IE7某大旦那氏Blog画像表示問題(って大げさに言う必要全くないですが 汗)に関連して、WinXP×IE6の環境のみ不具合が発生していることを考慮して…IE7を入れてみました。

とは言えIE7はまだ正式版がデビューしていません。今回使用しているのはBeta2と呼ばれる評価版のモノです。開発中の評価版故、インターフェイスが全て英語ですし完全な状態とは言い切れないのですが…新し物好きな私には飛びつく手はないってことで早速インストール。(って言いながら本当は結構前に公開されていて…尻込みしてたんですけどねw)

さてさてこのIE7、正式版発表はまだ先になりそうです。本来ならWindows XPの後継・Windows Vistaから採用されるモノだったそうですが、その肝心のVistaのデビューはまだまだ先のことから、先立ってXP用のIE7がデビューするそうです。ここでは何が違うか、どこが優れているかを中心に書いていきたいと思います。

(※なお、画面最上部のタイトルバーの表示がXP標準と違いますが、これは独自にXPのスキンを弄っているだけです。IE7を入れると変わる訳ではありません)

まず大きく変わったのがその画面構成。『タブブラウザ』と呼ばれる、1画面内でいくつもウェブサイトが開ける仕組みが採用されています。これはライバルのブラウザが先に導入しているので別段珍しくもないのですが、時代の流れ=タブブラウジングというのがこの変化をもたらしたのでしょう。これは非常に便利です。

タブブラウザ化と共に採用されたのが『Quick Tab』というもの。これはタブでたくさんのサイトを表示している際にクイックタブを表示させると…開いているサイト全てがサムネイル画像として表示されます。これにより、タブ名称だけではどのサイトがわからなくて収拾つかなくなっても困ることはありません。まぁ『使うか?』と聞かれると…微妙。

文字の読みやすさ・サイトの見やすさも向上しています。まず、フォント表示が安置エイリアス化されたことによりなめらかな文字表示が可能…のはずなのですが、現状英文フォントのみ対応している為か日本語フォントは今までのまま。Mac OSXでは既にアンチエイリアス化されているので…これも後追いですね(w)また、文字が小さくて読みづらい場合は右下にある虫眼鏡ボタンで倍率を変えると…ウェブサイトがそのまま拡大され見ることが出来ます。今までは文字サイズのみ拡大することが出来ましたが、それでは表示が狂ってしまうことがあったためこれは便利。ますます人にやさしくなりました。

また、細かいところでは、画面上部のメニューが消えました。(ファイル 編集とか表示されているアレです)表示させるにはToolbarsの項目で"Classic Menu"を選択すると今までと同じインターフェイスにすることが出来ますが…クラシックという響きがダサいので消して使用しています。その代わり、タブ表示部の横にはその代用となるアイコンが用意されているのでこちらを使えばよい話。RSSリーダ機能も付属しています。印刷機能も向上し、標準で用紙サイズに丁度うまく印刷できるように機能されています。

今まで使いづらかった面が一気に向上しライバルブラウザに並び・そしてちょっとだけアドバンテージを持ったIE7。今のところ以前泣かされたIE4Betaのように不安定な挙動は見せていませんが…IE6用のGoogleツールバー関連で不具合が出ます。また、サイトによってもうまく表示できないところも無い訳ではありません。正式版が待ち遠しいなぁ。