ストームシルバーメタリックFit、すんごくいいクルマです。燃費イイし、広いし、早いし…。でもやっぱり、MINIの方が楽しいです。。。普段のアシとするならばこのFitは今まで乗ったコンパクトカーの中でも最良の部類に入るような気がします。先日発売された新型ヴィッツも先代の気合が入らない足回りから一転、Fitのようなキビキビした足回りを得たと聞いています。
乗り心地はコツコツとした感触をしています。この硬さは人によっては「上下に揺さぶられる」と不快になるかもしれません。でも…これぐらいの硬さがあるととても扱いやすい感じがします。旧型ヴィッツや現行マーチのようにずっとフニャフニャと動かれると最初は楽でもだんだん疲れてきます。フィットの場合、長距離ドライブをしてもそれ程疲れません。ただ、もっと上手に段差をいなす方向であれば、段差を超えた際のドタバタ感がもっと上手に吸収してくれればイイ感じなのになぁ〜と思います…。ダンパーのストローク不足??

エンジンは1.3Lなのにそれ以上にパワフル感を感じます。車体が軽いのもあるのでしょうが、以前ちょっとだけ乗ったシビック1.5より全然イイです。駆け出しのダッシュや高速走行時の力感はとても素晴らしく扱いやすいです。CVTとの組み合わせが良い感じ。ただ、妙なエンブレの掛かり方をするので赤信号で停車する時…焦ります。ブレーキの踏力を細かく調節しないといけないのでMINI以上に疲れます。

ハンドリングはキビキビしているのですが…やっぱりと言うか、当然と言うか…電動パワステの妙な感触はやっぱり気持ちが悪いです。MINIの油圧電動アシストパワステはタイヤが接地している感を感じられるので安心できるのですが、やっぱり電動パワステは軽くて駐車時のような時はハンドルが扱いやすいものの、どれぐらいの力でタイヤが動いているのかがボヤけるのでやっぱりおっかないですね…。

内装に関しては普段MINIに乗っている分、収納が多かったりリアシートのアレンジが多彩なのはとても有り難い限りです。よくリアシートに犬を乗せて出掛ける場面が多いのですが、フィットの場合リアシートの座面を持ち上げる事が出来るのでトランクじゃない場所に広い床面が出来上がります。犬にとっては狭いシート座面に座らされるより床に居た方が楽でしょう。シートもまだ新車なのでクッションが硬いのもありますが、下手に柔なクッションのシートよりずっと楽です。

1週間乗ってみると、何故フィットがこれ程売れるのかがよーくわかります。長年Hondaの車に接してきましたが、少なくともこのフィットは今までよりずっと良く出来たクルマだなぁ〜と関心させられました。もしMINIを買わずこのフィットを買っても損はしなかっただろうなぁ、と思いました。

嗚呼…MINI、いつ帰って来るんだか。