先日、いつのまにか強風で飛ばされ無くなってしまったタイヤラックのカバーを買いに近所のオートバックスへ。2,000円もしてかなり痛い出費。。。恐らく私が帰省している際に東京では30mの強風が吹いたと聞いているので多分その時に飛ばされてしまったんでしょう。悔しいやらしょうがないやら。。。

さてさて、お目当てのカバーをすぐに見つけ、時間があったので店内を探索してみることに。新型のカーナビ、いいですねぇ。オーディオ・スピーカー、欲しいですねぇ。ETC、もうついてますねぇ。タイヤにホイール、…いつ買えるんでしょうねぇ(w)

そんな中ひときわ異彩を放っていたコーナーが。それはレーダー探知機のコーナーでした。
AR-50FE『あ、新しい機種でも出たのかな?』と思いながらよーく観察してみると…ありましたありました。各社から新しいモデルが出ていました。

最近のレーダー探知機の『常識』は…GPS搭載なんて当たり前で、最近は『有機ELディスプレイ搭載』が常識となっているようです。そこまでは知っていたのですが、何と最新のレーダー探知機は『フルカラー有機EL』搭載されています!おいおい、携帯電話端末ですらまだ液晶の時代なのに…。

で、私が『匠』と呼んでいるCellstarのモデルはいつのまにかかなり進化していました。しかも今までただの型式で呼ばれていたモデル達がシリーズ名までつけられているではありませんか。

その名は…『ASSURA』
…阿修羅?あしゅらぁ?鬼の同意語じゃあないですか!!!(w

笑えるのはそれだけではありませんでした。性能もまさに『鬼』という名称の通り物凄いことになってます。GPSによるオービス・Nシステム・取り締まり多発地帯警告は当然のことながら、今度は制限速度切り替わりポイント、警察署や急カーブ、事故多発エリア、道の駅、果てには駐禁エリアや全国交通安全週間告知、過積載監視システムまで警告・案内!アフォだ、アフォ過ぎる。。。オービスや制限速度切り替わりポイント通過時には自車速度をの告知・警告まで行ってくれる。うわーやり過ぎ。

無線受診機能も『鬼』が金棒持っちゃっるよーな感じで、カーロケや350.1MHz(主に取り締まり地点での通信に使われている無線周波数)、警察デジタル無線はもちろんのこと、警察電話や消防無線、救急無線、JH無線まで受信しちゃう。もはやそこまでやり尽くす意味がわからない(w)

本体前面部にあるフルカラー有機ELディスプレイに関しては今までのレーダーの音声案内のほかに、表示による警告を行うようです。有機ELは液晶に比べ見やすさが高いので良いですね。また、ディスプレイがあることにより、音声警告を最初の告知だけにしてそれ以降の告知はディスプレイのみに設定するモードも用意され、オービス等を通過する際けたたましくずーっと警告音が鳴り響いたり音声案内が続いたりしないように設定することも可能だそうな。これ、いいですね。

ライバル他社のモデルに見習ってリモコンまでついてきちゃうこのモデル、価格も結構高くて4万円近くします。。。欲しいけど、買えないっつーの。でもこれ1台あれば運転は結構楽になりそうですね。K殺が嫌いな方、K殺に泣かされた経験がある方ならこのモデルは『欲しい!』と言えるんじゃあないでしょうか。阿修羅、驚きです。

GPSレーダー探知機 ASSURA<アシュラ>☆セルスター工業☆