財布居間のテーブルに財布を置いといたら…ふと父上に『オマエの財布は何でこんなに分厚いんだ?』と言われた。

その指摘が『札が沢山入っていて分厚い』ならこの上ない幸せであるが…残念ながら今の時点で財布の中には野口英世が2人しかいない。。。じゃあ何で分厚いのかと言えば、大量に収納されているポイントカード、レンタルショップの会員証、キャッシュカードにクレジットカード、Suicaやパスネットのような乗車カード、免許証にカード型保険証、そして学生証に大学校舎のキーBOXカード、図書館にあるコピー機を使用するためのカード…。これら必要なカードを入れると財布がモノの見事にパンパンになってしまうのだ。
それに加えて、買い物の時に手渡されたレシート類。帳簿つけてる訳ではないのでさっさと処分してしまえばいいのに、何故かいつも財布に貯めてしまうのです。以前とある人に『財布にレシートを貯めている人は貧乏になる』と聞いたことがありますが…じゃあ今私の財布の中に野口さん2人しかいにあ状態もこれが原因ですか??と聞きたくなるw

それはさておいて、言われて確かに分厚いなぁと思ったので…財布の中身を整理することにした。とりあえず必要のないレシートは全て廃棄。カード類も以前財布を購入した時から整理してなかったので、使用頻度がとても高いカードは全て収納せず、その都度カードを引き出しから取り出して使用しようと思い整理。すると…『使うだろう』と思って入れておいたカードのうち、約半分はほとんど使用していなかった。そして、何枚かはすでに有効期限が切れていたり、その店自体がなくなってしまったところもあったり。そうして必要最小限に減らしたカード類のお陰で、財布は英世2人しかいない厚さとして正常なところまで改善されましたw

さてさて、私は『おさいふケータイ』を使用しています。おさいふケータイを初めて手にした時は『これで財布が薄くなるぞ!』と意気込んでいたのですが…現実にはカード枚数はさっぱり減りませんでした。今の所、電器店ポイントカード(ヨドバシ・ビック)の2枚とレンタルショップGEOの会員証、マツモトキヨシポイントカード、ANAマイレージカードの5枚を減らすことが出来ましたが…残念ながらそれらのカードは未だに財布に入っている状態。何故かと言われれば、せっかく携帯の非接触ICカード化を果たしているのに、これらの店舗によっては非接触ICカードに対応していないのです。ヨドバシ・ビックに関しては最近だいぶ改善されて来て各レジにリーダが置かれるようになりましたが、GEOやマツキヨに関しては未だに店員がリーダ使用方法を理解していない場面が多く、中には『リーダーが故障してまして…』と言われ使用を断られたこともあります。
その為、せっかく携帯非接触IC化したのにカードを持ち合わせていないと恩恵を受けられない場面が多々あり→結局元々のプラカードを財布に入れておかなければならないという無駄・無意味な状態。これ、さっさと改善してくれませんかね?

モバイルSuicaもはじまり、これも使用したいところですが…前出のことがあると非常に不便極まりないので躊躇してます。まぁ、それ以前に利用するためにはJRのViewカード(クレジットカード)を作らなければならないところに面倒を感じてやめたんですけどね。既に3枚もカードあるので、これ以上はいらんや。