■木曜日(3日目)■
リンゴ狩り2日目の夜は交流会の後、リンゴ風呂(丸々一個のリンゴが浮かんでいるw)とバラ風呂(バラの花びらがふんだんに浮かんでいるww)が用意され、その後は夜通し宴会!私はこれでもかっ!と各大学の教授の方々とお話しさせて頂きました。

日が変わって3日目。この日は午前中が深川分科会のGT体験、午後から場所を変えクルマで1時間半の移動をして美瑛町で行われる全体会に参加というスケジュールでした。
朝食を取った後まず最初に体験したのがリンゴ狩り。今回収穫体験をしたのは『つがる』で、収穫適期を5日程過ぎているのでリンゴが熟し色が真っ赤っかになっています。自然と身の中からワックスも出ていて…艶も凄い!収穫適期を5日過ぎているという事は普通の物流で言えば丁度食べ頃という事もあり、もいで食べてみたら凄く甘かったのが印象的。時間と量の関係から1人5個までという制限がありましたが、参加者全員5個しっかりお持ち帰り。

戸外炉峠次に足を運んだのは『戸外炉峠』という場所。読めますか?正解は『ととろとうげ』。元々は農家の方々が農地のある丘のてっぺんにある見晴らしのいい場所があるので綺麗に整備し、その場所を「戸の外(=アウトドア)と炉(=みんなで囲む火)」という意味を込めて名づけたところ、そのプロジェクトに北海道庁が眼をつけ駐車公園として整備した場所だそうです。
ここは昼間も見晴らしが良い場所なのですが、夜になるとこれまた凄い。『夜景プラネタリウム』という名称がついている通り、夜になると街の光に混ざってカシオペア座・白鳥座・北斗七星が見えるのです。星に詳しい方なら『えっ?』と思うでしょうが、これはプラネタリウムという名前の通り人工的に明かりを照らしているのです。
昼も夜も絶景のことから、ココは地元でも有名なデートスポットになっているらしい。

聖マーガレット教会羊次。今度は教会へやって来ました。
この『聖マーガレット教会』はただの教会ではありません。設計の段階からヨーロッパの教会設計士を招き設計、使用されているステンドグラスや椅子・机・パイプオルガン等全てがヨーロッパにある教会で使われていたモノをそっくりそのまま持って来ているそうです。
教会建物内は撮影禁止(これも向こうの仕来りと一緒)の為中の素敵な様子がお伝え出来ないのが残念ですが、一目見ただけでわざわざ東京からここまで結婚式を挙げに来る人が多いというのもうなずけます。どっこにでもありそうなチャペルで結婚式を挙げるよりこっちで挙げた方が幸せ度200%増しといったところでしょうか。

昼食はこの教会のすぐ横にある建物(これまた情緒ある建物)でとりました。昼食後、ふと教会の横に広がる草原を見ていたら…羊発見!!チェーンで木に繋がれているのがご愛嬌ですが…とりあえず動物好きの私としては放っておける訳が無い。戯れて来ました(w

そんなこんなで、深川の分科会は終了→美瑛町へ移動。美瑛町の全体会では北海道各地で行われていた分科会に参加したメンバーが一同に集まり報告会とパネルディスカッションを行います。私が美瑛に到着してからはほぼ下働きボランティアに徹する事に。これは…本当に予想外でした(汗)まぁこちとらタダで来てる訳じゃないので、仕事そっちのけでちゃんと全体会ディスカッション等聞かせて貰いましたけど。あ、仕事サボって聞いてたんじゃなく仕事無かったのにずーっと待機させられてたからそっちのけで聞いてたんですよ(w)
女子高生(*´д`*)その後…これまた交流会。
この交流会でもまた、飲めや食えやのお祭り!体育館内外に用意された美味の食事や全道各地から用意された日本酒・焼酎・ビールで…もう昇天!!!!まるで地域のお祭りに参加しているような気分でした。これは私だけじゃなく全国各地から北海道に集まった方々も喜んだだろうなぁ〜。

調子に乗った私は…その交流会で特製カレーを振舞ってくれた富良野緑峰高校の『カレンジャー娘』という団体のテントに乗り込み…交流(w)挙句の果てに記念写真まで撮る始末。うーん、パラダイース(´Д`;)!!!
…ふざけてる場合じゃないなぁ。ちゃんと説明すると、この団体は園芸科学科家庭科班の方々が集まり、地元富良野の特産物を使用しカレーを作り各イベントで振舞い富良野(と富良野のカレー)を宣伝するユニットだそうな。これも立派な地域農業振興。聞けばこのユニット、北海道限定でハウス食品のCMにも出たらしい。すごいなぁ。メンバー全員3年生で進学・就職と忙しいはずなのに、こういう事をやれるってのが凄い素晴らしい!!ちなみにキレンジャーな私はしっかりカレー頂きました。これまた(゚∀゚)=3ウマー!

夜は『大雪青年の家』という場所に宿泊し、こちらでもまた酒片手に北大・拓殖大と交流。もう酒は(゚゚)イラネ状態(=女子高生がピークだったからw)でしたが他大学との交流も大事。とか思ってたらさっさと寝ちゃいました。毎日酒盛りだったので結構疲れてたようです。

■金曜日(4日目〜最終日)■
この日は朝から昼まで、大会のまとめとしてディスカッションが行われました。最後の大会報告が行われると大きな拍手が。(ちなみにこの時もかなりボランティアに徹していたのでレポは無しw)
大会に参加してみた感想は…正直、参加した理由は『友人Tに強制されたから』という不純な動機でしたが、実際参加し、色々な方の話を聞き、実際に現場を眼にしてみた事で非常に勉強になったのと同時に、これからの時代の農業の姿はこうあるべきとも思いました。ただ単にお金を稼ぐだけの農業はあっという間に安い輸入農産物に駆逐されてしまいますし、その後来たる中国の脅威(一説には北京オリンピック終了後世界の食料事情は大きく変わると言われている。それは中国がお金を持つ=あのすごい人口が食べ出す=世界で食料が不足する=日本はそれに太刀打ち出来ない)を考えると、このままでは絶対にいけない。それを解決するキリフダを農家自身が考え出し実践する。これこそまさに農業のあるべき形だと実感しました。
残念な事に、我々日本人は『食べる』という事に関しあまりに無知過ぎます。『美食』という知識は十分備えているのに、自分が食べているモノがどこから来たのか、どうやって生産されているのかなんて知りません。それを当たり前のように食べる時代は長続きしないのは当然の話。農家の方々がそうであるように、我々消費者も『このままではいけない!』という危機意識を持たなければ、日本の未来は暗い、そう思わされました。

インプレッサスポーツワゴンさて、学会が終わったのが金曜日。急いで川崎へ帰ってもする事無いので週末休みを利用して実家に帰りました。当初の予定では美瑛→【電車】→札幌→【夜行バス】→実家というスケジュールを立てていたのですが、札幌へ出て夜行バスで帰るのはあまりに無駄な時間を過ごす事が判明。そこで…急遽美瑛からクルマで30分、北海道上陸時利用した旭川空港でレンタカーを借り、それに乗って実家まで帰る事にしました。

本当であれば、フィット(B-SS)クラスのクルマを借りたかったのですが…予約していなかったので当然の事ながらクルマ無し。ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!と思っていたら…1台だけありました、青いやつが。

スバル・インプレッサスポーツワゴン15i

うーん…。ただ、ニッポンレンタカーさんの粋な計らいで価格はB-SSクラスでOKとの事!ありがたい。って事でこれに乗って帰る事にしました。まぁ昔からインプレッサというクルマは興味ありましたし(WRCの活躍が印象的)これしか無いならNOとは言えないですし。が、このクルマが曲者。この続きは番外編で!