N901iS旧機種N901iCさん、この記事の通り、研修で滝に行って滝壺に飛び込んだ際ポケットに入れたままだった為人間と一緒に派手に水没させてしまいました。気がついた時には既に遅し、電源は完全に落ち、画面や色んなスキマには大量の水が流入していました。旅館に戻ってからお菓子の袋に入っている乾燥剤と一緒にビニール袋に入れて密封しておいたり、風呂場にあったドライヤーで乾かしてみたり、果てには冷蔵庫に入れる等(謎)様々な方法を試したところ、一応何とか動くトコロまで復帰。その際にminiSDカードを利用して中身を全てバックアップかけたので何とかデータ消失は免れました。

が、やはり一度水没させてしまった携帯は修理を断られるのがオチですし、水没させた後何度か完全に乾燥していないのに電池パックを装着し電源を入れたり・充電器に繋いだのが故に中身がショートしたのか、動作が非常に不安定。それで無くてもLinuxOSで動きが鈍いのにそれに輪をかけて鈍いのは嫌になります。私はFOMAデュアルネットワークを契約しているので、N901iCが逝ってしまったかわりに普段は我慢してSO505iを使用しておくという方法もあったのですが、FOMAならではの機能に慣れ、それを普段から使っている身としては今更movaを使おうにも逆に戸惑いの連続。それに、一度水没してしまった携帯をそのまま騙し騙し使っていてもどうせいつか水没の影響により本来の寿命より先に絶対逝くのは目に見えてわかるので…それならばと思い買い換える事にしました。

いつものように「何を選ぶか?」とネットで色々調べて・カタログ集めてなんてせず、今回は研修の帰り道の途中にあった新宿のヨドバシカメラへ。同じ機種(N901iC)を選ぶというのもひとつの手でしたが…どうせ買うならせっかくだし新しいのを買おう!と思い…最新機種であるN901iSを購入しました。ちなみにN901iCは販売店では無く某オークションで購入した為、機種変更の条件である『前機種使用期間10ヶ月以上』は以前使用していたP900iを購入した時カウントが続いているのでOK。買い増し優遇価格が適用され新規と同じ価格で買えました。と言っても最新機種なので結構高かった訳ですが。

先代であり前機種であるN901iCとの差は、大画面になった2.5インチ液晶(旧2.3インチ)・NTT DoCoMo初であるフルブラウザ機能・カメラは有効画素100万スーパーハニカムCCD&AF。後は両機同じく、おさいふケータイ機能・ステレオサラウンド再生機能・ミュージックプレイヤー機能等がテンコ盛り。端末サイズは若干大きくなったような気がしますが、厚さはこっちの方が薄く感じます。デザインは前機種とは大きく変わり、大きく変わったのがコネクタ類挿込口の位置変更や背面液晶の形状&サイズ変更(4:3比率の1インチ)などが変わっています。スタイリッシュさで言えば前機種の方が良いですが、使い勝手や機能的にはこっちに軍配。コネクタの位置変更はケーブル接続時大変有難いですし、背面液晶は外側カメラで自分を撮影する時に良いです。フルブラウザに関してはあまり使い勝手よくありません。iアプリで提供されているjigブラウザサイトスニーカーの方が高機能かつ高速。これは失敗でした。カメラは前機種より画質も機能も良くなって○。AFがついたのもイイです。以前、携帯のカメラは画質なんて(゚ε゚)キニシナイ!!と豪語しましたが、N901iCのカメラは本当に酷かった…(w

実は、『iS』と呼ばれる中継ぎモデル・マイナーチェンジモデルを購入するのはこれが初めてだったりします。今まではファーストモデルばっかりだったので、こういうマイチェンモデルがどんな感じなのかあんまり知らなかったのですが…あながち悪くない。見た目ちょっと変えて中身もちょっと変えて出してると思って板のですが、しっかりと差別化されているもんなんですね。今後、毎回新機種が出る度買い換える気は毛頭ありませんが、毎回発売が楽しみになりますね(w)デジモノ好き(=ヲタ)な自分にとっては今回の買い物、非常に満足してます。

…まぁ、無駄な出費だったんで『そう言い聞かせている』部分が大きいですけどorz 皆さんも水没にはくれぐれもご注意くださ…ってこんなに馬鹿なのは自分だけっすね。大事に使います。

FOMA N901iS | 製品 | NTTドコモ