ベリーサMINIを目標として開発された(と噂される)マツダ・ベリーサに試乗して来ました。
外観からも感じ取れるように…MINIを意識したコンパクトカーがマツダからデビュー。どんなもんかと本日、既に発売されてから時間が経ちましたが試乗して来ました。

まず、もう一度この目で外観をチェック。
フェンダーの造形や屋根やピラー類の造形・全体的バランスにどことなくMINIを感じます。今までの日本車にはあまり見られない塊感のある造形は良い感じです。日産のキューブも塊感がありますが、それより親しみやすいかも。ただしフロントは×。何でグリル無いの。

内装は日本車やかつてのマツダ車では考えられない程しっかりしています。カードキーやHDDオーディオ等先進装備もケチることなく奢られているのには驚き。シートも上級車種のアテンザと部品を共通化させているそうでしっかり出来ています。ちょっとIsoyanの体型には合っていないのですが…。ちなみにリアシートの足元スペースはそれ程広くありません。リアドアあるだけまだマシですが。

セールスに「試乗して見ますか?」と尋ねられたので…喜んで試乗してみました。セールス氏の推すポイントに「このクラスでは今まで無かった静粛さ」があるようで…言われてみれば確かに静か。防音がしっかり出来ているので自慢のHDDオーディオの音も冴えています。足回りも走りで好評なデミオから引き継いだ足。ギャップ越えもMINIの様に揺さぶられる事が無いですし、ロールも適度に抑えられています。ハンドルは電動パワステらしいのですが、切っている感覚がある、接地している感覚があるステアリングはMINIのそれと似ています。…と、そんな感じで試乗も終了。なかなかイイ感じでした。値段も微妙なトコロですが…最近のマツダブランドを考えればこの値段は決して客を馬鹿にしていないと思います。

しかし、本質的な所でこのクルマはMINIのライバルとはなり得ない気がします。目指したポイントがずれています。MINIは走らせて快感!という感じですが…対するベリーサは流して快適!という感じ。マツダはあえてこういう味付けにしてMINIとは別の路線を狙ったのでしょうか?コンセプトカーの「MXマイクロスポーツ」ではMINIのような路線だったのに…市販されたベリーサはどうも「オッサン臭い」クルマに仕上がってしまったのは残念です。ただ、違った見方で言えば「実はMINI、中年層に大人気」というマーケット結果を知っての味付けなのでしょうか?

結論としてベリーサはMINIとは違う「上質」なクルマ。国産車でコンパクトプレミアムを目指したトコロは評価出来ます。しかしこの手のクルマが売れる市場スペースは日本車には用意されていないのでは。やはりこの手のクルマはやはり欧州車が選ばれてしまうのではないでしょうか?バタ臭いクルマよりバタなクルマの方が売れます、このご時勢。個人的にはこれ買うならデミオのキャンバストップの方が魅力的です。1.5L・MTあるし(w

■関連記事
【マツダ・ベリーサ発表】ニュージェネレーションはクラスレス-Response.