完成図

先日は『スープカレー』の記事を書きましたが…やっぱりカレーはドロドロしてるやつの方が旨い!というhot-Kさんのコメント。私もそう思います(w)ってことで…カレーライスを作ることにしました。

カレーライスのレシピと言えば家柄が出やすいかと思いますが、我が家のカレーはちょっと『隠し味』に拘ったレシピにしています。基本の材料は普通のビーフカレーに準じていますが、個人的拘りとして…
1)タマネギは多め・しっかり炒める
2)ベイリーフ(ローレル・月桂樹の葉)を入れて煮込む
3)まろやかなコクを感じさせる味は『おろし生姜』
その他は完成直前の味見でビターチョコレートを足したりインスタントコーヒーの粉を足したりしますが、基本的にはこの3つでやってます。あ、ちなみにカレーにじゃがいもを入れる・入れないで意見が分かれるところですが、私はじゃがいもが大好きなので絶対に欠かせません。入れるとイモが沸いて傷みやすいらしいですが。

大量のたまねぎ

タマネギに関しては大量に。しかも食感を生かしたいのでちょっと大きめにカット。それをひたすら炒めます。本当は電子レンジを併用すると楽なのですが、我が家には耐熱皿という文明の発明がないので(汗)ひたすら鍋で炒めます。風味を楽しみたいので油で炒めずバターを使うのもポイント。これをやるとやらないでは大きな差があります。炒めたタマネギは独特の香ばしさを出してくれるので◎!

ルゥ
ベイリーブス

今回使用したルゥはハウス食品の新製品『PRIME』です。普通のルゥに比べて粉末を固めた感じなので…溶けやすいのが特徴。中身のパッケージも6PチーズのようなStyleなので保存も楽。でも今回は使い切っちゃいましたが。一見普通の市販ルゥより量が少ないように見えますが、これでもちゃーんと10皿分入ってます。
ベイリーフもこれまた普通の市販品。何でもいいです。スーパーで売られていたのを適当に購入。

隠し味

隠し味(?)として…おろし生姜を入れます。あんまり入れ過ぎると風味が大きく変わってしまうので味見しながら入れるといい感じです。好みでどうぞ。私の場合はちょっと多めかな?位が好きなので結構大量に入れてます。このアイディアは昔、祖母の家で食べたカレーから来ています。北海道では入れるところ多いのかな?調べたことないからよくわかんないけど。

で、後はフツーに煮込むだけ。
今回はちょっと作り過ぎてしまい…一人暮らしなのに10皿分以上作ってしまいました(汗)調子に乗り過ぎた結果ですね。食いきる前に腐らせる可能性が大だったので、火曜日に友人を招待してカレーパーティしました。なかなか高評価でよかったよかった。