iBook G4 12

突然ですが、またノートパソコンを購入しました。

今回購入したのは…真っ白なApple社製のiBookの最終モデルです。スペックはPowerPC G4 1.3GHz、40GB HDD、512MB DDR SDRAM、12.1in液晶、AirMac ExtremeにBluetooth…まだまだ他にも特徴のある、最廉価モデルの割に中身が意外と充実しているのが特徴です。特筆なのが、上位機種だったPowerBook G4に搭載されていた緊急モーションセンサーとスクロール可能なタッチパッドが搭載されていることでしょうか。本体価格の割に中身が充実しているので、Winマシンの同価格帯モデルよりお得感があります。(まぁこのMacはIntelモデルじゃないのでWindows動きませんけど…)

で、なんでまたこんな突然購入したかと言われると…このiBookを購入した前オーナーが「Macは使いづらい!」と購入後3週間という短さで私に格安で譲ってくれたからです。iBookの他に、.Macパッケージ、延長保証のAppleCare Protection Planも同封で価格は6万円でした。…安い!この6万を今回買わずにもうちょっと貯めればMacBookも買えましたが、まずはiBookを使い込んでMacそのものをちゃんと使いこなせるようになろうと思い、安い方を買った次第。(まぁ、それと譲ってもらう人に「Bowyanが勧めるから買ったのに…使いづらいじゃないか!」と言われてしまったという理由もありますが。。。)

さてさて、このiBook。普通に使う分にはスペックは十分なのですが、私のようなヘビーユーザーにはちょっと荷が重い。とくにネックなのが40GBしかないHDD。iBook購入の最大の理由はiPodの母艦にするためだったのですが、母艦がMy iPodと同じ容量しかないなんて…。ってことで貰ってきたその日に即バラシ、HDDを80GBのものに交換しました。メモリは512MBが標準でその状態のままでも安定しているのですが、プラスアルファの余裕が欲しかったので更に512MBを追加、計1GBのメモリに。このふたつでかなりパワフルなマシンになりましたw

まだソフトウェアが揃っていないのでメインPCのようには扱えませんが、少しずつ充実させていく予定。だたひとつだけ心配なのが、Intel Macの登場で今後G4 Mac向けソフトが減ってしまうのでは?ということ。一応、両方のMacで使えるUniversalソフトがメインになると読んでいますが、私の生命線であるAdobeのソフト類がどうなるのかが心配です。まぁ3年使えれば満足かな。