RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

February 2009

nissan-nv200-first-images_1

nissan-nv200-2010

日産が2009年度中の発売を予告している新型商用バン『NV200』の写真が発表されました。日産車なんて興味に値しない私ですが…これは久々に『かなり気になる日本車』であります。

コレのコンセプト版は2007年の東京モーターショーで公開されていますが…まさかほぼそのままのスタイルで発売されるとは。日産・デュアリスもそうだったけど、最近の日産はヨーロッパが主力になりそーなクルマをフツーに日本でも発売してくれるイイメーカーなのかもしれない。なんでまたこんな商用バンをネタに?と思われるかもしれませんが…コンパクトカーと同じぐらい商用バンが好きだからですw先日も友人の引っ越しのために借りたハイエース・ロングバンを空荷で乗り回し『あぁ、こういうのが1台あったら意外と楽しいかも』なんて思ったりして。

以前記事にしたヨーロッパの小型商用バンは日常ユースでも魅力的なモノがたくさんありますが、日本の商用バンはデザインがちょっと地味過ぎたり、乗用モデルの設定が薄かったりとちょっと残念な状況なので、このNV200はグローバルモデルとは言えどもかなり気合いが入った1台に感じます。

…とはいっても、やっぱり本家(?)Renault Kangooに比べりゃちょっと地味。まぁプロボックス・サクシード、果てにはタウンエース・ライトエースあたりに比べりゃ全然マシですが。というか、逆に日本的バン=地味と欧州的バン=派手の中間っぽくてイイかもしれない。車体前半分の感じはRenault Trafficに似ている気もするけど…Trafficは日産でもOEM販売してるから問題なしなんだろうね。サイズは日本の4ナンバー(≒5ナンバー)に収まるもので、エンジンは日産ノートに搭載されている1.6Lエンジンが搭載されているそうな。ディーゼルも設定されるようだけど、日本はどうでしょうかね?エクストレイルにディーゼル用意したんだから、出しそうな気がする。

nissan-nv200-2010_2

一方、内装のほうはこれまでの日本の商用バンとは思えないぐらい良い感じ。シートの表皮に青色のファブリックを使用するところなんかは今までじゃ考えられなかったことですし。ここはぜひとも、モーターショーのコンセプト版のような、週末遊びに使えるよーな魅力的な乗用モデルが出ることに期待したいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

01-fiat-500c-1280

最近当BlogのメインネタがMINIなのかSciroccoなのか500なのかよくわからん混沌とした状況ですが…相変わらずブレまくり内容で書きますw

Fiat 500のオープンモデル、Fiat 500Cが写真デビューしました。実車は3月3日から開催されるジュネーブモーターショーで公開されるようです。長らく500のオープンモデルの噂は出ていましたが、『チンクエチェントに似たキャンバストップが採用される』というのがもっぱら言われてたわけで。で、結局その通りフルオープンにはならず屋根部分だけが開く(=ピラーが残る)簡易的なオープンモデルと相成りました。ただ、これまた噂が正しいのであれば、追って完全にオープンになるモデルも出るらしいですが。。。ホントか?w

02-fiat-500c-1280

この手のオープンモデルの利点はやはりピラーが残ることによって剛性が落ちないことでしょうか。MINI Convertibleはオープン化にあたってボディの各所が補強され、結果的に重量が増してしまっているのですが、こちらはそれほど補強が入っていないはず。それに、パーツひとつ見ても標準ルーフモデルと共用できる部分が多く、その分安価にできるという利点もあるでしょう。欠点としては幌を開放しても開放感が薄いぐらいか。でも逆に言えば幌を開けていても世間様に『いかにもオープン乗ってます!』ってアピールしなくてイイので…日本人にはこっちの方が向いてるかもねw

06-fiat-500c-1280

電動で動く幌はアイボリー・黒・そして写真にある赤の3色が用意される模様。ハッチモデルではリアガラスの上端に設置されていたハイマウントストップランプは幌と一緒に動くスポイラー内に収められ、さらにこー見えてちゃんと幌のリアスクリーンはガラス製だそーな。価格についてはまだ発表されていませんが、それほど高い値段で出ることはないでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

P0038504

先日、友人から『MINIって5月から値上げされるんでしょ?』と聞く。え?そーなの??と思ったら…ほんとうだった(※PDFファイル)。。。やっとポンド高が収まったし、ましてやこんなクルマが売れない時期に何でまた値上げしちゃうの?馬鹿でしょ?と思ってしまうのは単に私がケチなだけじゃないはず。モデル・グレードにより異なりますが、大体2〜4万円の値上げが実施されるようで。

さて、そんなどんどん高くなるMINIですが…ネットを彷徨っていたらこんなモノ発見してしまいました。

BMW MINI CLUBMAN D:株式会社 ル・パルナス

ぉ、Clubman Dの並行輸入車じゃないの!

待てど暮らせど日本に正規輸入されないディーゼルのMINIですが、こちらで販売されてました。しかも驚くのが…258万円という驚愕のプライス!前出の値上げ後Clubmanの価格が276万円だというのに、何だこの安さはwちなみに本国ではガソリン仕様のCOOPERよりもディーゼル仕様のCOOPER Dの方が高いです。なのに安いという。並行様々ですな。

詳細が掲載されていないので『憶測』ではありますが、この価格は本国標準仕様のプライスだと思われます。いちおーCDオーディオ標準装備ですが、エアコンがマニュアル仕様になっている・フォグランプがない・オンボードコンピューターがない等日本での標準装備状態よりもちょっと劣るはずですが、それらを装着したって大してそんなに値段が変わるはずがないでしょうから…コレは『買い』の1台かなぁと。欠点としては、当然のことながら正規車両ではないのでディーラー保証が付帯されていないことがありますけど。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加

19067_hd_ren2009clio_10625f55
19066_hd_ren2009clio_61bb77f9
Renaultがジュネーブショーでフロントマスクを大幅変更した新型Clio(日本名:ルーテシア)をデビューさせるそうです。とりあえず…この顔…正直どーよ?と思うのですが。。。

2008-Renault-Megane-Coupe-5

何で変更?って話ですが、新型Meganeのデザインコンセプトに近づけた結果なんでしょうね。フロントバンパー左右を斜めに走るキャラクターラインやグリルレスの顔つきは完全にMeganeやその兄貴分のRaguna譲り。メーカー全体でデザインイメージを共通させるのはよくあることですが、まさかモデルライフ途中のClioまで変えるとは。ちなみに後ろはコンビランプのデザインやバンパーのデザインが少々変更されただけで基本的にはマイナー前ほぼそのまま。そういや、モデル途中で大幅変更した例(+ガッカリした例)といえば…Peugeot 307を思い出します。フランスメーカーって意外と顔つきをガラッと変えることに抵抗ないのかなぁ?

renault_clio_r3_1

参考として、これがマイナーチェンジ前のClio。日産に似たブタ鼻?グリルが目立ちます。シャープな造形というよりかはどことなく愛嬌のある顔つきに思います。どーでもいいですけど…写真のClio Renault Sportは日本導入にならないのかしら?記憶が正しければ…前回の東京モーターショーに出品されていたよーな気がするけど、Renault Japonのウェブサイト見てもRSの情報ひとつも見つからず。本国ではかなり評判イイ1台らしいですから、一度乗ってみたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Fiat 500 by DIESEL

昨年11月からイタリア本国で発売されたFIATとDIESELのコラボモデルが日本でも発売開始になったそーです。全世界10,000台限定で日本割り当ては150台。意外と少なめですね。あ、いまさらですが、DIESELといってもディーゼルエンジン(以下略

以下プレスリリースより。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ