iPod U2 Color兼ねてより噂になっていたiPod photoの廃止。ついに…現実になってしまいました。が、本当に廃止されたのはモノクロ液晶のiPod。すなわちiPod photo(=カラー液晶)が標準化されただけの話だったり。
旧photoモデルは30GB/40GB/60GBと用意されていましたが、新しいiPodは20GBと60GBしか用意されていません。中間サイズが無いなんて凄い割り切り(w)まぁ…買っても少ししか曲を入れないユーザと、今までずっとiPodを使って来て容量が足りないユーザの2者が多いと考えれば妥当なのかもしれませんけど。価格は若干安くなり、20GBが32,800円、60GBが45,800円になっています。旧iPod 20GB(モノクロ)→新iPod 20GB(カラー)は価格据え置き、旧photo 60GB→新iPod 60GBは4,000円の値下げになりました。それに加え、U2 Editionも合わせてカラー化され更に価格は2,000円ダウン。某大旦那氏はきっと「orz」する事でしょう…(汗)

さて、カラー液晶に関しては旧photoからのキャリーオーバーなので目新しいモノではありませんが、新機能としてPodcast機能が搭載されたそうです。私はPodcast機能に関してあまり知識は無いのですが、Web上の音声データをBlog等の更新データ配信でおなじみの「RSS機能」を使ってダウンロード出来る機能だそうです。これを利用すると…個人レベルで簡単に最新の音声データの配信が可能になり、iPodをコンピュータに接続し更新する度に新しい放送が取り込まれるそうで、まさにラジオ配信のような感覚でしょうか。今後日本でも本格的に開始されたら流行るでしょうねぇ。ちなみに、この機能を利用する為にはiTunesを最新版の4.9にVer.UPしなくてはなりません。また、旧型iPodも同機能を利用出来るかどうかはまだアナウンスされていません。(きっとFarmware更新で利用出来るのでしょうけど)

iPod photoユーザとしてカラー液晶の標準化は惜しい気持ちと歓迎の気持ち両方って所でしょうか。最近のマイブームは撮り貯めた写真データをiPodにブチ込み飲み会やゼミの時に披露する事。これが意外や意外、結構ウケるんです(w)携帯電話の画面で(携帯電話のカメラで撮った)写真を見せられても然程嬉しくも楽しくもありませんが、ちゃんとしたデジカメで撮った高画質の写真をiPodの液晶で見ると…結構イイモノですよ。欲を言えば…もうちょっとカラー液晶の画質が良ければ言う事無いのですが。。。

アップル - iPod
アップル、カラー液晶搭載/Podcast対応の新iPod