RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

January 2014

P90075074_highRes

※写真と本文はほぼ関係ありません

さて、2013年1月頭に納車されてからおよそ半月。新車が来たばっかりなのに、忙しくてあんまり乗り回せていないのが残念なところ。…それでもちょこちょこ時間を見つけてはドライブし、今現在300kmほど走行しました。R50買ったときは暇だったから寝るのも惜しんで運転しまくったけど、もうその頃の情熱はどこへやらw

たった300kmほどしか乗れていませんが、良いとこ・気になるとこが出てきたので、メモ。

■良かった点
・ALL4システム→これだけ安定感のある走りをしてくれるのは超Good
・組立品質→R50のときと比べたらよく出来てる
・くだらないギミック込みで充実している装備→ビジビリティ・パッケージ

■気になる点
・車高の高さ→立体駐車場が…
・燃費の悪さ→さすがにちょっとこれは厳しいぞ
・標準オーディオ→音質、悪いよね。。。

続きを読む

MINI

だらだらと後編。

MINIを購入すると決めて→さてハッチバックを買おうか、それともClubmanを買うか、はたまたCrossoverを買うかの選択に迷う。『走り味』を考えれば間違いなくハッチバックのCOOPER Sを選択するとこだけど、後部座席に人が乗る機会も多いし、荷物積めるほうがありがたいからやっぱりClubman、でもドアは4枚欲しいし、生活圏の冬事情を考えたらAWDモデル欲しいからCrossoverかなぁ、と考えは堂々巡り。予算的な都合も考えると、中古のCOOPER S Clubmanが一番合理的な選択肢だろうなぁとも思ったんですが、結果的に…

続きを読む

5

前回の続き。

選択肢を5台あたりに絞り込んだ頃、消費税増税に伴うクルマ在庫の枯渇&納期の遅れがちらほらと話題になってきた。駆け込み需要に乗って買ってもどーせ8%施行後に対策値引が始まるだろうなぁなんて思ったりもしたんだけど、どのメーカーも鼻息荒く『今なら条件出しますよ』攻撃がハンパない。一度ガタっと落ちたユーロ為替も回復傾向。漏れ伝わる輸入車実質値上げの話。ん?これ、やっぱ早めに買ったほうがイイんじゃね?とも思ったり。

と、いうことで買い換え気分が加速。続きを読む

5

アコードを譲ることが決まったのが昨年11月。リミットは翌年(=今年)の8月まで。そこまでに決めれば良いかな〜悠長に考えていれば良いかな〜と思い、ふらふら〜っといろんなクルマを物色しておりました。

もう昔と違ってあんまりクルマばっかりにお金使うわけにもいかないので…ローンを組むとしても、月々の支払いが余裕な金額にしたい。でもそうなると選べるクルマは格段に少なくなってしまうというジレンマ。まぁまずは予算云々はあまり考えず、色々見てみようと思い、見てきたクルマは以下のとおり。

■国産車勢
・ホンダ フィット/オデッセイ(新型)
・スバル XV/フォレスター

■海外勢
・Alfa Romeo Giulietta
・Peugeot 208
・Citroen DS3
・Renault Kangoo
・VW Polo/Golf/Passat Variant
・Audi A1/A3
・Ford Kuga(旧型)
・Volvo V40 Cross Country/V60

と、まぁ…ジャンルもバラバラ、国籍もバラバラと何一つ統一感がない選択肢(笑)
あんまり国産車の選択肢がないのは、今現状で欲しい!と思えるクルマがほとんどないからです。今やホンダも買いたいクルマ、あこがれるクルマがない。残念だけど、ホンダ党から離党。その反面、最近のスバルは非常に魅力的。装備も欧州車に負けず劣らずどころか十分勝負できると思う。

ざっくばらんに色々みて、最終的には以下の5台に選択肢を絞る。

1)スバル XV
2)Volvo V40 Cross Country
3)VW Polo BlueGT
4)Renault Kangoo
5)Ford Kuga

続く。

IMG_1447

色々な理由があってアコードワゴンを手放しました。

…と、いっても、筆は実家で乗ってもらうことになっただけ。元々このクルマは2年ぐらい乗って→譲ろうと思っていたから、ちょうどそのタイミングが来たという感じです。

このクルマに乗り換えてから、さっぱりBlogで何かを残そうと思うこともなく。でも何気に、ナビ交換したり、Bluetoothつけてみたり、タイヤも換えてみたりとちょっとずつバージョンアップしてたんだけど、MINIほどエキサイティングするクルマではなかったかなぁ〜。

エンジンは踏めば踏むほど気持ちよく回ってくれるし、200馬力近いパワーで巨体もスイスイ走るし、乗っていても決して輸入車に引けを取らない乗り味。でもそれって『楽しい』ではなく『懐の深い』だったのかもしれないなぁ。ワタクシにはちょっとジェントルすぎました。…とは言え、国産車の中では相当良いクルマでした。仕事柄、大小さまざまなレンタカーで毎週1,000kmほど走る生活ですが、現状国産で一番売れてる?トヨタ・マークXを借りて乗り回してみても、コッチの方が全然良いクルマに感じるから何とも不思議。

■良かったポイント
・とんでもなく広い荷室→ゴルフバッグを無理なく4個+4名乗車が出来るなんて素敵。
・さすがのエンジン→ガソリン代さえ無視するなら回し甲斐たっぷり。
・10年前のクルマとは思えないスタイル→でももうさすがに古いよね
・快適なシート→大ぶり過ぎず、小ぶり過ぎず、腰痛持ちにはありがたいランバーサポートつき
・懐の深い足回り→最高、とは言わずとも、これだけ走れるワゴンはそうそうない

■気になるポイント
・ウリの電動パワーテールゲート→壊れてます。持ち上がりません(笑
・燃費→もう明らかに前時代。ハイオクで8km/Lしか走らないなんて…
・装備の弱さ→欧州Dセグはもっと装備ついてるぜ
・狭い後部座席→荷室デカくし過ぎたんじゃない?(笑
・安っぽい内装→良くも悪くもあの頃のホンダ品質

日本国内ではあまり評価されてない1台だったかもしれませんが、欧州を意識したクルマなだけに基本性能は抜群。国産ライバルメーカーのクルマとは比にならない位優れてます。これは発売から10年経過した今でもそう感じることが出来ます。一方で、インテリアの質感や装備内容、安全性能については当時の水準から見たとしてもお世辞にも良いとは言えず。

買ったときは20,600kmしか走っていない上玉物件でしたが、何気にバンパー擦ったりリアぶつけたりでボロボロに。…運転ヘタになったな〜。。。結局、20,000kmほど乗り回しましたが、とても満足できました。こんなホンダ車、2度と乗れないのかと思うとちょっと寂しい気がする。あと5年、10万km達成するまで実家で活躍してもらいます。

このページのトップヘ