RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

June 2007

MINIsta Vol.09MINISTA Vol.09

(たぶん)6月15日発売。価格は1,300円です。

実はVol.8も購入済みなのですが、あまりに誌面がつまらなかったのであえて紹介せず。で、今回、どうやら全面リニューアルをしたようで内容がかなり刷新されています。ネタ切れ感満載だったのも新型が登場したことによりなんとか挽回できた感じか?しかしながら、やっぱりどうしてあんまりオススメできません。だから今回も『書かないでおくかな』と思いましたが…こちらのBlogもネタ切れ気味なので書きましたw

メイン記事は新型の紹介。でもそれより前のページでなぜか今更JCW GPの紹介記事を掲載するのはちょっと変。さすがにもう旬を過ぎた情報じゃないの?全面刷新されたとはいえ、どーも写真ばかり多用しているので肝心の内容が薄い。オサレなのは認めますが。そういう意味ではかつて彗星の如く現れ消えていった某MINI雑誌を彷彿とさせます。これはこれでいいのかな?もうひとつのMINI雑誌はお世辞にもオサレとは言えませんから。(またそれはそれでいいんですよ。断じてダメな訳ではない)

でも、オサレのひとことで片付けるなら…オーナーカーとして出ているMINI達は(以下略)ま、そんなとこでしょうか。この路線で行くのならそれはそれでいいと思います。でももっと濃い記事が読みたい!結論として、MINIsta Vol.9は『どーしても欲しいなら買って・そうでもなければ立ち読み』レベルだと思います。

MINI Clubman

久しぶりに…キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

海外サイトにMINI Clubmanのスッピン画像が掲載されています。今まで数多くのClubman画像がありましたが、これはまさに市販版そのもの!テール部の擬装もテーピングも無ければエンブレム類までちゃーんと装備されていること、また、後部座席にカメラのような機材を考えれば…恐らくプロモーション用素材の収録か何かかと思われます。

MINI Clubman

まぁ、それはともかく…今まで謎だったテールランプの形状やドアヒンジ部の詳細がわかります。テールランプはMINI Conceptと違う形状になっています。Concept版は新型MINIのヘッドライトと同じくボディ固定式(=ヒンジに穴が開いている形状)だったのが固定式と思われるものに。テールランプ自体の意匠も異なっています。また、ハッチのCOOPER Sはリアフォグがバンパー内に設置されているのに対し、こちらはテールランプ下部に移設。またまた、マフラー自体もセンター2本出しではなく左右2本出し。…こっちの方がかっこいいぞ!

リアドアはもうご存じの通り観音開き。それにあわせてワイパーも2本。気になるのが後部視界の状態ですが…これは実際にチェックしてみないとわからないなぁ。見た感じそれほど悪そうではないですけど。。。ドア周りの処理はConceptと共通のシルバー。好みが分かれそうですが…ハッチ版とは全く違う見た目なので目立つこと間違いなし。残念なのがMINIエンブレムの位置で、左ドア左下になっています。どうせならConceptと同じくセンターに大きめのやつ設置して欲しかったなぁ。グレードエンブレムはその正反対に位置しています。もし自分が購入したならこの二つは真っ先に除去だな。

MINI Clubman

サイドから。こうやって擬装なし・正式なボディカラーの状態で見てみると、やっぱり長く見えますね。ハッチ版に見慣れた目にはちょっとだけ違和感を感じますが、イイ。すごくイイ。欲しい。欲しいぞ!!!!!!

ライトニング・レッド

興味深い話をひとつ。写真は新型スバル・インプレッサですが…今回の話題はインプレッサがイイ!という話じゃありません。赤いボディ色の話です。

新型インプレッサに用意されている『ライトニング・レッド』というボディ色、赤色なのにオプション価格31,500円になっています。通常、ホワイトパール色を選ぶと追加料金が掛かるのが一般的ですが、赤いボディ色に追加料金は珍しい。ちなみにMINIの場合も、メタリック色は追加料金ですがチリレッドは追加料金なし。何故か?…それはどうやら、通常の塗装にもう1層クリア塗装が施されているそうなんです。しかも、クリアが1層追加されている理由は…赤いボディ色は色褪せやすいことからとのこと。そうだったのか!知らなかったよ!!!

よく調べてみると、色褪せやすいボディ色の代表例は赤と黄で、これらは塗料に含まれている顔料の性質上、他のボディ色より環境の影響を受けやすく、色あせしやすいとか。だから、インプレッサはクリア層を1層追加して色褪せを防ぐという方法をとったんですね。ちなみに色褪せしにくいボディ色は…シルバー。ま、そうだよな…。

今まであんまり気にしたことなかったけど…赤は色褪せしやすいボディ色だと知ってなんか損した気分。いや決して損はしてないけど。。。色褪せしたボディ色は再塗装しないと戻らないよな?…再塗装する気はないけど、そのうち磨きとコーティングぐらいはやっておきたいところです。だってそのままにしておいたらもっと色褪せるってことですよね??

My MINI 0706

せっかく久々にMy MINIに乗ってきたのに…たいした記事も書かず戻って参りました(汗)

先日の記事後の動向といえば…北海道が季節はずれの猛暑、それに伴いMINIも悲鳴をあげていました。エアコンをかけても焼け石に水、窓全開で走っても暑いのなんのって。それを表すかのように、MINIの外気温計(路面温度計?)の数値も最高38℃と川崎でもなかなかお目にかかることのなかったありえない数値を表示していましたwどうやら、その日は日本で一番暑かったみたいですからね。。。電動ファンもまわりっぱなし、燃費がた落ち、エアコンもフル稼働しているのでパワーロスも激しい状態でした。

それから数日後、今度は一気に涼しくなり、日中は25℃前後で推移。それを見計らって長距離ドライブと山道ドライブを堪能してきました。長距離ドライブは片道150kmほど走り、山道ドライブは親戚の兄様に教えてもらった林道をいいペースで快走。ここで気になったのがやっぱり足回りで、今更ながら、どーも今の仕様・状態では北海道の轍タップリ段差もタップリの道にはあんまり向いていないよーな気が。それに加えて突き上げ感が前より大きくなっているのは気のせいじゃないはず。ただ単にダンパーがへたっているだけならいいんだけど。今後、北海道がメイン居住地になる予定なので改善したいところです。やっぱりKONI FSDあたりがベストなんだろうかなぁ?

また、久々に大雨時にPlayzを履いた状態での走行もありました。(前回の帰省時はスタッドレスタイヤだったため)…改めて言いますが、正直Playzは雨に弱いと思います。まぁ、今まで履いていた夏タイヤはどれも純正OEタイヤ(=超コンフォートタイヤ)ですから雨道性能が落ちてしまうのは想定内ですが…とても褒められたものじゃないです。ちょっとでも水たまりがあると途端にダメタイヤに変貌。排水性能低め?ドライグリップがなかなか良好なだけに残念です。いい意味でも悪い意味でもPOTENZA GIIIの後継タイヤなのかも。意外とスポーツ志向タイヤ?セールスコンセプトと合ってないよーな。

エンジンは相変わらず快調。回せば本当に元気です。しかしこれまた前出の猛暑で途端にパワーダウンし、エンストしかけた場面多数。エアコンが元凶なのはわかるけど、止めたら暑すぎで運転していられないし、こればっかりはなぁ。。。イイ解決法ないかなぁ。

その他の箇所に関しては、ブレーキ関連の消耗はけっこう減ってたけどまだ大丈夫そう。バッテリーは相変わらずあやしいので要観察継続。ファンの異常動作は猛暑だったので検証出来ず。クーラント量は全然減っていなかった、定期点検の予約は完全に忘れてたw

ちなみに新たなトラブルも発生。また運転席側パワーウィンドウの動作があやしくなってます。ドア開けても窓が下がらなくなる症状が多発。その都度リセットすればいいんですが、本当に煩わしい。母上様が知らずに開閉して窓を破壊しないことを祈るしかないけど…。それから帰省前チェックリストにあった燃料キャップはまだ大丈夫そうだったのでそのまま放置決定。

結局、1週間半で約1,000kmほど走行。ガソリン補充は満タンで2回。半分は猛暑の中街乗りだったことを考えると燃費はまずまずかな。今回の帰省が今年いっぱい最後の帰省なので…次MINIに乗るのは早くて来年1月の予定。ああ、そう思うとこの先長いなぁw

MINI 虫まみれ

久々に、やっとMINIに乗りました。思えば最後に乗ったのが3月頭。約3ヶ月ぶり。この3ヶ月はほぼクルマとは無関係な日々でしたので…うれしさもひとしおでございます。

しかし…やっぱり3ヶ月も運転していないとなると…運転忘れてました。運転し始めの瞬間は、クラッチペダルを踏む左足はなんとなーく震えているし、ハンドルを握る手もなんとなーく動きが固い。でもそんなのはちょっと運転したら思い出しました。今ではもう以前のように運転出来てます。軽く忘れてただけでしょうかね。

さて、今回の帰省は個人的イベントがてんこ盛りで…長距離移動も含まれています。その結果が、上の写真です。田舎走るとこんな感じで虫まみれ。さっさと洗わないとこびりついて取れなくなります。非常に厄介です。MINIの調子に関してはまだ3ヶ月しか整備放置してませんから意外と大丈夫。ひとつだけ、オイルが結構減ってました。今後は気をつけておかないと危ないな。ミッション・クラッチは思っていたほど悪化が進んでおらずホッとし、足回りも以前と同じ状態。劣化はそれほど進んでいませんでした。

エアコンフィルタ

でもひとつだけダメだったのが、エアコンフィルタ。思い出せば以前換えたのずいぶん前だったよなぁ〜と。そう思ってチェックしたら案の定真っ黒でした。それに加えて、昨日今日と北海道は真夏日。エアコンつけないと熱中症になるような天気。それなのに心なしかエアコンの風量が少ない。。。ってことで、思い切って交換。

新しい実家の近所にあるBMWディーラーに初来店。片田舎のBMWなので部品在庫あるかどうか心配でしたが、カーボン入りのフィルタのみ在庫してあるとのことだったので今回はそちらを購入しました。値段は4,830円。メカニックさんが応対してくれたので購入後ご丁寧に『装着しましょうか?』と言われましたが、汚い交換前フィルタを撮影したかったので丁重にお断りしてきました。ついでに、オーナー登録住所が以前の川崎のままだったので、新しい実家の住所に変更しておきました。こうすれば今度からはこのBMWディーラーからDMが届くのかな?よくわからんなぁ。ともかく今後はココがメインディーラーになりそうです。

Aragosta E

帰省まであと6日。来週の今頃にはもうMINIに乗れる…と思うとゾクゾクしてきます。最後に乗ったのが3月頭、たった3ヶ月のご無沙汰なのにもう運転を忘れているっぽいしなーんか1年間ぐらい運転していないよーな気になる。まぁそんなことはさておき、必ずやっておかなきゃいけないことを自分のためにリストアップ。

1)クーラント残量チェック
2)オイルレベルチェック
3)ファン音のチェック
4)給油口フタのチェック
5)バッテリーの状態チェック
6)サスとタイヤのチェック
7)エアコンフィルタのチェック
8)ドア立て付けのチェック
9)ブレーキパッド・ディスク残量チェック
10)1年毎定期点検の予約(BMWディーラー?)


基本的に日々のメンテナンスは親夫婦に任せています。が…実家のミニバンのオイル交換を1万キロも放置していた夫婦のことですから、MINIも乗りっぱなしにされていることが容易に想像できます。総走行距離が7万キロを突破しているので、細かくメンテナンスを施さないといっぺんに逝っちゃう可能性が高いので注意深く観察しているんですけどねぇ。。。ま、3ヶ月放置ぐらいじゃ酷い状態になってる訳ないんですけどね。

ちなみに…最近、ToDoを書いておかないとすぐ忘れてしまいます。『忘れてた』の典型例が自動車税。昨日、焦って納付してきました。ダメだなぁ。ひとつのこと(=勉強)ばかり考えてると、他のことをすっかり忘れてしまいます。単細胞故。このクセで何度失敗したことやら。。。失敗しても懲りない、ダメ人間。というよりボケ人間。ちなみに去年の4月から手帳を持つようになってからだいぶ改善されてはいるんですけど、でもまだまだ人間の平均レベルには達しません。どうしたらいいもんでしょうか?今流行の『脳トレ』やったら何歳って出るんだろう?…言い換えれば、今の自分にとって関連性が薄いモノを忘れる便利な脳なのかもしれませんけどw

普段は街乗り(通勤&買い物カー)にされているMy MINI。今回の帰省は長距離移動が入るので…久々にエンジンブン回してきてあげようと思います。6月の北海道は梅雨知らずで非常に快適な気温なので…ドライブに最適。楽しみ!

このページのトップヘ