みなし公務員いよいよ6/1から放置駐車違反取り締まりの民間委託が始まります。今までは警察官がチョークを引いて→その後駐禁取り締まりというパターンでしたが、今度からは放置駐車を発見次第即取り締まり。1分ですら違反は違反となり、ちょっとの駐車が思わぬ痛手となりかねません。

誰だってやむを得ず一時的にクルマを止めることがあるはず。まぁ私はこの制度改革に危機感を感じている訳ですが、一方的にK殺の権力を振りかざしている訳では無さそう。その中のひとつに『駐車監視員活動ガイドライン』の公開があります。

私の居住地域・活動地域である警視庁神奈川県警では6/1の制度開始前に重点取り締まり区域(=駐車監視員活動区域)をウエブサイトで公開しています。掲載されている情報を見ると、わが家の近所の場合はふだんから迷惑駐車が多い場所や駐車すると車の行き来が難しくなる細い道、大型スーパー周辺、駅前地域が重点地域に指定されていました。そう考えると、ただ闇雲にバシバシ切符を切っていく訳ではないんだなぁと思えたり。でも警視庁のサイトには『その他の場所でも必要に応じて違法駐車の取り締まりを行います』なーんて都合のよい注釈があったりしますが。

まぁ結局のところ、この新制度はK殺の新たな金稼ぎ手段としか思っていませんが、運転していると『この駐車は確実に迷惑!』というものもありますから…そういうものは徹底的に取り締まってもらいたいところです。ただ、以前この制度が公になった際、K殺は『迷惑性の少ない路線の駐車禁止は見直す』なーんて言ってたのに…いまだに見直された気がしないのですが。

とりあえず、皆さんがふだんよく使う道路、近所周辺の取り締まり区域をチェックしておけば『無駄に切符を切られない』最低限の対策にはなるかと。