RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

July 2006

イメージ映像

いよいよMy MINI購入後からの最大イベント・初回車検がやって来ます。

本当であれば、購入したディーラーで受けるのがベストなのかもしれませんが…今いるのは北海道の片田舎。車検を受けるためだけにわざわざ川崎に戻れるはずがない(汗)ってことで、今回の車検は実家からクルマで1時間半のBMWディーラーで行うことにしました。

何故BMWディーラーで?と思われるかもしれませんが、北海道にあるMINIディーラーは札幌と函館の2カ所。距離的に一番近いMINI Sapporoまで行こうとしても、片道8時間の大冒険!しかしながら、北海道内のMINIサービス網は意外に充実していて、札幌・函館の他に、帯広・北見・釧路のBMWディーラーでも可能なんです。まぁ実際には、例外パターンとしてMINIディーラーのない地区のBMWディーラーではMINIも購入可能だったりするんですが。要するに、国産車並みとは言えないまでもある程度のサポートは受けられるということですね。そういう点ではLexus以上だったりw

さてさて、肝心の車検の内訳は…

■法定24ヶ月点検整備
1)MINI法定2年定期点検…23,520円
■その他作業項目
2)下回り清掃…10,080円
■検査項目
3)排気ガス測定…3,300円
4)フロントアクスル調整…1,680円
5)ブレーキ点検…4,200円
6)速度計の実測テスト…1,680円
7)ヘッドライトの光軸調整…1,680円
■諸費用明細
8)車体検査印紙代…1,400円
9)自動車賠償責任保険…30,680円
10)自動車重量税…37,800円
11)検査代行費用…15,750円
■リサイクル関連
12)リサイクル料金預託代行手数料…1,680円
13)自動車リサイクル料金…16,370円

計149,880円也。高いですねぇ。自分で陸運局持って行ってユーザー車検で取ればかなり安くなるのは知っているんですが、今回は車検以外にSFWが切れる前に気になるところや故障しているところを直してもらおうと思ったので…あえて高いディーラー車検をチョイスしました。ちなみにこの金額は基本的な作業(=車検のみ)を行った場合のため、入庫してから更に追加で作業が発生するかもとのこと。んまぁ初回車検ですから、そのままでも十分車検に通るはずだと思うんですけどねぇ。オイルやフィルター等の消耗品類はコマ目に換えてるのでわざわざ今回換える必要ないし。

さてさて、SFWの延長保証が切れる今回、以前から気になっているミッショントラブルに関してちゃんと直してもらおうと思っています。購入直後から今までずーっと悩まされ続けているリバースの入りにくさ、そして最近感じるクラッチの切れの悪さ(これは一概に製品の不具合が原因とは言えませんが…)を診てもらうことにしました。もしかすると、これにクラッチの交換も含まれるかも。。。タダでやってもらえたらマジで儲け物ですwそれと、最近ドアウィンドウが頻繁にリセットされてしまい、ドアを開ける度にガラスが下がらない不具合が出ているのでそれも診てもらうことにしました。

ちなみにですが、今回の車検、代車はどうしよう?と考えていたのですが、ディーラーのご厚意でタダでBMW E90 320iを貸してもらえそうです!本当はCooper Sを希望したのですが、あいにく試乗車が他の拠点に貸し出しされているとのことだったので、3シリーズに。普段運転し慣れないサイズ(でもレジェンドよりは小さいですが)だしMINIより高いクルマなのでちょっと躊躇っちゃう気分ですが、タダならいい機会と思って借りますw

来月1日に入庫、車検自体は2日で終わるそうですが、ミッションの件で時間が掛かりそうなので大体1週間ぐらいはかかるとのことでした。でも…今私の頭の中は、車検のことより『E90』のことばかり。どんなクルマなんだろう!ワクワクw

先ほどお伝えした次期MINIの写真が新たに見つかったので掲載します。透過図を見ても私はサッパリ…ですが、現行モデルも透過図が公開されているのでそれと見比べてみると違いがわかりやすいかも。それにこちらのイラスト類は全て擬装なしの状態なので、真の姿はこんな感じなんだぁ〜と感じながら見るのもいいかもですね。

続きを読む

COOPER S Press Review
COOPER S Press Review

海外MINI2に次期MINI Cooper Sのプレス向けプロトタイプ試乗会の模様が掲載されています。次期MINIがプロトタイプながら公式に登場するのはこれが初めて!まだモーターショーにもデビューしていない型のクルマがこのような形で出るのは驚きです。そして、初めて次期MINIの全貌が明らかになったということでも非常に大きなイベントであることに間違いはありません!

まず最初にサーキット試乗の様子です。まだ現車にはテーピングによるカモフラージュが施されていますが、その姿は既に何度も現れているテストカーのまま。しかし大きく違うのが、今回初めてイエローのCooper Sが登場したことでしょうか。イエローのMINIは現行MINIデビュー時から現在までずっと設定されている数少ない色のひとつ。やっぱり人気色は外せないんでしょう!

かなり長いので…続きを読む

いつもの

気がつけば毎夏、実家に帰省すると必ずこの場所に来て写真を撮影している私。ここ、そんなに有名な場所じゃないしあんまり写真に向いている構築物とは思えないんですけど、結局なんとなーく気分でここへ来ちゃう。ちなみに実際はここ、ただの公園です。

さてさて、この場所で撮影した過去の写真を見ると、ひとつだけ毎年違うものがあります。それは『ホイール』です。1回目の撮影時は購入時の状態であった17インチSスポーク。その次は15インチ7ホール、そして今回が16インチのENKEI ES-Tarmac。…まぁ、なんとやら。ヘンに回り道してるよーな気が。。。

しかし、ホイールのことよりもひっかかることがあります。それは、毎年地元に帰ってくると必ずMINIが増えていることですwあんまり人様のクルマに興味がない私でも、さすがに地元で増えるのはなんとなく複雑な心境。そもそもMINIを選んだ理由のひとつに、当時オルタナティブで考えていたVWぬービートルが地元で流行に流行っていたのか、腐るほどゴロゴロ走り回っていたのがなんとなーく嫌で、それなら誰も乗っていないMINIに乗ろう!と思ったことがあります。別段、台数が増えたからって何か問題ある訳ではないけれど…増え過ぎて見慣れちゃうことほどつまんないことないですし。以前も書きましたが、地元にはオレンジのコンバチ、そして最近ソーラーレッドのCOOPER Sevenまでもがいます。その他にもたくさんいる『らしい』(※友人談)

とか言いつつ、当の本人自身がMINIに飽きて来てるんじゃないか?との疑惑も。。。
どーなんでしょどーなんでしょどーなんでしょ。。。ああ500。。。w

そんなことはさておき、今週中にはクルマで1時間半離れた釧路市にあるKushiro BMWへ行き初回車検の見積もりを出してもらう予定です。車検ということは、購入から丸々3年が経つということになります。今思い返してみるとたくさんの楽しかったこと、面倒だったこと、蹴ってやろうかと思ったこと、手放そうかと思ったこと、、、たくさんの思い出があります。良くも悪くも、3年間MINIにどっぷり浸かっていた毎日。今後何年乗っていられるかは未知数ですが、走れる限り、壊れない限り、ずっと乗っていたいなぁ。

MINI ONE
MINI COOPER
MINI COOPER S

まずは写真からお楽しみ頂きました。この度開催されているロンドンモーターショーに、新しいMINIが登場!しかも今度のMINIは『芝が刈れる』し『音楽を演奏できる』し『中に住めちゃう』マルチな才能に特化!これはすごいバリエーションになりましたねぇ!!個人的に興味があるのはやっぱり赤いONEですかねぇ。だってこれ1台あれば広いお庭の芝生をどんどん刈れるんですよ!?

ネタ元はResponse.より。なになに?記事中に書かれている単語を読むと…『FAKE MINI』だって???

うわー騙されたよママン!!!

FAKE MINI Invader


…まぁそんなくだらない話は置いといて、今回のロンドンモーターショーでは新型モデル発表にはならず、現行モデルの展示となりました。会場の外には写真の通り実車のCOOPERコンバチを使ったスペースインベーダーゲームも。しかもこれ、よーく見ると敵が『FAKE MINI』になっています。すげぇ凝ってるなw
こーいうちょっとおバカなノリでイベントを展開するMIINIマーケティング部門の人々はいったいどんな人なんでしょうかね?今回のFAKE MINI展示だってあんなの本当に実在するとは思わなかったし、実物の写真見ると意外と作り込まれているから驚きです。次はどんな手法で私たちをアッと言わせてくれるのでしょうか?

Cooper S Nur
Cooper S Nur

何度もお伝えしている次期MINI。今回もWorldcarfans.comより。

前回の記事と比較してもほぼ車体デザインには変わりがありませんね。しかし、以前のモノより市販版に近い出で立ちであることから、今回のニュル参りは『正式発表前の最終チェック』と見てよさそう。相変わらず細部はテーピングで隠されていますが、もうほぼ姿が見えているのと同然ですね。ただ、何故かこの車両にはロールゲージらしきものが見えます。何の目的?MINI Challenge向け車両??

Cooper S Nur
Cooper S Nur

早く正式発表されないかなぁ〜と楽しみなところですが、あと2ヶ月はお預け。噂では10月に現行型がオーダーストップになるとのこと。先日発表されたJCW GPは首都圏ではかなりのオーダーが入っているらしく、既に予定台数完売のディーラーもあったり。そう考えると、GPではない現行MINIも早々に売り切れる可能性が。。。欲しい人は早めに決断した方が良さそうですね!

気になるのが、10月オーダーストップが本当だとすると次期型発売までディーラーは何を売るんでしょうか?現行MINIもMUが発売される直前、売るモノが無くなりショールームの中には展示車が1台もないという異常な(?)事態が起きましたが、まさかあの光景が再び…??MINI NEXT中心になるのかしら?

Fiat 500

でも、個人的には次期MINIよりこっちの方が気になりますw何のクルマかわかりますか?

特選牛乳関東に戻ると、ひとつだけ困ることがある。

それはおいしい牛乳が飲めないこと。近所のスーパーで売られている牛乳はどれも廉価なものばかりでおいしくない。と、いうより関東の牛乳が不味い。酪農地帯で生を授かり地元で生産された良質乳による『牛乳英才教育』を受けてきた私にとって、日々関東のおいしくない牛乳を飲まされるのは拷問に近いものがある。…だから結局牛乳を飲まなくなる。でもやっぱり牛乳を飲まないと何か物足りないので、我慢しながらおいしくない牛乳を飲むしかない。しかも腹立たしいことに大抵牛乳のパッケージにはかわいらしいイラストが描かれているので、怒ろうにも怒れない。

何でこんなに関東の牛乳がおいしくないのか?という疑問が生まれるかと思いますが、それは北海道牛乳に比べ関東の牛乳がそれ程質が高くないことに起因しているのです。スーパーに並んでいる牛乳のパッケージを見ると、ちょっと高価な牛乳はよく『低温殺菌牛乳』という感じで殺菌に関してこだわりを見せているものがあります。この『殺菌』こそが牛乳の風味を左右する大きなファクターであるのです。簡単に言えば、殺菌は牛乳を熱して行うため、この殺菌工程が短く・なおかつ低温であればあるほど風味が落ちない。それを実現させるには、生乳の段階で菌を減らせばいいのです。菌が少なければ必要以上の殺菌を行う必要がなく、結果として風味を落とすことがないのです。

一般的に北海道の牛乳は、生乳段階の菌数が少ない『質の高い牛乳』であると言えます。それは、元々北海道東部(十勝・釧路・根室)の酪農産地は大規模消費地である関東への大量牛乳出荷を実現させるべく質の高い牛乳の生産が求められていたからです。昨今は物流が発展し低温のまま輸送出来る仕組みが完成しましたが、物流が今ほど整っていなかった過去は牛乳の劣化との勝負でした。その時の『質の向上』は今でも生きており、結果として北海道の牛乳は質が高いのです。逆に言えば、関東に近い産地の牛乳はそれ程菌の繁殖を意識しなくても良かったので、結果として北海道ほどの質の高さはありません。

じゃあ何でそんな関東の牛乳が駆逐されず今でも一般的に売られているのか?と言われると…それは様々な諸問題(大抵、権力に近いモノ)があるからなんですけどねw

で、最近好んでチョイスしているのは明治おいしい牛乳です。まだ北海道の最大手メーカー『よつ葉乳業』の牛乳ほどおいしいとは思えないのですが、大手乳業メーカーの牛乳の中ではこれが一番のベスト。類似(?)商品にどっかの韓タレが宣伝してる森永のおいしい牛乳というのがありますが、こちらは値段の割にそんなにおいしくない。メグミルクは雪印つながりということでチョイスもしない。雪印時代の牛乳もそれ程おいしくなかったしね。

そんな中、今注目したいのは、大手に追随するメーカーの牛乳。その中でも最近注目なのが『タカナシ乳業』の北海道牛乳です。このメーカーは私の地元でもちょっとした有名で、北海道・釧路で生産された牛乳を新鮮なまま販売しているメーカー。大手には真似出来ない小回りさが生きています。最近では、タカナシ乳業が扱う北海道牛乳の高品質さに目をつけたハーゲンダッツがアイスの原料乳として採用した実績もあります。

その中でも名称に『特選』とつく牛乳に大注目しています。『特選』という単語は好き勝手につけられるものではなく、全国飲用牛乳公正取引協議会という組織によって認定されなければつけられず、しかも基準が結構厳しいものなので、ごく一部の牛乳にしかつけられていません。北海道ではこの『特選』がついた牛乳は比較的容易に手に入れることが出来るのですが、残念なことに関東ではなかなか見つけられません。まぁ近所のスーパーの品揃えが悪いだけでしょうけど。

『北海道』『特選』…スーパーで見かけたら一度おためし下さい。濃厚なのにサラッとした飲み口がすんごくいいですよ。口当たり・風味が良いです。これを飲むと、比較的安い関東生産乳が飲めなくなること間違いなしです。

●タカナシ乳業

MINIsta Vol.5MINIsta Vol.5

こちらも発売されました。価格は1,300円でございます。

巻頭はやっぱり新型MINI情報。日に日に近づく新型MINIの発売に雑誌社も注目している姿勢を表しているのでしょうか?それと同時に、現行MINIの終わりも近づいているんだなぁと意識されられますがね。。。NMSMの方で触れた通り、こちらは新型MINIをイラストで再現。こちらの方が実物に近い印象です。

どういうことか、今回のMINIstaとNEW MINI STYLE MAGAZINEは内容がお互いに逆になってるの?と言わんばかり。オーナー紹介がメインになってきた感があって、他人のMINIに興味がない私にはあまりピンと来ない内容でした。それから、DIYの記事も。でもこんなのって…国産ミニバンドレスアップ雑誌じゃさんざん既出のネタばっかりで、元々国産ミニバンに乗っていた私にとっては『ご無沙汰』なよーな『懐かしい』よーな内容でしたw

気になるのが、次号発売日時が記載されていないこと。このままヒッソリとフェードアウトしていくのか???

NEW MINI STYLE MAGAZINE VOL.10 夏号
恒例の発売。今回は買おうかどうか迷いましたが、内容が結構おもしろかったので購入。価格は1,300円でございます。

内容は巻頭に新型MINI情報が。しっかしCGはかなり間違いというか、テキトーというか。同時発売されたMINIstaのイラストの方が正確度高いです。ただしこちらの方がバリエーション予想がしっかりしていますが。

それから注目なのがイギリス取材。MINIの生まれ故郷であるOxford工場取材、JCWガレージ取材、ロンドンのMINIディーラー取材、ONE D試乗記などなど。やっぱりこういう記事が読めてこそ雑誌のありがたみがありますね。その他に、日本国内で見られる業務用MINIの記事(噂のレッドブル号も!)足回りパーツの紹介、ショップ紹介など恒例の記事も。

この内容なら『買い』かと。

チェッカー&ボンスト

来月でMy MINIも丸3年。総走行距離はそろそろ65,000kmを突破しそうな勢いでございます。

3年経過したということは…いよいよ初の大行事である『初回車検』なのですが、最近それよりも気になるのが外観(ボディ)の状態です。ボンネットに目をやると飛び石跡だらけだし、全体を見回してもツヤが鈍いし、とにかく『ボロい』の一言で片づけられそう。まぁ青空駐車で洗車もロクにしないからこうなってしまってもしょーがいないとは言え、これはみずぼらしい。しかも街ゆくMINIを見ると大抵ツヤツヤだし色鮮やかだしボンネットが飛び石の跡なんてひとつも見あたらないんだから、恥ずかしい。まぁあんま他人のMINIに興味ないですけど(汗

ってことで、そろそろ初の『ドレスアップ』に走ってしまおうかなぁ〜なんて思ったり。とりあえずおなじみのボンネットストライプとルーフチェッカーフラッグをテキトーに想像してみた。

うーん。
似合ってるんだか似合ってないんだかよくわからんなぁ。。。

ちなみにボンネットストライプは片側1枚5,775円、チェッカーフラッグは22,050円。それに工賃を足すとかなりの額になりそう。しかも前出のようにボンネットは飛び石の跡だらけだし、クリア層は小傷だらけなので塗装修復しなければならず、やるとしたら恐らく10万円は軽く突破の予感。そこまでしてやる気には。。。それとも、純正エアロバンパーでも装着しようかな?そっちの方が安上がりな可能性もあるんだよなぁ。

まぁそれ以前に、3年・6万kmを突破すると同時に随所にヤレ・劣化が出て来て…それを修復するのにかなりお金がかかりそうな予感。今更ながら『かなり乗り過ぎた!』と思ったり。やっぱり、車検の前に下取りに出して違うクルマに乗り換えた方がスマートなよーな気もしますが、今更売ろうと思っても二束三文だから無理。あ〜ぁ、困ったなぁ。

このページのトップヘ