Civic TypeR Concept Geneva
Civic TypeR Concept Geneva

キタ━(゚∀゚)━!
MINI ConceptよりこっちのほうがGenevaの本命だったかも。見ての通り、当Blogで幾度と無くネタにしている欧州版Honda CivicのハイパワーモデルTypeRが登場しました!(と、言ってもまだ正式デビューはしてませんが。明日あたり各メディアに登場?)

見ての通り、3ドアです。とは言え5ドアモデルも3ドアみたいな見た目なのでパッと見差がよくわからないですがね(汗)5ドアとの差はドア数の他に、フロントグリルが線用品になったり、リアウィングが装着されたり、エアロが装着されたり。あとフェンダーの縁取り樹脂部分もカラード化されています。…そのせいか野暮ったくなってあんまりカッコよく見えませんね。MINIもそうですが、やっぱり樹脂モールは素材剥き出しプレーン状態が似合っている気がします。あと、何で黄色?似合ってないなぁ、この色。せめて赤が良かった〜。

搭載されるエンジンは2.0LのDOHC i-VTECエンジン。出力は200馬力と先代Civic TypeRより15馬力Down。恐らく新型Civicに搭載されている新型i-VTECエンジンをチューニングしたものが搭載されるのでしょう。欧州Civicは日本Civicと異なりベースがFitなのでサスペンション形状等もFitに準じた形式になっています。ヨーロッパのクルマ雑誌を読むと『何故ダブルウィっシュボーンをやめたのか…』と書かれているだけにそのハンドリングが気になるところですが、Fitに乗って悪くはないな、と思った私なら大丈夫そうですね(w

さて、スペックなんて二の次で…本題はこれが日本に入ってくるのかどうかでしょう。
先代Civic TypeRはご存知の通り、日本でエンジンを組み立て→イギリスの工場で車体組み立て→輸入販売というスタイルを採っていました。が、合理化主義なHondaさんが頑張った割に残念ながらさっぱり売れなかったので…イギリス本国より先に日本販売終了と相成ってしまったという経緯があります。それ故、余程ホンダさんが頑張ってくれない限り輸入はないでしょう。ただ、現行日本版Civicはさっぱり売れていないことを考えると、『Civic』という名前の名誉のためにここはもう一度輸入販売をして『HondaにCivicあり!』と言われるようになって欲しいというのがひとりのHondaファンの思いです。

きっと本国では売れるんだろうなぁ〜。

★写真追加&追記
Civic TypeR Concept Geneva
Civic TypeR Concept Geneva
Civic TypeR Concept Geneva
大きいサイズの写真が見つかったので追加します。

正式発表はどうやら28日、ショーでは福井社長とHonda F1 Teamのジェンソン・バトンの両人が発表するそうです。…だったら尚更なんでジョーダンカラーの黄色塗ったんだろう。冗談じゃねぇや…。

さてさて、中身についても補足。恐らく数日待てばResponse等で日本語記事で細かーく説明されるでしょうが、私を含めていち早く知りたい先走りな方のために。まず搭載されるエンジンですが、どうやら先代Civic TypeRやIntegra TypeRに搭載されているK20Aシリーズのエンジンが載るようです。で、調べてみると…同じ中身を持ったCivcが既に販売されていました。アメリカ向けCivicクーペのトップモデル、Civic Si Coupeです。恐らくコレに準じたエンジンとトランスミッションが載ることでしょう。

ちなみにConceptの写真を見ればお判りになるかもしれませんが、どうやらCivic TypeRのホイールサイズは何とビックリ18インチだそうです。まさかとは思うのですが…更にその上にはオプションで19インチの設定もあるとか。。。そう思うと、おのずとこの新型Civic TypeRのキャラが見えて来るような気がして…何となく嫌〜な予感がします。このクラスのクルマに18/19インチは必要ありません。ただの錘にしかならないでしょうね。

チャンピオンシップホワイト

やっぱり日本人のTypeR好きにはこの色がしっくり来るのではないでしょうか?ってことで写真をちょちょっと弄って色替えてみました。この画像が出来上がった瞬間『そうか、黄色が駄目なのか』と確信しましたw