RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

June 2006

レーダーパトカーさきほど、新しく出版されたMINI雑誌を買いに近所のTSUTAYAへ。(※雑誌の件はまたあとで書きますw)

地元のTSUTAYAの向かい側には、地元警察の本庁舎があります。地元警察の管轄地区はものすごく広く、更に死亡事故が多い地区のためパトカーが多数在籍。もっぱら機動隊庁舎のよーな感じもする訳ですが…今日、警察署の駐車場に面白いモノが止まっていたので撮影してきました。

それが、写真のパトカー。一見するとただの古いクラウンパトカーのように見えますが、注目すべきはパトランプ。既に全国的にパトカーのパトランプは散光式のブーメラン型になりつつありますが、このパトカーは…なんと恐ろしいことにパトランプの間に白くて四角いボックスが設置されています。このボックスこそ、忌まわしきスピード違反取り締まり用のレーダーなのです!しかも1台2台の話ではなく、交通機動隊のパトカーはほとんどがこれ。普段は取り締まりに出ているので運が良くないと(悪くないと、かw)お目にかかれません。

レーダー取り締まりと言えば、一般的なのが道路の脇に暇そうな警官がパイプイスに座り、トンデモ機械で測定、その後見事な勝利インタビュー&大サイン大会のパターンだと思いますが、北海道の場合その方式よりも多いのが、パトカーが道端の見えない物陰のようなところや路側帯に止まり、パトランプの間に設置されているレーダーで獲物を捕らえる取り締まりなのです。もちろんのこと、パトカーはクルマですから、どこでも取り締まり出来る訳で。警察としてはノルマをあげるためには絶対に必要なんでしょーね。もちろん、覆面パトカーもいますがこちらはレーダーを搭載せず追尾で獲物を捕らえる全国共通方式(?)です。

まぁ私も…この糞レーダーパトカーに一度捕まった経験があるんですがね。。。

常日頃から北海道警察の取り締まりには疑問を感じる訳ですが、悪いことしてないしスピード違反もしてないのに、運転中このパトカーを見ると普通のパトカーより2、3倍ストレスを感じます。
警察はよく『事故を減らすために取り締まりしてます』と言いますが、本当に事故をなくしたいのであれば、こんなレーダーパトカーを駆使せず、赤色灯と焚いて何度もパトロールしていたほうがよっぽどマシなわけで。
文頭にあったように私の地元は死亡事故が多いのですが、大体の原因はスピードの出し過ぎでも無謀運転でもなく、ほとんどが居眠り運転や不注意運転と聞いています。それならば尚更パトロールしたほうが事故が減るはずです。警察は『違反を未然に防ぐ』のが大義であって、取り締まりが優先されている現状は大義に反しているでしょう。まぁ、北海道警察は神奈川県警の次に汚(ry

観光等で北海道へ来てクルマを運転する方々は要注意です。

某スタンドやばいです。マジでびっくりしました。

買い物の用事があったのでMINIに乗る。するとガソリンが残り少なかったので、実家近くのENEOSで給油することにしました。普段川崎にいる時は昭和シェルのシェルピューラを好んで入れる私ですが、実家に帰ってきている時は業販カード(法人カード)で入れることにしているので…業販契約しているENEOSで入れることに。前まではJOMOだったので良かったんですが、ENEOSってあんま好きじゃ(ry

そんなことはさておき、業販カードでガソリンを入れると、単価も総額もわかりません。渡されるのは給油量だけ記載されたレシートだけなのです。ですから『いくら分入れたのか』が請求時にならないとわかりません。まぁあの見ただけで卒倒しそうな金額を見ないだけ精神衛生上よいですが。

なーんて思いつつ、ガソリン価格を気にせず満タンにしてもらっていると…ガソリンスタンドならたいていどの店にも掲示されている単価プライスボードに目が。何故か地元のスタンドはプライスボードを掲示している店が少なく、あってもレギュラー価格のみしか掲示されていないパターンが多いのです。で、そこに書かれていた単価は…

『138円/L』

…川崎のガソリンスタンドではよく見慣れた数字だったので一瞬なんとなーく見過ごしたのですが、すぐに『この数字ってレギュラーの価格じゃん!』と気がつく。恐ろしいですおっかないです。で、すぐに頭の中で続きの計算。『ハイオクはだいたい10円アップだから…148円!?』

ハァ?マジかよ!!!!
…当分レギュラーで走る実家のミニバンに乗ろうかしらw

まぁ北海道の最果の地だからこの価格もちょっと納得できますが、いくらなんでもこの価格はぼったくり過ぎじゃあないのか?とも思ったり。ちなみにもうかれこれ5年以上前にGS店長に聞いた話なのですが、私の地元にあるGS各社の小売価格は天下の○クレン様に合わせているとのこと。まるで談合か?と言わんばかりな。○クレン様=本州で言えば赤と白の看板でおなじみなJ○-SSですね。まぁどちらも『組合員』なら組合勘定で単価が安くなるんですけど、組合員ではない一般人にとっては非常に腹立たしいというかなんとやら。

そんな地元にも、最近大手セルフチェーンGSが進出。徐々に『横並び』から『競争』に変化してきていますが、まだまだ主流はフルサービスの店。今日給油したENEOSももちろんフルサービスのお店です。田舎ならではの悩み。困ったもんだ。

#っていいつつ、業販カードで入れてるので一般価格より安く給油できてるんですけどねw

Fiat Trepiuno
Fiat Trepiuno

最近、どーも気になるクルマがあります。

それが上にある写真のクルマ、新型FIAT 500です。モーターショーには『トレピウノ』という名前で出ていましたが、ついに市販版テストカーが登場したとのことなのでその存在が非常に気になっています。気になったついでに調べてみると、フォードの次期Kaと共同開発されているようです。まぁそんなことはどーでもいいんですが。

このクルマのモチーフになったのは、誰もが知っているあの名作シリーズ・ルパン三世の愛車チンクエチェント。でも、いくらあの形がファニーだと言え、さすがに今更になって50年も前に生まれたクルマには乗れない。中には綺麗にレストアされ中身もだいぶアップグレードされたやつが某所で売られていますが、300万オーバーという価格を見て萎え。それ以前に、Old Miniもそーだけどあんなクルマで事故ったらそれこそ(ry

まぁそんなことはさておき、もしうちがNew Fiat 500を手に入れたら…それこそバカ野郎!と言われるぐらい中身をカリカリに弄って(でも外身は至ってノーマル然としていて)ものすごく俊敏に動くようにして乗りたい!!それこそ、ルパン三世・カリオストロの城に出てきた『アレ』のようにしたいのですw

既にプレサイトも用意され、発売までの500日カウントがスタートしています。でも、それ以前に新型500がデビューしても日本に入ってくるのかなぁ?って疑問もありますが。デビューする頃にMINIに飽きていて、なおかつ他にいいクルマの選択肢がなくて、更に車体本体価格が安ければ買いたいなぁ。噂では100万ちょっとという話もあるだけに期待してます。でも、MINIに比べたら車体がえらい小さいけど…乗れるのか?

ちょっと前に書いたグランデプントもそうですが、最近フィアットがすごーく気になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

雨降り

北海道へ帰ってきました。

例年なら8月に入ってから帰省するのですが、今年は卒論を書かなくてはならず、どうせ書くなら地元のことを書こうと思い…調査のために帰ってきました。この時期の北海道は関東に比べるとかなり涼しく、日中でも20数度にしかならないだけでなく湿度がものすごく低いのですごく気持ちがよいです。

さて、今回はMINIに乗って帰ってきたのですが…例年とちょっと違う事態にビックリ。何がビックリかというと、フェリーを降り→友人宅に行き→到着してMINIを降りると…ものすごく潮臭い。よく海沿いの道を走ると潮臭くなりますが、フェリー港から友人宅へ行く道中は内陸。と、いうことは…フェリーの中で潮をかぶったんでしょうか?

内陸なのに潮臭いということは…MINIに塩分が付着している証拠だろうと思い、今日は久々にコイン洗車場へ行き丁寧に洗ってきました!自分の手で洗うのはかなり久々だったのでやたらと時間がかかりましたが、細かいところ、下回り、内装すべてピカピカに仕上げましたw

話は変わって、今回タイヤをBS Playzに交換してから初めてのロングドライブでした。感想は…ものすごくよかったです!以前履いていた純正17インチランフラは運転中気を抜くと思いっきりハンドルが轍にとられて運転がとっちらかるし、純正15もブニャブニャしてるから峠道を『北海道ペース』で走るとものすごく怖い思いをしてた訳ですが…Playzはハンドルが轍にとられる心配も無ければ、峠道を走ってもしっかりしている。安タイヤかと思えばグリップがなかなかよくて、ハンドルをぐいぐい切ってペースをあげてもズルズルと滑り出すことはありませんでした!Playz、おそるべし。

北海道といえば信号も渋滞もないワインディング道ばかりですが、そんな道を走ると普段どう考えてもありえないぐらい燃費がのびます。今回も1度の給油で約600km走れました。OBCの平均燃費表示も15km/Lとすばらしい成績。でも北海道のハイオクは軒並み140円オーバーなのでちょっと痛いですが。

…北海道に帰ると何かと忙しい割にネタがないのでBlog書くのが大変なのですが…たぶんいつものようにグルメネタでなんとかw

iBook G4 12

突然ですが、またノートパソコンを購入しました。

今回購入したのは…真っ白なApple社製のiBookの最終モデルです。スペックはPowerPC G4 1.3GHz、40GB HDD、512MB DDR SDRAM、12.1in液晶、AirMac ExtremeにBluetooth…まだまだ他にも特徴のある、最廉価モデルの割に中身が意外と充実しているのが特徴です。特筆なのが、上位機種だったPowerBook G4に搭載されていた緊急モーションセンサーとスクロール可能なタッチパッドが搭載されていることでしょうか。本体価格の割に中身が充実しているので、Winマシンの同価格帯モデルよりお得感があります。(まぁこのMacはIntelモデルじゃないのでWindows動きませんけど…)

で、なんでまたこんな突然購入したかと言われると…このiBookを購入した前オーナーが「Macは使いづらい!」と購入後3週間という短さで私に格安で譲ってくれたからです。iBookの他に、.Macパッケージ、延長保証のAppleCare Protection Planも同封で価格は6万円でした。…安い!この6万を今回買わずにもうちょっと貯めればMacBookも買えましたが、まずはiBookを使い込んでMacそのものをちゃんと使いこなせるようになろうと思い、安い方を買った次第。(まぁ、それと譲ってもらう人に「Bowyanが勧めるから買ったのに…使いづらいじゃないか!」と言われてしまったという理由もありますが。。。)

さてさて、このiBook。普通に使う分にはスペックは十分なのですが、私のようなヘビーユーザーにはちょっと荷が重い。とくにネックなのが40GBしかないHDD。iBook購入の最大の理由はiPodの母艦にするためだったのですが、母艦がMy iPodと同じ容量しかないなんて…。ってことで貰ってきたその日に即バラシ、HDDを80GBのものに交換しました。メモリは512MBが標準でその状態のままでも安定しているのですが、プラスアルファの余裕が欲しかったので更に512MBを追加、計1GBのメモリに。このふたつでかなりパワフルなマシンになりましたw

まだソフトウェアが揃っていないのでメインPCのようには扱えませんが、少しずつ充実させていく予定。だたひとつだけ心配なのが、Intel Macの登場で今後G4 Mac向けソフトが減ってしまうのでは?ということ。一応、両方のMacで使えるUniversalソフトがメインになると読んでいますが、私の生命線であるAdobeのソフト類がどうなるのかが心配です。まぁ3年使えれば満足かな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0W-5

検定試験が終わり、次に控えているのは…大学生活の〆である『卒業論文』です。私は北海道人として誇りを持っていますから、卒論書くならやっぱり地元北海道のことを書きたい。でもちゃんとした内容を書くためには実地でちゃんと調査することに限る。。。ってことで、来週帰省することになりそう。しかし、北海道で実地調査を行うためにはどこでも移動出来るアシが無ければ何も出来ません。レンタカーを借りればいいですが、やっぱりどうせなら自分のMINIで行った方がらくちんなので今回は空路を使用せずフェリーで帰省することになりそう。

でも…もうちょっとしたら7月。そして地元で過ごしているうちにあっという間に8月。8月は…My MINI3年目の大イベントである『車検』が控えています。でも確実に9月までは北海道で過ごすことになりそうなので、恐らく車検も向こうのディーラーで行うことになりそう。

ってことで、今のうちにオイルを交換しておくことにしました。向こうのディーラーでいつも使っているオイルではないものを入れられるのは嫌ですからね。

今回も使用したのはADVANTAGE NEOのトップグレードオイルである『0W-5』です。

このオイルをBlogネタにすると毎回いろいろ面倒なことが起きるので…細かいことは省略するとして、このオイルを使い始めてから早4万キロになりますが、エンジントラブルは皆無。もう当然というか、いちいちこの一文を書くのも必要ないですね。まぁだからと言って他の人にこのオイルをごり押しするつもりは全くありませんけど、ハナっから否定している人はこの事実をちゃんと受け止めてもらいたい。まぁ極論言えば試しもしないくせにゴチャゴチャ言うなら自分のクルマに入れて試(ry

さすがにクルマ・ドライバー共に0W-5に慣れてしまったのか、今回オイルを交換しても以前ほど大きな変化を感じられないのはちょっと悲しいところですが、たぶん他の安オイルを入れたら…途端にエンジン回転が鈍くなって非常につまらんクルマになるんだろうなぁ。ってことで、0W-5、もう手放せません。価格高いけどこの投資は高いと思いません!(w

Hi Proof Shock

ついでにミッションオイルも交換しました。使用したのは同じくADVANTAGE NEOのHi Proof Shockです。

前回交換は約1年前。しかも前回の交換は一度純正ミッションオイルを入れて→その後すぐに今回と同じオイルを入れたのでフラッシングされていたはずなのですが、今回ドレンプラグを外してみると…やっぱり磁石部分にたくさんの鉄粉が付着していいました。どうやら、どんなにミッションに優しく乗ろうが・荒っぽく乗ろうが…MINIのマニュアルミッションは鉄粉が出るようです。そう考えると、BMWの指定するオイルの交換サイクル期間にはかなり疑問を感じます。持つことはもつだろうけど、そのサイクルで本当にトラブルは起きないのか?エンジンは大丈夫だとしても、ミッションはかなり過酷な気がしますが?

で、ミッションオイルは前出の理由から『オイルの種類選択』よりも『交換サイクル』の方が重要な気がします。ただ、私の場合、ミッションに関してかなり調子の悪さを感じており…気分的に安物を入れてビクビクするよりはちゃんとしたものを入れて安心しておきたいので、今回も信頼のおけるADVANTAGE NEOのモノを入れました。こちらは交換後、劇的!とは言えないもののミッションのフィーリングが改善。特に、交換以前気になっていた変速時の妙な引っかかり感が改善されました。ただし…シンクロの痛みは確実に進行しているようなので…そのうち根本的な対処(シンクロ交換・ミッションオーバーホール)をしなければいけないようです。

ブレーキフルードに関しては去年5月交換済み、劣化・減少は見られなかったので放置。クーラント液もちょっと前に交換・補充したのでこれも放置。パワステフルードは何入れられたっていいんで車検時に診てもらう予定です。

★総走行距離:61200km

アドバンテージコーポレーション

ステッカー

引き出しの中を整理していたら、こんなものが出て来ました。

…以前作ろうと思っていたステッカーです。我ながらよく頑張った逸品ですが、結局作成する前にサイト自体が終わっちゃったので、一般に出回ることなく消えていった悲しいステッカーであります。

でも、サンプルとして何枚か作成していて、そのうちの1枚がまだ処分されず引き出しの中に入っていたという訳です。既にMy MINIに貼っていたやつはずいぶん前に剥がしてしまったので…手元にあるやつが最後の1枚か。そう思うと、あの頃はいろいろやろうと思っていたなぁ〜と思い出に浸ったり(w)

某氏に『いつになったら出来るの?』と言われ続けていましたが、もう最近はそのツッコミも来ず(w)もう一度日の目を見ることはあるのでしょうか…?なーんか久々だったのでネタにしてみました。

エアコンフィルタ


『臭い。何となく臭い…。』

毎年、梅雨まっただ中のこの時期にMINIに乗ると、そう思うのです。

窓を全開にしていないと臭すぎて運転できなかった去年に比べ、今年はまだまだ我慢できるレベルなのでそんなにも気にならないのですが、でもやっぱり臭い。あの独特のカビ臭さは腹が立つと同時に運転の集中力もそがれるし、人を乗せるのがすごく嫌になります。(と、いうより乗せてもらった方が確実に不快だろうな…w)

ってことで、毎年恒例になりましたがエアコンフィルタを交換しました。今回はケチって活性炭なしのノーマルタイプをチョイス。活性炭入りは脱臭効果の面で性能は抜群によいのですが…そのニオイを吸収する性質ゆえに、エアコン始動時にニオイを放出してしまうこともあるそうな。で、活性炭なしのヤツもそれなりにちゃんと脱臭してくれるし、価格が安いので…だったらこっちの方がいいだろ、と。

ま、こればっかりは毎回同じ感想になってしまいますが…ニオイ気にならなくなりました。取り外した古いフィルタは例のごとく真っ黒け。ホコリもたくさん溜まっていました。やっぱりせめて年に1度か2度は変えたいものですね。

P.S MINIのエアコンのニオイが気にならなくなってホッとしたのもつかの間、家に帰り湿気っぽい部屋を除湿しようと昨シーズンぶりにルームエアコンを入れたら…ものすごく臭かった。。。エアコンに泣かされる私。あまりの臭さにエアコン止めたのに、未だに部屋の中がちょっと臭いよ(汗

パワーウィンドウ

最近、パワーウィンドウの調子がすこぶる悪い。

MINI独特(?)の機能である、ドア開閉時にウィンドウが連動してちょっとだけ上下する機能が毎度無効化されちゃいます。おおむね一晩放置しておくと無効になっちゃうらしく、その日初めて運転する際には毎度ドアを開ける度ウィンドウがひっかかってしまいます。そのまま気がつかずドアを閉めようとすると…『バン!』という大きな音がして上部モールにガラスが直撃します。もちろん、ドア閉まりません。…強化ガラスだから大丈夫だと思うけど、衝撃で割れちゃうんじゃないかと心配になります。

で、この症状。主にバッテリーの端子を外すと起こるものなのですが、ここ最近バッテリー端子外してないですし、オーディオ・カーナビの設定や室内時計がリセットされていないことを考えればバッテリーが死んでいる訳でもない。(まぁバッテリーが死んでいればエンジン掛かりませんけどね)だから原因がわからない。コンピュータがダメなんだろうか?

ちなみにこうなってしまった時は、(1)パワーウィンドウを下まで降ろし→(2)今度はウィンドウを上昇させ→(3)上まで来てもそのまま5秒ほどスイッチを押し込んでおけば→(4)パワーウィンドウがリセットされ再びドア連動機能が復活します。でも毎度毎度その操作するのは面倒だし、気分が悪いなぁ。ちゃんと動くはずの機能が動かないってのは嫌ですね。

SFW延長保証が切れるまであと2ヶ月なので…今のうちにディーラーへ持って行こうと思います。ついでにウィンドウを上下させるとゴムモールから気の抜けた変な音がするのも直してもらおうっと。重傷でなければよいのですが。

Elise S
Elise S

昨夜のワールドカップ・日本×オーストラリアはガッカリでしたね。。。友人宅で酒飲みながら観戦しましたが、途中から悪酔いになり…今日は完全な二日酔い。次戦の行方が気になるところです。

さて、そんな話はおいといて…Lotus Eliseにスタンダードモデルが復活するようです!

以前のEliseはROVER製のKシリーズエンジンが搭載されたモデルが中心でしたが…その供給元であるROVERが倒産。それに伴いエンジン生産も終わってしまったため、トヨタの2ZZ-GEを搭載したスポーツモデルの『111R』のワングレード体制になってしまいました。(※実際にはLotusがある程度のKエンジンを確保していたので、当面の間はスタンダードモデルも販売されていましたが)

話はROVERが倒産したころに戻って。Kシリーズが生産終了になった頃から『新しいスタンダードモデルにはどこのメーカーのエンジンが載るのか?』と話題になりましたが…ついにスタンダードエリーゼに代わるモデルが登場します。その名は『Elise S』。搭載されるエンジンはトヨタ製の1.8L・134馬力の1ZZ-FEになりました。カローラセダンやランクス等のクルマに搭載されているものです。
111R/Exigeに搭載されている2ZZ-GEは、1ZZ-FEをベースとしてヤマハが開発したチューニングエンジンであり両者は兄弟エンジンでありますが、バルブタイミング機構の差(VVT-iとVVTL-i)、ボア・ストローク違いがあります。

これにより、Elise/Exige系のモデルはすべてトヨタエンジンになりました。Eliseが世代交代を果たしたも同然でしょうか?個人的にはホンダエンジンを採用してくれれば言うことナシだったんですけどねぇ〜。気になる価格はまだ発表されていませんが、日本には今年9月に入ってくるそうです。

Group Lotus - The New Lotus Elise S
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ