RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

December 2006

M702iS

たまたま立ち寄った電器店。何か購入目的があった訳でもなく、ほんとになにげなーく立ち寄っただけだったのですが…意外な収穫がw

まずひとつめが携帯売場。根っからのDoCoMo党の私が見るスペースはもちろんDoCoMoコーナーなのですが、ひときわ目立つ陳列が。何かなぁ?と思ったら、さんざん待たされたMotorolaの新型端末『M702iS』のモックアップではありませんか!しかもPopには『待望のMotorolaケータイがいよいよ明日発売!』と書いてあるではありませんか。やっと発売になるんですね。知りませんでした。。。もう遅いけどねw

モックアップながら初めて触るM702iS。驚くのはその薄さ!感覚的にはPCカード握ってる気分なぐらい薄い。折りたたんでも薄さは驚くばかりで、胸ポケットにも入りそうな勢い。キーパッドはメタルの1枚モノになっていて、折りたたんだ時のスタイルもものすごくスッキリ。外部カメラもさりげなーく目立たないように設置されていて、今時のファニーなデザインのケータイとはひと味違います。ただ、意外とキーパッド下部にあるアンテナ部が邪魔。あごのように出っ張っているのでメールは打ちづらそうです。液晶サイズ小さめ。ホットモック(実際に動作可能なモックアップ)触ってみたいなぁ。価格掲示されていなかったのがちょっと残念。まぁ今日発売ですからすぐわかりますかね。…もっと早く出ていれば買ったのになぁ。残念。で、本命(?)のM702iGはいつデビューなの?w

D40

次に足を運んだのはカメラコーナー。目的は、まだ見たことも触ったこともないNikonの新型デジタル一眼の『D40』です。行ってみると…ありましたありました。目立つ陳列されてました。

初めて見た感想は…小さい!のひとこと。愛用しているD70と比較するとかなり小さいです。そして、軽い。これなら気軽にカバンに入れて持ち運びできそうです。何でこんなに軽いの?と思いつつ何気なくバッテリーフタをあけると、中に入っていた電池のコンパクトさにまた驚き。まるでコンパクトデジカメのバッテリーかと思うぐらい小さいものでした。記録メディアは最近出たNikon機と同じくSDメモリーカード。今後はこれが主流になるんでしょうか?新たにイメージダスト対策が施されているのも注目です。

エントリー機としては必要十分なスペックを持っていますが、ファインダー横の表示パネルがなくなりメイン液晶がその代理になっているのはちょっと煩わしい気も。その他の操作性は細かい機能差を除けばD70とほぼ同じでした。ただ、AF測距はコストダウンのためか左・中・右の3点になっているのがダメ。シャッターもD70のそれとは大きく違い安っぽーい『パチャ』的な音で幻滅。写りもメイン液晶で確認したレベルですが、それほど『綺麗な写り!』とは言えず。まぁ、冷静になって考えれば、一眼レフになれた人が使うカメラじゃないんですよねw

レンズキットで7万円前後という値付けはすごくいいと思います。機能的には物足りないけど、前出のようにコンパクトさを生かしてバンバン持ち歩くには持ってこい。…一寸欲しくなった!w廉価版ですけど、コンパクトデジカメよりは全然マシ。初心者にはうってつけですね。欲を言えば某社の一眼デジのように、ボディに手ブレ補正機能が欲しいところです。

MINIも手放すことだし、そろそろ余計な散財やめてレンズ貯金でもしようかな。

FOMA M702iS | 製品 | NTTドコモ
Nikon Imaging | D40
このエントリーをはてなブックマークに追加

New MINI Conv

New MINI Conv

知れば知るほど興味が薄れていく新型MINI…。でもやっぱりそれでもちょっとは気になる新型MINI。ってことで、新型MINIコンバチのスパイフォトが公開されていたので紹介します。

旧型から激しくキープコンセプトからなのは保っているのは新型ハッチと同じ。と、いうより幌なんか現行の流用じゃないの?ってぐらいそっくりです。偽装パネルで覆われていますが、テールゲートも下開きのようですね。フロント周りはハッチと全く一緒なのも旧型と同様です。
中身に関しては、噂ながら「旧型のペンタゴンユニットが搭載」と言われていますが、どうなんでしょうか?まさかそんな手段に出るとは到底思えないんですけどねぇ〜w

もうひとつの派生車種「MINI Clubman」に関しては未だにスッピン姿を見せていないようですが、いつ発売になるんでしょうか?このコンバチの方が先?

SPY PHOTOS: New MINI Cooper Convertible - WorldCarFans
このエントリーをはてなブックマークに追加

宮ヶ瀬

さて、Cooperサブコンの試乗が終わったあと…なんとなーく行きたくなっちゃって…行きました、宮ヶ瀬。ここに来るのはずいぶん久しぶりです。MINI購入直後は毎晩のように走りに来てましたが、最近は視力の低下と体力の低下と(以下略)ほとんど来なくなってしまいました。

ちょうどこの時期の宮ヶ瀬は巨大クリスマスツリーが公開されていて、いたるところ混雑。相模原から宮ヶ瀬へ行く道は細く走りづらいのでこれまたいたるところ混雑。それでも行っちゃう自分が笑えますw宮ヶ瀬水の郷に行きましたが、前出の理由から超混雑だったので、水の郷の奥にある県立あいかわ公園で写真撮影しました。

宮ヶ瀬

久々にやって来た宮ヶ瀬は…以前と変わりありませんでした(当たり前か)でも自分自身にとっては『もう当分来られないんだなぁ』と、なんとなーく感慨深いものでした。ダム湖を囲む山並みは一面紅葉。日暮れと相まって綺麗な風景でした。ホントは助手席に誰か乗せて、クリスマスツリー見に来たかったなぁ。。。w

MiniMania

以前書いたMini ManiaのCooper用サブコン。今更ながら、試すことができました。って…実は今回が2度目のチャレンジだったりします。1週間ほど前に装着してみたのですが、その際アイドリング時に異常なノッキングとハンチングが発生。さすがにこの状態で走るのはエンジン破損の心配があったので取りやめになりました。

で、昨日。MiniManiaより中身を書き換えたECUが来たので再度試してみることにしました。ECUのインストールは非常に簡単。Cooperの場合、バッテリーカバーを取り外し→純正ECUのコネクタを外し→サブコンに付属しているコネクタを差し込むだけ。DIYで十分対応可能です。サブコンのON/OFF切替スイッチをONにし恐る恐るエンジンをかけると…今度は始動一発から安定。ノッキングもハンチングも一切発生しませんでした。

そのまま試乗。走り始めた瞬間は「あ、そんなに差ないなぁ〜」という感覚だったのですが、高速道路を走り始めた頃から豹変開始。料金所を通過しフルスロットルで合流に入っていこうとすると、いつもよりアクセルのツキとエンジン回転の伸びが良いことに気がつきます。何も考えず踏んでいくと…すぐに赤キップコースです(汗

で、結局70kmほど試乗してみました。概ねの感想としては、低速域の心細さは不満のない程度まで改善されています。特に発進時のパワーの無さに関してはもたつかず楽に発進出来るようになり、なかなかイイ感じ。中速域からは劇的に速くなる感じ・パワーが増した感じはありませんでしたが、アクセルのツキの良さとエンジン回転の伸びの良さは感じることが出来ました。フィーリングが非常に良いですね。燃費に関しては高速メインだったのも手伝ったのか、著しく悪化することはありませんでした。元気よくアクセル踏み目でも、OBC数値で13km/Lでした。

MiniManiaの商品説明では「CVT車両に最適」とありましたが、その通りだと思います。巷で話題の『ギクシャク』もこれでなんとかなるかも?ただし問題なのは13万円の価値があるのかどうか。変化度合いで言えば、ADVANTAGE NEOの0W-5を初めて入れた時と同じぐらいの感覚ってのが正直なところです。13万円と2万円。。。うーん。。。My MINIのように「ある程度弄っちゃった個体」なら持ってこいかもしれませんね。

※試乗はテスト品で行いましたので市販時にはまた異なった状態になると思われます。詳しい情報はMiniManiaサイトをご覧下さい。

最後になりましたが、テスト品を貸し出して下さいましたMiniManiaの担当Nさん、手配と装着を行って下さいましたrdのNさん、この場を借りて感謝申し上げます。

年末に近づくにつれて、大学の卒論制作もどんどん追い込みの時期になりました。当然のことながら中身が一番重要ですが、その次に大事なのが、制作環境でしょうか。メインPCであるVAIOには最新版のOffice 2007 Betaがインストールされており、充実した制作環境にあるのですが…おでかけ用のiBookにはオフィスソフトがインストールされておらず、困っていました。以前はOfficeがプリインストールされているWinノートを所有していたんですが、友人に譲渡しちゃったので。。。

一応、iBookには『NeoOffice』というフリーのMS Office互換ソフトを入れていたんですが…大学の環境がWin100%のため、フォント問題をはじめとする互換性がどーにもならず。閲覧程度なら何とかなるのですが、本格的な卒論制作にはさっぱり向かないことが判明。ATOKも入ってないからうまい文章作成ができないし。

『じゃあ家でやりゃあいいじゃん!』と言われればそれまでなのですが、最近は大学図書館で文献調査も始めたので…やっぱりiBookでOfficeが使えないのはかなり不便です。貸し出し可の図書なら家に持ち込めるので問題ありませんが、貸し出し不可の図書はその都度コピーしなきゃいけない。

ってことで、iBook用のオフィスを購入することにしました。

Office 2004 for Mac Standard Edition プレミアムパック
今回購入したのは、Office 2004 for Mac Standard Edition プレミアムパック アカデミック版です。(商品名長いw)アカデミック版に関しては説明を省くとして、プレミアムパックとは何か?というと、通常のStandard EditionにWireless Notebook Optical Mouse 4000がついてくるのに価格が通常版と同じお得な限定パックです。でも…実は既に、付属してくるマウスと全く同じ品を所有しているのでかなり無駄。マウスいらないからその分通常版の価格下げてくれればいいのに!と思ったり。本当はVirtual PC for Mac with WinXP Proが付属するProfessional Editionが欲しかったのですが、そちらはアカデミック版が用意されておらず、価格が6万越えだったので断念。そんなにお金ねぇ〜。。。

さてさて、この方Mac版Officeは初めての経験。購入するまではWin版のOfficeと同じインターフェイスかと思っていたのですが、実際インストールして使用してみると、Win版とは若干異なっていてちょっとわずらわしい。でも基本は同じだし、互換性に関しても特殊なフォントを使用していない限り全然問題なしなのでいい感じ!MSゴシック/MS明朝フォントが付属しているのが大きいポイントです。

ATOK 2006 for Mac
同時に、ATOK 2006も購入。Win版を愛用している私にとってこのソフトは必需品になってしまいました。やっぱりATOK、ことえりなんて話にならない。何で今まで買わなかったんだ?と思うぐらい作業がはかどります。ただ、Win版の方は学生向け(?)の廉価版『就活パック』があったので安かったのですが、Mac版には設定なし。なんだかなぁ。Win版+Mac版の特別パックが安いので…最初からそっち買えばよかったんですけどね。

年末で出費がかさみがちなのにまた出費。必要経費だけどもツライ。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Red Bull MINI

出かけようと思い、家から出かけたら…すぐ近所にこいつが停まっていましたw

MINIにお乗りの方なら一度は見たことがあるかと思いますが…栄養ドリンク(エナジードリンク?)のRed Bullキャンペーンカーです。フロントからみると、一見ただのオリジナル塗装が施されたMINIのように見えますが、実は後ろから見るととんでもないスタイルをしています。その様子は↓こちら

Red Bull MINI

でっかいRed Bull缶が乗ってますwコンバーチブルではなく、ハッチバックモデルをベースとしていると思われます。屋根が大胆にぶった切られ、まるでピックアップカーのような状態になっているところに巨大Red Bull缶。一度見ると忘れられないスタイルです。ちなみに後部座席の部分は冷蔵庫になっているようで、フタをあけるとたくさんのRed Bullが入っています。テールゲートはコンバチ用の上開き型。ちなみにナンバープレートは「283」…翼、という意味でしょう。Red Bull、翼をさずける。

Red Bull缶をどけたスタイルで市販したら…売れるかな?「MINI Pickup」なーんて。
このエントリーをはてなブックマークに追加

My MINI

突然ですが…MINIを手放すことにしました。


4年間通った大学ももうすぐ卒業。まわりの友人たちは皆就職していく中で、私は専門学校の社会人コースへ進学する道を選びました。理由は単純で、自分が本当にやりたい『プロの仕事』を目指すからです。具体的な話は現時点では伏せますが、夢を実現するためにはかなりの厳しい道が待っているはずです。それこそ、今まで自由気ままに生きてきたツケとしてダラけた生活が当たり前になってしまったので…その道を目指すためには人一倍勉強しないとダメですし、たくさんの我慢・辛抱が必要です。今の生活レベルのままでは到底太刀打ち出来ないのもわかっています。


しかしながら、すでに4年間も大学に通った私。1年間に掛かる学費も生活費もかなりのかなりの額が掛かっています。これから何年学校に行くのか、そしていくら掛かるのかはまだ何とも言えませんが、これ以上親に負担をかけるわけにはいきません。しかもそれに加え、ここ半年で私を含めた家族全体の生活や環境が大きく変わってしまいました。『学校に行きたい!』と思っても、それを大手を振って応援してもらえる環境ではなくなってしまいました。そんな状況下ですから、当然ながら今の生活レベルを維持することはかなり困難です。


この現状から私は、完全自活は学習時間の確保を考えると厳しいもののある程度の自活をしようと思っています。時間があるときにちょいちょいバイトを入れていけばいいじゃない。…でも、もっと簡単に生活を楽にする方法があるのはわかっています。今の支出レベルをもっと引き下げればいいだけの話だったりします。そこで真っ先に切り詰められる出費といえば、MINIしかありません。


私にとってMINIは、楽しい時間の相棒であり、どこにでも行けて、何にでも使える、便利で有意義な存在だと思っています。しかしながら、MINIを所有し続けることはただの無駄。ガソリン代、税金、保険料、修理維持費…MINIに年間いくら吸い取られているかわからなくなる位お金が掛かっています。がんばってバイトしてたんまり稼いでも、すべてMINIに消えているのが現状だったりします。これが丸々消えれば、どれだけ楽な生活が出来たことやら…。まぁ、今まで楽しかったので後悔はしていません。


前出の家族事情や自分を極限まで追い詰めようという理由から、専門学校に通学するにあたり、今の住居を出て、専門学校の学生寮を利用しようと思っています。月額6万円程度で1日2食付き、更には校舎に近い立地だそうです。勉強に専念するには持ってこいの環境。しかも、かなりの節約が可能。…そんな寮に学生用の駐車場が完備されているわけありませんね。これも、手放す理由のひとつです。


ただ、調子に乗って7万キロも走行しちゃったMy MINIは、売却しようにも二束三文。ほとんどお金になりません。恐らく、進学予定の専門学校の1年間の学費にすら満たないでしょう。売ったところでかなりの大損です。しかし状態は思いのほか良好。メンテナンスさえ怠らなければあと10万キロ以上は乗れるでしょう。


…ってことで、社会人コースが終了するまでの2年間は実家で所有してもらい、家族のアシとして使ってもらうことにしました。二束三文で買い取られ、過走行不良物件扱いされるのとは天と地の差ですしwちょうど親夫婦が燃費の悪さを理由にレジェンドを処分し、もう1台の自家用車ストリームが兄貴の手に渡った現在、普段乗るクルマがないとのことなので、良い機会です。


2月〜3月の帰省時に乗って行き、そのままさよならの予定。来年からはいつ実家へ帰れるかわからないので…その後はいつ乗れるんでしょうねぇ。とりあえず、あのガッチガチな足回りは親夫婦のアシとしてはやり過ぎですし、不評なのは目に見えてますから…近いうちに純正に近いモノと交換する予定です。


最後の挨拶は、MINIを手放すときにまた。。。w

このページのトップヘ