SonicStage今更かい。もう遅い。

 VAIO使いでネットワークウォークマン使いな私。この組み合わせになってから既に3年近く経過しているのですが…時代はiPodを台頭とするポータブルオーディオ時代になっていました。そんな事は露知らず未だにソニーさんの小さいウォークマンを使用し続けるのは「自分で自分を褒めたい」、そんな気分にさせてくれます。

 ソニーが市場から受け入れられない=馬鹿な事をしたのはネットワークウォークマンを発売した頃に遡ります。当時世の中はMP3全盛期。確かに当時、MP3はネットによる著作権を無視した違法なやり取りが目立ち様々な問題を呈していました。そこでソニーさんは従来のMD圧縮技術をさらに進化させた「ATRAC3」という技術を発表。それは音質を出来る限り落とさずにファイル容量を小さくし、それに加え厳しい著作権管理機能を付加したもの。まさに飴と鞭、ふたつの技術を組み合わせたモノでした。その後世の中は「コピーコントロールCD」というこれまた馬鹿な技術が広まり完全にPCで音楽を楽しむ道を失いました。(ちなみにMyVAIOの場合、CCCDがデビューした直後搭載DVD-RWドライブのファームウェアをアップデートすると「何故か」CCCDが読み込めるようになりました。これはソニーの思惑??wちなみに搭載ドライブはPioneer製)

 しかし、その世相を大きく変えたのはあの白い「iPod」でした。HDDポータブルオーディオが大きく世間に広まりました。Appleの著作権縛りは思いの外厳しくなかったのが今回の事態を招いたのかもしれません。iPodの大流行により、CDレーベルはCCCDという馬鹿なモノを廃止しました。そして…ついに長年厳しい著作権縛りを守り続けた「ATRAC3」を扱うソフトであるソニーのSonicStageが本日、バージョンアップされました。その内容は驚くべき事に「著作権縛りを緩くした」と言うではありませんか。今までは一度に3回までしかチェックアウトが出来ない仕様だったのが…今回から無制限に。さらに一部のみに許されていたCD焼き出し機能が標準化されたというではありませんか。これはまさにiPodに対抗すべくソニーが今までの方針を大きく変えた証拠。しかし…結局他の規格に互換性が無いのは未だ変わり無し。MP3→ATRAC3は可能なもののその逆は未だに実現していません。結局独自仕様=孤立化は避けられない事実。。。


♪独自な技術で音質下げずに著作権守るって、ソニーさん、言うじゃない〜

でも今更こんな事しても失った客はもう帰ってきませんから!残念!!

「リンゴに技術もデザインも負けてますからっ 斬りっ!!!!」


 新しい事を何でもやって失敗を続けるソニーならではの出来事でした。

■関連サイト
Sony Japan|ATRAC World -TOP