MINI MkII COOPER S

COOPER Sのニュルブルグリング走行テストの様子がScoopされました。いつものテスト車と同じく擬装が多い姿ですが、大体の全体像や以前書いた新型COOPERとの違いはお判りになるかと思います。

さてさて、このCOOPER Sですが…既報の通りエンジンはPSAとBMWが共同開発した1.6Lエンジンが搭載と言われていますが、ONEが115馬力、COOPERが140馬力、そしてCOOPER Sが170馬力となるそうな。ONEに関してはNAですが、COOPERがターボ、そしてCOOPER SがCOOPERのハイチューン版になるそうです。ここまではご存知の方も多数いらっしゃるかと思いますが、何と驚くことにCOOPER Sの上には現行モデルと同じくJCWによるスーパーチューン(?)版Sが控えており、何と出力は230馬力にまで達するそうです!このボディに230馬力のエンジンが乗れば…末恐ろしいことは確実ですね(w

COOPER Sの外観ですが、この写真から見るにノーマルCOOPERとの差はボンネットは当然として、それ以外にもバンパーが違うことに気付かされます。特にフロントバンパーはCOOPERと似たような意匠ですが、よーく目を凝らして見てみると…開口部が拡大されていることが判ります。ケツバンパーに関しても、現行モデルが左右に申し訳程度に設置された開口部風網が全体に渡って大きく開いた網になっています。あと、今更になって気がついたポイントですが、ケツ全体が現行MINIよりカチッと締まった印象を受けます。平面的な感じですかね?それでも、擬装として付けられている現行前期型テールランプのお陰(?)で現行のエッセンスは十二分に感じられます。装着されているホイールは現行Parklaneのものですね。フロントホイールの汚れ具合がいかにも『ニュルで徹底的に鍛え上げてます!』って感じで(・∀・)イイ!!

9月パリサロンでの正式デビューが楽しみですねぇ。次はこれに決まりかな…!!?

MINI MkII COOPER S-1MINI MkII COOPER S-2MINI MkII COOPER S-3


New MINI Cooper S Spy Photos