RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

December 2008

Abarth Badge

ここ数週間、クルマを取り巻く話題はどれも暗くなるモノばかり。とくに日本メーカー勢の世界選手権レースの撤退の話題にはかなりガッカリですが…久々に『個人的に』明るいネタが。ついにAbarthが日本に正式導入になります!

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)は、同社が2009年よりアバルト ブランドの日本におけるオフィシャル インポーターとなることを発表致します。最初の導入モデルとなるのは、フィアット グランデ プントをベースに開発されたアバルト グランデ プント(ABARTH GRANDE PUNTO)で、販売開始は2009年2月14日(土)を予定しており、全国メーカー希望小売価格は2,700,000円(消費税込)としています。また2009年春にはフィアット500をベースに開発されたアバルト500(ABARTH 500)の販売開始も予定しています。フィアット グループ オートモービルズ ジャパンでは、東京、名古屋、大阪、福岡の4都市で順次アバルトディーラーを展開致します。

Fiat Japanプレスリリースより一部抜粋


Grande Punto Abarth

と、いうことで第1弾は本国発表の順序通りGrande Punto Abarthからスタートだそうです。そのあとそんなに待たずに500 Abarthも導入されるようですが。Grande Punto Abarthについては以前書いた記事を参照してもらうとして…驚くのが日本価格。なんと驚きの270万円!円高ユーロ安になったとは言え…これはかなりの割安感!500 Abarthの価格はまだ発表されていないですが、そちらもかなり魅力的な価格で出てくることが想像できます。

一方残念なのが、Abarthディーラーが全国主要4都市にしか用意されないことでしょうか。その他の地区の扱いはどうなるんだろ?おそらくはFiat・Alfa Romeoディーラーでも購入できるとは思うんですが…。ま、Fiat Japanの規模を考えればAbarthディーラーの本格展開はムリか。今のところ2車種しかないし。それと、本国で用意されている180馬力にパワーアップできるSS(esseesse)キットの導入はあるんでしょうかね?


以下プレスリリース全文です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

VW Scirocco Study R

VW Scirocco Study R

先日の記事に書いたVW Sciroccoのスペシャルモデルが…コンセプトとしてもう登場wその名も『Scirocco Studie R』だそーです。イタリアで開催されるボローニャモーターショーで初公開される模様。だからそういうカラーリングなのね。

噂どおり中身はAudi S3に搭載されているものと共通で270馬力の2Lターボエンジン。それに6速DSGを組み合わせたものになっています。FFに270馬力ってなんかもう…まともに走れるのかと思うよーなスペックですなぁ。その分足回りやブレーキ・タイヤは強化されているようですけど。

外見は…確かにGT24に似たものになってるけど…もっと尖ったモノを期待していただけにちょっと残念かなぁ。フェンダーも標準ママみたいだし。LEDが組み込まれたヘッドライトやスモーク化されたテールランプはカッコイイけど、これはConceptだけの特徴のような気がします。

VW Scirocco Study R

VW Scirocco Study R

その反面、内装はかなり魅力的。レザーが奢られた内装はノーマルのSciroccoでもありますが、ブラック革×レザー仕上げのバケットシートは超COOOOOOL!!に感じます。

気になるのは、コイツが『後に出るGolf R20Tの予告版でしかない』という噂があることです。出ないのコレ?出してよ〜。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ