糞タイヤこんなもん、本当に…
さて、今回パンク(というよりネジ刺さった)Isoyan号でございますが…改めてランフラットの意義を考えてしまいます。先日の記事でも書きましたが…ランフラットタイヤを取り巻く環境はまだまだ整っていません。それにも関わらず、BMWのランフラットタイヤ装着率はついに70%を超えたと言うではありませんか。

ご存知かと思いますが…そもそもランフラットタイヤは「パンクして空気圧がゼロになっても一定距離を走行出来る」というタイヤ。その他のメリットにスペアタイヤを積載しなくても良いという点(=軽量化による燃費向上やスペアタイヤ分の資源保護)、パンク時のタイヤ交換作業を省ける点があります。

確かにこれらは聞こえが良いかもしれません。しかしながら経済性や利便性はほぼ「皆無」と言って良いと思います。首都圏や都市部の場合、ランフラットタイヤを扱えるタイヤショップやディーラーはあるでしょう。しかしちょっと地方に足を運んでしまうと途端にその環境は準備されていないのです。ランフラットタイヤはサイドが補強されているタイプと中にもうひとつタイヤを組み込んだようなタイプの2種類があります。どちらもホイールからタイヤを脱着するには対応したタイヤチェンジャーが必要になります。この機械はまだ全国のタイヤショップに浸透していません。(一説にはロープロファイルタイヤ(=扁平率が低いタイヤ)と同じ扱いでOK、とも言われていますが…確認は取れていません)

また、ランフラットタイヤの特性として乗り心地が硬く更にタイヤ重量が増してしまうという事があります。スペアタイヤを積んだ方が重量的に有利なのでは?とさえ思ってしまう位重たいランフラットタイヤ。こんな選択をした自分が馬鹿なのかもしれませんが、205/45R17のランフラットタイヤなんて本当にゴム板みたいな感じです。

日々技術革新が進んでいるんだろうな、と思えばまだランフラットタイヤを見捨てるのは時期早々とは思うのですが…今の所、Isoyan的には「アンチ・ランフラット」な気持ちでイッパイです。

■関連記事
Response. BMWのランフラットタイヤ装着率が70%超に