えそうな気もしなくもないですが、そんなにケチってどうするの。

あ、換えた後はニオイのしない空気が出てきた、それだけですw

幾ら下駄車とは言え、あまりにメンテ放置プレイのストリームさん。それこそ車検時の点検整備ぐらいしかされてないんじゃないか??wでも逆に言えば、これだけメンテ放置してもクルマはちゃんと走る。うーん、My MINIもこれぐらい気合(?)入れて放置プレイしてやろうかなぁ。

…無理。怖くて出来ない。あっぱれ日本車。がんばれストリーム。