全国グリーンツーリズムネットワーク大会最近はこれといって何も無いごくごく平凡な日々を暮らしているのですが…そんな中、学会招待の声がキタ━(゚∀゚)━!しかも開催地は北海道!!こりゃもういくしかないと早速ふたつ返事して来ました。

今回参加する事になったのは、今農業・農村界で非常に注目されている『グリーンツーリズム』の全国大会。グリーンツーリズムという言葉を初めて知る方も多数いらっしゃるかと思いますが、これは農村と都市の新たな交流形態・観光形態のひとつ。都市部に在住する人が農村へ出向き、その地区の農家等で農業体験を行い農業への知識、そして我々消費者が持つ『食』への知識を深め、更には都市部と農村部の交流も深められるという新たな動きなのです。

昔であれば里帰りすると実家には畑があり、その畑で野菜を収穫したり新鮮な食材でご馳走を作ったりといった姿がどこにでもあったでしょう。しかし、今般の核家族化、都市部過密・農村過疎の状況はまさにこういった『里帰り』が少なくなった事を表しています。休暇は里帰りじゃなくて海外や行楽地へ行く、そんな姿がごくごく当たり前になってしまいました。その為、都市部に住む人は農業の姿を知らなかったり自分が口に入れる食物がどのように生産されているのかも知らないといったパターンも非常に多くなってしまいました。

そこで編み出された『グリーンツーリズム』は新しいように見えて実は『原点回帰』なのかもしれません。しかし、これがもし拡大すれば…今の日本が抱えている食料に対する問題や農業過疎の問題も少なからず解決されていく事は間違いないでしょう。

何故私がこの大会に参加する事になったのかと言うと…実は私の大学友人T(同じく北海道出身)の実家がこのグリーンツーリズムの先駆的存在として北海道内で活躍しており、更にお父さんが今回の大会の中心メンバーだという縁で強制参加となりました。学会と言っても会議メインのツマラン内容では無く、全国各地から集まるグリーンツーリズム推進の農家や学者さん等を北海道各地に集め、その地区毎に特色のあるグリーンツーリズム事例を紹介しながらお互いの知識を高めあうのがメイン。その為私も実際に北海道でグリーンツーリズム体験を行う事になりました。中にはそば打ち体験やリンゴ狩り、チーズやバター、ソーセージ製作体験etcバラエティに富んだ内容。これは…まるで修学旅行な気分(w

って事で今週土曜はMINI Circuit Dayに参加、日曜日は某大学の学祭に参加、月曜には一路北海道・旭川に飛んで→金曜日解散→いったん実家に帰って→再来週日曜日に川崎に帰還。嗚呼今から楽しみ。。。

green turism portal site -財団法人 都市農山漁村交流活性化機構
第3回 全国グリーンツーリズムネットワーク大会