ムーブ・ラテ言われるまで気がつきませんでしたが、良く考えればそんな気が

昨日ダイハツより新型軽自動車「ムーヴ・ラテ」が発売されました。

このクルマは軽の中でも若年女性ユーザ向けに発売した意欲作。確かに最近、ホンダライフ、スバルR2、そしてIsoyan女友達も多数所有しているスズキアルトラパンと…女性向けに発売された軽自動車が増えて来ました。

これだけの話なら…特にMINIに関係する話では無いのですが…お世話になっているDSのS乗り池袋さんからある指摘が。

それは、何とムーヴラテの内装がMINIに似ているのではないか?という事でした。Isoyanはその外見のぶっ飛び具合ばかりに目を取られ内装などチェックすらしなかったのですが…言われて見て確認してみると確かにMINIを感じるファクターがありました。

・ダッシュボード横一線に伸びるパネルとエアコン吹き出し口の処理(まるでシルバー内装のMINIみたい?)
・ダッシュボード下部の棚(初期のMINIのみ。現行はオーソドックスなグローブボックスになりました)
・ドアインナーハンドル形状や位置(似てる…かなぁ)

その他ちょっと強引かもしれませんがメーターも「似てはいない」と胸張って言えないような形。位置は違えど…この意匠はどうもMINIっぽく感じてしまいます。

皆さんご存知の通り、ダイハツには「ミラジーノ」という素晴らしいクルマがあります。初代Miniをモチーフにおいおいこんなにパクるのかよ!?と突っ込みたくなるぐらいのクルマ。そう考えるとこのパクリまがいなインテリアも「いつもの事だししょうがないかなぁ〜」なんて思ってしまいますが…そう考えるとOLD Mini、そしてNew MINIが自動車業界に及ぼしたショックは大きかったんだなぁと思います。

■関連記事
Response. 【ダイハツ・ムーヴラテ発表】着せ替えではない、コクのある味わい
DAIHATSU@WEB-ムーヴ・ラテ