EU Civic-1EU Civic-2ヨーロッパにて新型Civicが正式発表されました。
以前モーターショーに出たConceptとほぼ同じスタイルでデビューした事に驚き!基本スタイルは一緒なのは当然として、細かい箇所(グリルやリアテールランプ等)がそのままのスタイルでデビューしたところに素晴らしく感動。ちょっと前までのホンダデザインはクソクラエ状態でしたが…やっとまともになったなぁという感じですね。このクラスで一番個性的なCitroen C4をも超えたぶっ飛び具合に感じます。先代(現行)5ドア・3ドアハッチの見た目は無個性で陳腐でヒドイですが、これなら恥ずかしく無いどころか見せびらかしたくなるような感じですね。
インテリアも結構気合入ってます。
EU Civic-3特に目を引くのは2段にレイアウトされたメーター類。これに関しては今後のホンダ車に多数採用されるそうで、もうすぐデビューするであろう新型CR-Vもこのスタイルを採るそうです。完全に左右非対称なインパネも結構コスト掛かってるんじゃ?自発光式メーターも綺麗。しかもこのCivic、本革(?)シートです。もはやホンダのコンパクトカーとは思えませんね。やっとGolfや1シリーズに対抗出来るキャラクターになって来た印象。これは…久々に『欲しい!』と思わせるホンダ車が出てきちゃいました。この感動はEG型(スポーツ・シビックと呼ばれた5代目Civic)以来ですねぇ。

…しかし残念な事に、このスタイリッシュで拘りまくりなCivicは日本では販売されません。

Civic Sedan-1Civic Sedan-2国内で販売されるのは残念な事にセダンのみ。
このセダン、フロントは以前発表されたCivicクーペコンセプトの流れを汲んだモノですが…ハッチバック仕様に比べて格段にブサイク。こりゃヒドイ!セダンだけしか売らないなんて、ホンダは何を考えているんでしょうか?もはや日本国内ではCivicブランド=ゴミ扱いなんでしょうかね??もっと気合入れて欲しいのは私だけではないはず。定年退職カーと営業車の役目はライバルのカローラに任せればいいのに。Fitの影響が大きいのかもしれませんが、是非是非ハッチバックを国内輸入して下さい。
US&J-Civicの特徴はフロント→サイド→リアに続く変なモッコリでしょうか。偽装で判りづらいですが、リアのテールランプのデザインはAUDI New A4のような形状になるそうです。微妙。ちなみにこの白いCivicは恐らくHybrid仕様だと思われます。ガソリン仕様のCivic Sedanはオーソドックスなデザインのホイールが装備され、テールのスポイラーが省かれるようです。搭載されるエンジンは新世代1.8L i-VTECと新型Honda-IMAハイブリットなのは既に各所でニュースされている通り。現行Civicのハイエンドモデルに搭載されている1.7L VTECは非力で使い物にならないのにワンワンうるさい旧来のエンジンだっただけにどんな感じなのかが非常に気になります。1.5Lモデルに関してはFitとFit ARIAとの住み分けを考慮されラインナップされない可能性が高いです。

何はともあれ、今後のHondaの快進撃が始まるかどうかはこのCivicに掛かっているはず。個人的にかなり注目しています。