M702iS

昨日、NTT DoCoMoから新型702iSシリーズが発表されました。

7シリーズと言えば…ドコモラインナップの中でミドルレンジを担う普及型端末シリーズで、トップレンジの9シリーズ(90Xi)より機能も性能も劣った廉価版的な扱い。実際、非接触IC機能やアプリ容量の差があるので今まではあんまり気にしなかったのですが…今回ばかりはそうにも行きませんw新たに発表された702iSシリーズの中に、以前から気になっていた米国Motorola社製のモデル『M702iS/M702iG』が含まれているからです!

ベースとなったのは全世界で大人気の超薄型端末『RAZR』で、キーパッドや中身はドコモオリジナル。中身もドコモ独自の機能が搭載されていますが、この端末の最大の特徴であるクールな外観はほぼそのまま!これは良い!渋い!かっこいい!他の国内メーカーが出した同シリーズ機種が妙にファニーな中、このMotorola端末だけが非常に洗練されている感を強く感じます。しかも、以前出たNokia端末の『NM850iG』はインターフェース周りや搭載されている機能、端末自体の性能がまだまだ洗練・熟成されておらず、日本製端末を使い慣れている人間にとっては非常に物足りない印象だったのですが、今回のM702iシリーズは意外にも日本向けに気合い入れて作り込んで来ました!といわんばかりの印象。とは言え、まだ日本勢に並ぶところまではたどり着いていませんが、非常に『開発陣はがんばったんだろーなー』と思える内容です。また、性能面でも上位機種の『M702iG』に関して言えばもう『海外勢を選ばない理由』はほぼないかなぁという感じ。Bluetooth対応、ノンセキュアAAC対応、1GBまでのmicroSD対応、2Mピクセル・QRコード・マクロ撮影対応カメラ、そして海外ローミング可能だし。いいなぁ。これでおさいふ機能ついていれば借金してでも買うのにw

防水ケータイも非常に魅力的なんですが、やっぱり『舶来ケータイ』が気になる。。。本命はこっち…かな???

702iシリーズ | 製品 | NTTドコモ