ニンニクラーメン大盛先日喰ったラーメンがあまりにハズレで(しかも腹まで調子悪くして)散々だったなぁ、と友人と話していると…これまた突然『じゃあ本当にウマいと言われているラーメンを喰いに行くか!』という話になった。ってことで行って来ました喰って来ました。

行き先は市街地からクルマで約15分、某氏に大人気のミルクロード沿いにある『開陽館』というお店。ミルクロード終点にある観光名所『開陽台』に近く、オンシーズン(夏場)は観光客向けに開店時間が長いのですが、オフシーズンは午前11時〜午後3時までしかやっていないという…この時期はちょっと穴場的なお店です。

で、ここのお店の地元人間評判No.1メニューは『にんにくしょうがラーメン』だそうな。今回は腹が激しく減っていたのでにんにくしょうがラーメンの大盛を注文してみました。
肝心のお味は…メニューの名前通り、ほのかににんにくの風味が香る、昔ながらのアッサリ醤油スープに北海道道東ではスタンダードである細麺。この組み合わせ…メチャクチャ(゚∀゚)=3ウマー!…やばいです。某SYH駅前にある○ー博に入っているラーメン屋で出てくるラーメンよりウマいかもしれない。。。ってか、何でこんなにウマいラーメンがこの地で喰えるんだろう?と本気で驚きました。大抵、観光客向けレストランってクソ不味いか値段高いかのどっちかがほとんどなのにホント珍しい。

三匹の仔豚ピラフしかし…最近実家にいる為食事摂取量がベラボーに増えてしまった私、ラーメンだけではお腹一杯にならなかったので…ついでにチャーハン(ピラフ)も注文。メニューにはエビピラフ、カニピラフとあった中でひときわメニュー名が輝くものが。ってことで頼んだのは『三匹の仔豚ピラフ』というモノ。三匹の仔豚と言えば、あのお馴染みの童話を思い出します。当時アレを読み聞かされた私は子供心ながら感動を覚えたものです。だから…どんなんが出てくるんだろ?とワクワク…。

待つこと数十分、『ピラフ』というメニュー名なのに『焼飯/チャーハン』なその炭水化物集合体の上に乗っかってたのは…『3枚のチャーシュー』でした…。

エエー?狼にヤラれて加工されたのかぁ??(´Д`;)

…出て来たとき思わず笑ってしまいました。まぁ注文した時にそんなオチなんだろーなーって予想はしてましたが…。あ、これもウマかったです。フツーのチャーハンですが何かいいんですよね〜。ここ、何喰ってもフツーにウマいです。ハズレありません。我々が店に行ったのは丁度お昼時でしたが、かなり混雑していたこと(=オフシーズンなのに混んでいること)を考えると観光客だけではなく地元民の支持が高いのも見て取れます。またひとつ地元の『絶対に外せない』喰い場所確保!北海道にお越しの際は…っていつもこの文言で〆てるなw

#てか、最近喰う量がまた増えて来たなぁ…。川崎帰ったらどーしよ。。。三匹の仔豚→一匹の仔豚ってか??w

開陽館 - aurens←地元プロバイダのグルメ情報