RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

May 2007

R56 MINI COOPER

MINIのレンタカー続報。調べてみること数回。どうやらまだまだMINIのレンタカーは存在することが判明!しかも都内でも借りられるそうな。その素晴らしいレンタカー店はオリックスレンタカー学芸大学駅前店です。

しかもラインナップがかなりオツ。MINI ONE SEVENと新型COOPERの二本立て!うほほーい。しかもキャンペーン中につき料金割引中!うほほーい。価格が24時間でONEが9,975円・新型COOPERが11,550円だそうな。デート時はこれで決まりだな!ただしオリックスレンタカーは個人的に避けたいんですけどねぇ。。。他の営業所ではルノークリオやプジョー206、ゴルフにビートル、アルファ147もキャンペーン価格中。デート時はこれでもいいかな!?

…オリックスじゃなきゃあマジで借りたいんだけどなぁ。オリックスが嫌いなのは…以前代車としてボロいシビックフェリオ借りたときに不運に見舞われたからです。ほんのちょっと擦って3万円。トヨタやニッポンじゃ考えられないぐらい傷に厳しい。だから嫌い!

擦るお前が悪いじゃないか、というツッコミはあえてスルー

この他にも大阪・仙台・九州でレンタカーを確認。けっこう全国的にありそうな予感。しかも九州はコンバチときた!行く機会無いですが…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

GT Sport

友人TのGT TSIネタ。もうすぐ6月。本来のスケジュールではそろそろ具体的な納期がわかっても良さそうな時期なのですが、どーも遅れるだの早まるだの話は二転三転。ま、輸入車購入時にはよくありがちなことですが。ちなみに今交渉しているのは、納期云々ではなく『2ヶ月間借りる代車』だそうです。…まさかGolfの客にTouareg貸してくれるとは思わないが。。。まぁその辺はどうでもいいか。

そんな中、GT TSIもイヤーモデル改良の噂。今度はあのGTIに装備されているブラックグリルが装備され、プライバシーガラスが装備されるとか。へぇそうか、なんて思っていたら…イギリスVolkswagenからGolf GT Sportが発表されました。

このモデル、標準仕様のGT TSIにスポーティな装備を施したもの。ブラックアウトバイキセノン、ブラックフロントグリル、スポーツサスペンション、スポーツシート、レザーステアリング、プライバシーガラスなどが装備されています。しかしながら、よーく考えてみると、これらの装備のうち日本仕様のGT TSIに装備されて『いない』ものはブラックグリルとプライバシーガラスだけ。すなわち、この仕様こそが日本仕様'08モデルのGT TSIなのでは?と憶測。

ブラックグリルにする真意はGTIと似た顔に仕上げてスポーツ感を強調する意味があるんでしょうか。個人的にはGTI萌えですからこっちの顔の方が好きです。まぁ現行GT TSIも同色グリルを外して黒く塗ればいい(もしくはGTIグリルに交換する)だけの話ですし、ブラックグリルは好みが分かれるところですから、そんなに大きなことじゃないですかね。でもプライバシーガラスが標準装備となるなら話は別です。これも後からフィルム貼ればいいだけの話ではありますが、後からフィルム貼るとそれなりにお金掛かりますからねぇ。うちの場合、MINI購入時にプライバシーガラスがOPとして用意されていましたから良かったですが、現行GT TSIはOP用意もなし。標準は今時珍しいクリアガラスですから…。クリアガラスって後続車両にとっては1台前の前方が見えるので良いけど、乗ってる方としてはやっぱり恥ずかしい。後ろのクルマから鼻クソほじってんの見えちゃう訳だからw


…それにしても、なぜこんなに他人のクルマ購入でウキウキなんですか?と思われそうですが、その理由は単純明快。このGT TSIが北海道の左半分用愛車になるからですwちなみに右半分はMy MINIで対応。うーん、素晴らしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Shure E3c

またまたイヤフォンネタ。

そして、またまたイヤフォン壊れましたネタ。
しかも 前 回 と 同 じ 部 分

いい加減にしてくれないか?

前回壊れたのは左側でしたが今回は右側が破損。ただし前回と違いかろうじて取れない状況なのが救い。でもやっぱりいつボロっと逝ってもおかしくない状況ですから完全に壊れるのも時間の問題か。2回も同じ箇所が壊れるなんて…疑うのは製品の出来の悪さか、自分の扱いの悪さか。。。まぁ、毎日長時間使用していますし、遮音性の高い(=キツイ)トリプルフランジイヤパッドを装着している以上、装着する度グイグイねじこまなきゃいけないのが一番悪いのかも。ただ、ねじこむ装着法は『推奨された装着方法』ですから…ボクチャン悪くないよね?w

で、破損に気がついた際『そういえば、購入したのってちょうど1年前ぐらいだったよな?』と嫌な予感。で、携帯から自分のBlogをチェックしてみると、やっぱり購入日から1年が経過していることが判明。その時点で『ああ…やっちゃった…』と思ったんですが(同時に新しいShure SE210の価格をチェックしてこんなに高いの買えねーよ、と落胆もする)寮に帰って来てから保証書を見てみると、

保証期間 お買い上げ日から2年間

あ、まだ保証効いてる!!

ってことで修理に出そうかと思いつつ。ただ、以前のように1ヶ月も待たされるのは困るなぁ。今更安イヤフォン(含むApple純正)で音楽聞くのはもうゴメン。前回の教訓を生かし、ヒビノに直接掛け合ってみようかしら。どーせまた新品交換だろうしさ。…でもせっかくイイ意味でヤレて来て音が良くなったのにまたやり直しかと思うとこれまたガッカリですが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ONE

もしもシリーズ。もしも私がONEを買うとするならばこうする!

1)ボディカラーはアストロブラック
2)ホイールはどうせ後に換えるからテッチン
3)オプションは極力つけない、つけるなら交換しにくいものだけ

で、予想図としてはこんな感じ。どーですかこの感じ。なかなかオツですな(自分で言うなよw)ホイールはテッチンですがしっかりキセノンヘッドライトやフォグランプは装備。この姿で後にチェッカーフラッグルーフと白ボンストつければ…もはやチープ感は感じさせません!当然ながら、ミッションはMTです。どうせ日本国内じゃスピード出せないんだから性能もこれで十分だろwましてや、ONEなら『サーキット走ろう』って気もなくなるだろうしね。サーキット走りたいときは…赤黒MINIに犠牲になってもらえばいいし。

この画像では判別出来ませんが、内装は日本仕様のONE自体がそれなりのレベルの装備しているのでほとんどノーマルでOKかと。唯一、私なら後で交換しようとすると高くつくスポーツレザーステアリングとスポーツシートは装備。ただ、問題はオーディオ関連をどうするかですね。社外品への交換は難しそうだし。純正OPでカーナビとハイファイオーディオが用意されてるらしいから、その辺で我慢するしかないか?


…なんて大まじめに考えても、買いませんw
このエントリーをはてなブックマークに追加

Shure EA306-J

イヤフォンネタ。不慮の事故で無償交換されたShure E3c、最近は行き帰りの電車で音楽を聴き、簿記講座では個室でDVD講座を視聴するために使用し…毎日10時間ぐらい使用中。そのためかなり音がこなれてきたのか、最近iPodですらすんごくいい音。かなり嬉しいですwそんなことはさておき、毎日これだけ使用していると…耳栓型イヤフォンの宿命でイヤパッドがすぐに汚くなります。何回洗っても黄ばみは取れないし、型くずれも起こすし、長時間装着しているから…(以下略)。耳栓型イヤフォンの宿命ですね。

…と、いうことでヨドバシカメラへ行き新しいイヤパッドを購入してきました。

購入したのはトリプルフランジ・イヤパッド。以前から使用しているやつです。しかしちょっと違うのがそのパッケージング。今までは2コセットだったのですが、今回はなぜか6コセットになっていました。その分価格も上昇。2コセットは確か800円程度だったのですが、今回の6コセット1,870円。1コあたりの価格はちょっと下落。…消耗品だからこっちの方がいいかもね。

Shure E3cは標準で透明の硬いイヤパッド・グレーの柔らかめのイヤパッド・黄色いスポンジの3種類のイヤパッドが付属しています。私の場合、購入当初はグレーのイヤパッドを使用し→その後は黄色いスポンジを使用していました。で、前回。その黄色いスポンジが汚れてしまったので新しいイヤパッドを購入しにヨドバシへ行ったら…今回紹介しているトリプルフランジに出会い、『モノは試しだ!』と衝動買いしたのがきっかけです。キノコを3つ重ねたような不思議な形状なのですが、装着性のよさと遮音性の良さはピカイチ!しかも長時間装着していても不快になりにくいところも利点。今はもうこれ以外使えません。

1コあたりの価格は他のイヤパッドに比較してちょっと高めですが、Shureイヤフォンを使用している方には是非オススメです。ただし、標準の状態ではパイプ部分が長すぎて装着しづらく、なおかつ耳に装着した際イヤフォンが耳からすごく出っ張りかっこ悪いので適宜カットしたほうがいいかも。私の場合、3段の高さと同じ長さでカットしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

AVIC-VH099G

こちらも新型登場。Pioneer/carrozzeriaのHDDカーナビ・サイバーナビの新型です。今回のサイバーナビは『第3世代カーナビ』と銘打ち、スマートループを最前面に押し出した展開。スマートループの一部機能(センターに蓄積された渋滞統計データを読み込むのみ)は先代モデルでも採用されていましたが、今回から最新の渋滞情報を取得できるようになりました。

さて、スマートーループ。まだまだ聞き慣れない言葉ですが、これは簡単に言えば詳細な渋滞情報の共有機能です。カーナビに通信機器(携帯電話等)を接続し、センターと情報をやり取りすることで、搭載各車の走行データを共有。VICSではカバーしきれない路線の渋滞情報を取得することができ、今まで以上に渋滞に対応した走行が可能になる仕組みです。このスマートループをいち早く導入したのはホンダのインターナビ・プレミアムクラブ。新車に標準装備されている純正カーナビの利点を生かし、会員数は50万人、蓄積データは2億kmを突破し、この分野ではトップ。それに続くのが、トヨタのG-BOOK陣営とパイオニア陣営。

今回、サイバーナビが採用した『リアルタイムプローブ』は前出のインターナビやG-BOOKにはない新しい機能です。今までのスマートループは『蓄積プローブ』と呼ばれる、センターが収集した各車両走行データを統計化したものが主流でしたが、リアルタイムプローブは各車両走行データをそのまま配信するもの。統計データでは対応しきれない突発的な渋滞にもいち早く対応することが出来ます。この機能についてテレビ東京のワールドビジネスサテライトでレポートが放映されていましたが、確かにこの機能は最新の情報が反映されるようで、反対車線で出来た渋滞にも即座に対応する柔軟さ。今まで以上に渋滞を避けた走行が可能になりそうです。また、スマートループはただの渋滞情報共有にあらず。各車から集める走行データは駐車場入口のデータまで共有出来るようになるというから驚きです。今までのカーナビでは駐車場を目的地に設定してもどこが入口なのかわからないまま案内終了ってのが多かったですから。

ただ、気になるのがこの情報のやり取りは携帯電話を介して行うことでしょうか。現在、携帯電話各社はパケット定額制を提供していますが、カーナビ接続による通信は対象外。すなわち、通信費がかかるということです。パイオニアでは、走行データのやり取りに関してはデータ圧縮を行い通信費の節減に努めているようですが、それでも1日使って数百円の通信費がかかりそう。安いのか高いのかは微妙なところですが。ちなみにホンダインターナビの場合、ウィルコムと提携し月額525〜1,050円で定額PHS通信を使用でき、トヨタG-BOOKはグループのKDDI(au)は組み込み式通信モジュールを利用。。パイオニアも通信業界と提携して(残りはドコモとソフトバンク…)このような定額サービスを展開してくれれば言うことなし。難しいか?

その他のカーナビ本体の進化は…ほとんどなし。強いて言えば地デジ関連のブラッシュアップ程度が行われました。驚きなのが、地デジ搭載モデルと『アナログチューナーすらなし』のTVチューナーレスモデルの2種しか用意されなかったことでしょうか。思い切った選択。そろそろカーナビもアナログ淘汰の時代が本格的になりそう。…でも相変わらず地デジモデルは鼻血が出そうな価格設定ですけど。iPod関連はKENWOODカーナビのようにVideo対応になるかと思ったら、実現せず。中途半端。

うちは…地元じゃあスマートループ機能なんて必要ないし(そもそも渋滞しないw)地デジも見られないし…買い換えの必要なしかwただ、そろそろ地図データのバージョンアップはしておきたいところ。今回新モデルにあわせてバージョンアップサービスも新しいのが出たのでそろそろかなぁ。市町村合併が進む前のデータなので、困る場面があったり無かったりするんですよねぇ。…そのうち『更新サービス打ち切り』されるだろうし。

carrozzeria | サイバーナビ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ONE

来ました、もっと売れていいはずのモデル。新型MINI ONEです。以下プレスリリースより。
BMWJ、1.4リッターエンジン搭載の小型車「MINI ONE」を発売
ビー・エム・ダブリュー株式会社がNEW MINIのラインアップにMINI ONEを追加

経済性に優れたモデルを新たに追加発売


 ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役:ヘスス・コルドバ、本社:千葉市美浜区中瀬1-10-2)は本日、1.4リッターの新型エンジンを搭載し、走行性能、燃費効率、そして総保有コストをこれまで以上に高めたMINI ONEを、5月11日(金)より全国のMINI正規ディーラーを通じて販売を開始すると発表しました。
 新しくなったMINI ONEは、BMW GroupがMINI ONE専用に新開発した1.4リッターエンジンを搭載しています。このエンジンは、先代モデルと比較して出力は5馬力向上しているにも関わらず、燃費が23%改善(マニュアルトランスミッション比)しており、その優れた経済性を最大の特徴としています。

■ ニューMINI ONEの特徴
・ BMW GroupがMINI ONE専用に新開発した経済性に優れた1.4リッターエンジンを搭載。
・ 性能も向上、燃費も向上し経済的に。車重は先代モデルと(1130kg)変えずに出力を5馬力(4kW)向上し、燃費は23%も向上。(マニュアルトランスミッション比:14.0km/Lから17.2km/L)。
・ トランスミッションは、AT、MT共に6速化で燃費に貢献。ATモデルはパドル・シフトが標準装備。
・ デフオイル、トランスミッション・オイルなどの消耗品は交換不要、エンジンオイルは2.5万kmまたは2年毎交換など、総保有コストも低減し、経済的。
・ 誰がどこから見ても一目でMINIとわかるスタイリングはONEでも共通。
・ 小型車でも妥協をしない安全性、装備はエントリーモデルのONEでも標準装備。6つのエアバッグ、横滑り防止装置(ASC+T)などの安全装備は全車標準装備。また、欧州で自動車アセスメントを手がけるEURO Nキャップで5つ星を獲得した高い安全性能を持つ強固なボディを採用。

■ メーカー希望小売価格(消費税込み、すべて右ハンドル)
・モデル       MINI ONE
 エンジン      直4 1.4リットル
 ミッション     6速MT
 希望小売価格    ¥2,180,000
 発売日       5月11日販売開始

・モデル       MINI ONE
 エンジン      直4 1.4リットル
 ミッション     6速AT
 希望小売価格    ¥2,310,000
 発売日       5月11日販売開始

* 下記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。
まだ続きます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

再掲載

気がつけば…BMW MINIカテゴリのエントリ数がもの凄い数字になっていたので、MINIネタを細かく分類しました。メンテネタやトラブルネタをお探しの方は今まで以上に探しやすくなるかと思います。参考になるかならないかは別としてw

それと同時に、過去(2003年MINI購入前〜納車)頃の日記記事もちょっとだけ再アップしてみました。と、言ってもグダグダの商談ネタぐらいしかないんですが。

実は、PC内のデータ整理をしていたら…懐かしの『ミニ★ミニ』という悪趣味極まりないサイトのデータが断片的を発見。興味本位で覗いてみたらそこの管理人があまりに厨で笑える笑える!ってことで、ちょっとだけ『過去にスポットライト的&自分に自虐的な』内容でお送りしますw興味ある方は左メニュー『月別カテゴリ』からご覧下さい。本来であれば、当時公開していたバージョンママで掲載するのが良いんでしょうけど…あまりに厨で文章ヘタすぎなのにガッカリし、ところどころ再編集しました。ま、今も相変わらず文章ヘタですけど。。。


#ミニ★ミニといえば…当時精力的に行っていたオフ会のデータもぼちぼち見つかってはいるんですけど、元写真データが壊滅的なぐらい見あたらない(多分消した?)ので再掲載したくても出来そうにありません。何で元データねぇんだよ!バカか!4年前の自分にイラっとします。どんだけぇ〜!

iPod photo

最近、iPodの電池の持ちがもの凄く悪い。

私にとってiPodは毎日の生活の必需品。特に朝・夕の満員電車乗車時は本も読めない携帯もいじれない状態なので…できることと言えばiPodで音楽を聴くぐらい。満員電車(=人混み)嫌いなので、少しでも自分も持たせるためには…本当に欠かせません。しかしながら、最近、朝・夕iPodを使用すると電池残量が大幅に少なくになります。時間にしてわずか2〜3時間ぐらいでしょうか。1日ならまだ大丈夫なのですが、充電せず2日目そのまま持って行くと確実に帰りの電車はiPod使えません。約5時間の命(汗

購入したのは2年前、'05年1月。もう2年経過しているのでバッテリのへたりはある程度予測出来てはいましたが…ここまで酷くなっているとは。正直ガッガリ。

原因はある程度わかっています。最大の理由は、iPodをMINIに車載する際必ず充電されていたことでしょうか。私の場合、iPod購入直後から充電機能のついた接続ケーブルを使用しています。この便利なはずの充電ケーブルが、バッテリにはあんまりよくないんです。iPodに限らず携帯やノートパソコンなどに搭載されているリチウムイオンバッテリーは完全に使い切って→充電をしないと次第にボケてくる(容量が少なくなる)性質があります。
すなわち、車載する度に充電=電池がそれほど減っていない状態なのに充電されていた訳ですからボケるのは当然。で、これを防ぐために、定期的にバッテリーを使い切り→満充電を行うことが必要なのですが、これもしなかった。だって面倒なんだもんw再生したまんまそこらへんに放置しておけばよかっただけの話なんですが、それすらせず。

そんなもんだから…当初は10時間以上持ったバッテリーが今やその半分。更に言えば私の場合、曲ファイルは可変ビットレートを使用してエンコードしているので…更に電池の減りが早くなる素質まで兼ね揃えちゃってたりwノーマルの128Kbpsにすりゃあいいだけなんだけど、今更音質悪くしてもねぇ。

解決方法はふたつ。アップルが行っているバッテリ交換サービス(有償:6,800円)に出すか、新しいiPodを購入するか。どちらも金がかかる。うーん。前者は比較的安い値段で新品のiPod(だたし同モデル=photo 40GB)に交換されるけど…やっぱりどうせなら新しいのが欲しいなぁ。ギャップレス再生にビデオ再生機能に今の倍の80GBというでかい容量に最長20時間再生可能なバッテリ。欲しい。。。でも、心の中では出ると言われ続けているタッチスクリーン式のiPodを待っていたりするw

Apple Store(Japan)
↑もしあなたが新しいiPod欲しくなったら…チェックw
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ