RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

June 2008

エアコンフィルタ

エアコンが臭いし、エンジン始動するたびに窓が曇るようになった。こうなったらいつものエアコンフィルタ交換です。前回交換したのは昨年6月。北海道だからそんなに汚れてねーだろ、と思ったのが間違いだった。使用済みフィルタを出してみたら…すげぇ汚い。汚れをジーっと観察してみると、川崎に住んでいた頃の汚れとは違い、土ボコリがたっぷりでした。やっぱ田舎は田舎で汚れるモノなのね。。。

もうひとつ。今は地元にある某BMWディーラーでパーツだけ購入し→自分で装着するのがお決まりなのですが、今回、ディーラーで『エアコンフィルタ下さい』というと、当然のよーにカーボン(活性炭入り)のタイプが出てきたのがなんとも。以前Nicoleで同じようにフィルタを購入したときはカーボンあり・なしを聞かれていたんですが、今回は何も聞かれなかった。カーボン入りフィルタは価格が高いので、カーボンなしのが欲しかったのにも関わらず、ディーラーの担当さんが知らないだけなのか、それとももうカーボンなしがもうないのか『聞いたことがない』『標準はカーボン入りだから』と釣れない回答。結局ムダな会話のやりとりが面倒になったのでカーボン入りのタイプを買って帰ってきましたが、それってどーよ?と思いつつ。

交換後の様子は、いつも通りですw

見積書

My MINIも車検まであと1ヶ月ちょっと。乗り換える気なんてありませんから、そろそろ『どこに出すか』をちゃんと考えなきゃいけない時期になりました。が…実際のところ、まだどうしようか悩んでいる状態です。金がタップリあるなら間違いなくディーラー車検に出したいんですが、そんな余裕ナシ。でも、現状のMy MINIがどんな状況になっているのかもよくわからない。ってことで、札幌旅行に行ったついでに正規MINIディーラーであるMINI札幌で簡易点検を受けてみることにしました。

以前からMy MINIは窓開閉時にファニーな音がしたり、他のMINIと比較して明らかにラジエーターファンの音が騒々しかったり、最近は走行中にリアの方からガタガタギシギシと異音がしたり、エンジン始動時にセンターメーターの針が『ガガガガガ』と小刻みな謎の動きをするという、非常に満身創痍な状態でした。また、致命的ではありませんが、そろそろクラッチあたりに距離相応のヤレも。クラッチは別として、他の事象が果たして『故障』であるのか、はたまた『調整で直る』ものなのかがよーくわからない状態でしたので、こういう時はプロの目に任せるのが一番でしょう。

で、結果として…これらの不具合はこーいうことでした。
1)窓の音…ウェザーストリップの劣化→交換が必要
2)ラジエーターファンの音…低速ファンが死んでいる→交換が必要
3)リア異音…新車購入時から装着しているリアスポイラーの固定ネジがゆるんでいた→即調整=解決
4)メーター針不審動作…バッテリーが限界のサイン→バッテリー交換が必要
という感じでした。

特に(2)のラジエーターファンの音に関わる故障は結構深刻。と、いうのも、あの騒々しいファンの音は高速ファンの音で、基本的にあのようなうるささなのだそうですが、まだ外気温がそれほど高くないこの季節に頻繁に回っていることがダメだそうな。MINIのラジエーターには2つのファンがあり、ひとつは水温が低いとき=早い段階で水温を一定保つために動作する低速ファン、もうひとつは水温が高いときに強力冷却するため動作する高速ファンがあるんだそうな。で、普通の状態なら低速ファンが動作し水温を保つのですが、My MINIは低速ファンが死亡しているため、高速ファンがONになる水温でやっと冷却→水温が下がるという状態。すなわち、水温の変化が激しいクルマになっているということですね。今思えば、この高速ファンがバンバン回る状況はかれこれ2年以上前から起きていたよーな気が。

で、クラッチ交換を含め、これらの故障を全て修理するとなると…20万円オーバーという見積結果が。内訳はラジエーターファンが63,000円、ウェザーストリップが18,270円、クラッチが112,876円という素晴らしい内容。バッテリーは自分で廉価なモノ買えばいいのでパス。更に車検料金(税金等込み)を含めた結果、総額35万円!!!これはマズイ。とてもじゃないですがこの額は払えません。。。クラッチとウェザーストリップは緊急性それほど高くないから飛ばしてもいいけど、電動ファンとバッテリーはもう無視出来ないしなぁ。。。


こりゃ、ちゃんと修理するか(=どう金工面するか)、そのまま放置するか…そろそろ本気で考えないとね。ちなみにMINI札幌でのMy MINI現状買い取り価格は…60万円だそーです。うーん、乗り換えは絶対に無理すw

0W-5正月ぶりに実家に帰省。っつーことで、オイル交換しました。前回の交換が約70,000km、で、今回は79,000kmっつーことで前回と同じくまたあんまり乗らずに交換になりました。なんか勿体ねぇなぁ。個人的には15,000kmぐらいで交換がちょーど良いサイクルな気がする。でも…心の中で『どーせなら、今換えたい』という気持ちのほうが強かったという状況ですw

今回の作業は親戚関係でお世話になっているガソリンスタンドで機械・工具をタダで借りて行いました。タダで借りられるなんてホントありがたい話です。本来ならジャッキアップしてドレンプラグ開けて下抜きして作業した方が良いのかもしれませんが…ジャッキアップした後MINIに潜ろうとしたとき『あ〜〜なんか面倒くせぇ〜』と思ってしまい、結局GSにあるオイルチェンジャーを使用。チェンジャーで作業するなんて初めての経験でしたが、アレってすんごく便利っすねぇ〜。しかも、よく『上抜きだとちゃんとオイルが抜けきらない』って聞きますが、自分でやってみた結果キッチリ4L分抜けました。さらに、作業時間はわずか数分。便利ったら無いねコレ。

オイル自体は当然ながらメタル片なんかはひとつもなく正常。ただし汚れが結構凄くて真っ黒な状況で、新品のオイルと見比べるとその差は歴然っつー位です。まぁこれは毎回交換時に落としたオイルは真っ黒なので今更特に驚くこともないんですが。今の化学合成オイルって色じゃ判断できないらしいけど、どーなんだろね。オイル交換後のフィーリング変化に関しては、今更もうほとんど感じられなくなったってのが本音。エンジン音が静かになったり、回転フィーリングが良くなったよーな『気がする』だけでほとんど変化出てないと思います。そう考えれば、あと1年ぐらい放っておいてもよかったかなぁという気もしますが…まぁオイルぐらいはケチらずにイイ奴入れてあげたいなぁ〜と思うのが本心です。

このページのトップヘ