RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏。

April 2006

東京スペシャルインポートカーショー ロゴ行って来ました撮って来ました(w)4/28〜4/30、東京ビッグサイトで行われた東京スペシャルインポートカーショーのレポートです。写真が大量&一気に紹介なので重いですが…ご辛抱下さい(w

続きを読む

讃岐うどん はればれ

最近、激しく忙しい…というより毎日大学の研究室に通っています。きっとこのペースで行くとGWも連休にならないんだろうなぁ。まぁ自らその忙しさの渦に身を投じた訳ですから何とも言えないところでもあったり。

それはさておき、今日は朝から羽田空港へ。
当Blogお馴染みの兄様が昨日大阪から東京へ来て→今朝北海道へ帰るので…羽田空港まで私が送迎。送迎アシ代として羽田空港へ到着してから、以前も行ったことのある銀座アカシアでキャベハヤを奢ってもらいました。今日の羽田は連休スタート日ということで超混雑!どこのカウンタもセキュリティゲートも凄い列。人混みが苦手な私には厳しい(汗

それから一旦家へ帰宅。昨晩あんまり寝てなかったので昼寝。夕方になってから…MINIが黄砂で物凄く汚かったので洗車して来ました。写真撮らなかったのですが、多分今までで一番汚かったと思う(w)なんつーか、全体が真っ白になってましたね。

で、洗車後…気がつけば時刻は夜メシどき。

何食おうかな〜と考えた結果、横浜都筑・港北ニュータウンのセンター北にあるセルフ式讃岐うどん店『はればれ』に行って来ました。ここは以前からちょくちょく行くお店で、いつも『大盛あつあつ』に野菜かき揚・ちくわ天をトッピングを食べています。メニュー数が多いので今度は違うものを…と思うのですが、何故かこの組み合わせが好きなんですよねぇ。
関東でこの手のセルフ式讃岐うどん店は『はなまるうどん』が有名ですが、向こうと圧倒的に違うのがうどん麺を自家製麺しているところ。混雑する時間帯に行くと、いつも職人さんがガラスケースの向こうで手打ちしてます。(今日も打ってました)
デパートやショッピングセンターがたくさんあるセンター北・南の中心という立地にあり、今日も家族連れを中心に混雑していました。でも幾ら混んでても回転が速いのですぐに座れます。もっとも、全席埋まる心配が無いぐらい席数多いですし、駐車場も広いので混雑を気にする必要はあんまりないかも。

…ちなみに私、よくうどんを食べてます。大学で昼食を食べるときはいつも『箱○そば』のうどんを食べてます。その理由はただ単に『値段が安いから』といういかにも私らしい理由ですが(汗)それこそ多い時なら週4でうどん。でも飽きないからうどんって不思議。これが同じ麺類のラーメンだったら週4は絶対無理だろう。。。身体壊しますね。
でもやっぱり、○根そばのうどんはおいしくない。汁が無駄にしょっぱいし(※味付けが何でもしょっぱい北海道人の私が思うんだから余程)、麺もぶにゃぶにゃ、そしてあんまり喰った気がしない。でも、讃岐うどんなら…毎日トッピング換えられるし、注文方法がいろいろあるから『今日はコレ、次はコレ』って色々試せるし、ダシが効いた汁とおいしい麺、素うどんそのものがおいしいから…これなら喰い飽きないでしょうね。

箱根○ば撤退してこの店入ってくれないかなぁ〜(w

本格讃岐うどんの自家製麺セルフ店 讃岐うどん はればれ - [うどん]All About

John Cooper Works Interior

更新の頻度、そして情報の古さに疑問と不満が一杯のMINI.JPサイト。特に、アクセサリ関係の情報はいつまで経っても更新されず、ずーっと放置されていました。

で、久々にMINI.JPを見てみると…いつのまにか更新されてました(w)しかもただ単に新しいデータにしただけではなく、合わせてJCW関連情報もリニューアルされてました。(ちょっと前まではMU前モデル向けのJCW情報しか掲載されていなかった)

…まぁ、新しいアクセサリの情報はディーラーに行けば得られるモノではありますが、MINI買ってしばらくすればディーラーへ行く機会なんてほとんど無くなります。それこそ『修理』『点検』ぐらいの用事でしか行かなくなりますから…そういう時にNetが非常に役立つ。それなのにずーっと情報を更新して来なかったMINI.JP担当者は…如何なものかと。

で、今更知ったのですが…結構というか物凄く、アクセサリやJCW関連パーツの品数が増えたようですね。特に気になっているのがJCWのアルカンタラ・スポーツステアリングとブレーキキット。まぁそれなりの値段しますが、ふたつとも気になる!ちなみにシート関連(レカロ・JCWスポーツ)は掲載されていませんでした。

今後もちょくちょく更新されることを願います。。。アクセサリ情報はmini.jpトップ→上部メニュー項目から『MORE MINI』→それぞれの情報へアクセス。

WebCG

WebCGの記事より。COOPER SのJohn Cooper Works仕様の試乗レポートでございます。

しっかし高いなぁ。オプションテンコ盛りの『VIPスポーツ仕様』とは言え…400万円オーバーって。。。こんな仕様で乗ってるお金持ちなんて日本にいるのか?(w)価格だけで言えばVWパサート2.0やBMW320iM-Spを超えているなんて記事に書いてありますが…確かにそれが買えるならこっち選ばないような気がする。

なーんて思っていたら記事中にこんな記述。
たとえばベントレーのコンチネンタル・フライングスパーあたりをポンと買えるような人が、街なかや峠道を小気味よく走れるコンパクトカーを、サードカーあたりとして欲しいときに、このJCWはおすすめかもしれない。“ミニ・クーパーの美味しい要素が全部入り”といえる内容は、格の違うコンパクトカーを望む人たちに最適だから。
ああ、なるほどね。…って納得出来んし(w

何となく思うのですが、こんな感じで『全部乗せ』のクルマ買ったとしたら…購入直後は楽しいだろうけど、すぐに飽きそうですね。この手の『コンプリート』よりも、パーツ選びやチューニング、そしてセッティングを自分の手の中でコツコツと楽しみながら自分だけの1台を造り上げる方がよっぽど楽しいんだと思うんですけどねぇ。…まぁ所詮は貧乏人のヒガミ根性ですけど(汗

Z4 Coupe

新型Z4 Roadster/Z4 Coupe、そしてM Roadster/M Coupeが国内正式デビュー&販売予約開始されたそうです。

新型Z4は…エクステリアの変更が目立ってますが、7シリーズの時と同じく新しいモデルには抵抗感が。BMWさんのモデルチェンジはMINIも含めてあんまり賛同出来ないなぁ。Z4に関して言えばフロントバンパーもシックリ来ないしリアテールランプも何か変。まぁ、7シリーズも今となっては普通に見られるようになったんで、いつかこの新型Z4も慣れられる日が来るんだろうなぁ。
同時に出たZ4 Mシリーズ、中身の話はどっか他のサイト見てもらうことにして、やっぱりこっちも外観変だなぁ。先代M Coupeは見た瞬間度肝を抜かれましたが…今回のZ4 M Coupeはあんまりパッとしませんね。東京モーターショーに展示されていた艶消しシルバーがあれば最高だったのに。。。

それより何より一番気になっているのが、MC前には設定があった2.2Lモデルが廃止されてしまったことでしょうか(※Z4 Coupeは3Lモデルのみ設定)。恐らくライバルのBoxsterやCaymanに合わせてのモデル設定なんでしょうが…MC前Z4での2.2Lモデルは結構評価高かったと思うんだけどなぁ。お値打ち価格で購入出来るZ4がなくなってしまったのはちょっと残念です。

あ、こんな記事書いてますが…私は買いませんよ(買えませんよw)

BMW Japan Z4シリーズ

サーモスタット

ネタ切れと言っておきながら…一番書くべきネタを書くの忘れてました(汗)
ってことで、MINI入院日記みたいになってますが先週火曜夜にMy MINIが修理を終えて帰って来たのでその報告を。

まず、改めて一連のトラブルを振り返ってみます。

今年の1月下旬、My MINIは購入から一度も交換していなかったクーラント液の交換を実施。作業はreal directionさんに依頼し交換してもらいました。クーラント等を交換した際には必ずエアを抜かなければならないのですが、MINIはエンジンルーム内が狭く配管の取り回しが複雑なため、エアが抜けづらいため、数日間はエアが抜けるようにバンバンエンジンを回し(=配管の水流を促す)、水を補給しながら乗らなくてはなりません。そうしているうちにいつのまにかエアも抜け、クーラント液レベルが安定します。

…が、いつまで経ってもMy MINIのレベルは落ち着かず。毎回MINIに乗る度ボンネットを開けてクーラントリザーバタンクをチェックするとタンクはカラッポ。その都度水を補給していたのですが、気がつけばいつのまにかクーラント液というより『タダの水』に近い状態になってしまいました。これはどっかから漏れていると思い一度目の入院。その時の診断結果は、ヒーターコアとの間にある接続ピースのエア抜きネジからクーラントが漏れているというもので、この部分のパーツを交換して事無きを得ました。エア抜きの為ネジを開け閉めしたことによりパーツが破損したようです。でも、普通に開け閉めしただけで壊れるプラパーツ。品質の低さに呆れるなぁ。。。

これで大丈夫!と思ったのですが、状況は改善されるどころか…ますます悪化してしまいました。

接続ピースを交換した際に再びクーラントを補充し直した為、2度目のエア抜き作業を実施。しかし、今度はヒーターが全く効かなくなり、そのまま運転していたら…助手席側前輪あたりから物凄い水蒸気が発生。何か不調なのは一目瞭然だったので、再びreal directionさんへ行こうと思いMINIを走らせていると、果てにはオーバーヒート発生。無理して走り続ければエンジンブローの恐れもあるので、MINIを路肩に停車させreal directionさんに救助を要請。ボンネットを開けると、エンジンルーム内は水蒸気でベチャベチャになりエンジンを切ったのにも関わらず電動ファンがフル稼働。クーラントリザーバタンクは見事カラッポになっていました。

その後再び入院→精密検査を実施したところ、まずヒーターコアは正常。先に交換していた接続ピースまわりも正常。その他のパイプ類も漏れや破れはなかったそうな。で、結局原因はサーモスタットだったようです。サーモスタッドは水温に応じて弁を開いたり閉じたりしてエンジン水温を調節する機構ですが、これがちゃんと動かない状態になっていたようです。よってこのサーモスタットを交換。

それにしても、たかだか2年半・6万キロしか走っていないのにサーモスタットが壊れるなんて…ホントにダサいですね。余程My MINIはアタリが悪いのだろーか。それともMINIの品質が低いのだろーか??
まぁ不幸中の幸いだったのが、ヒーターが効かない時点で注意深く走行していたので、オーバーヒートにすぐ気がついたこと。これに気がつかずバンバン走らせていたとしたら…私はもう2度とMy MINIには乗れなかったことでしょう。

サーモスタット単体はそれ程高いパーツではありませんが、交換工賃が結構高め。これは、エンジンルーム内の各所を取り外ししないとと辿り着けないからです。結局トータル25,000円かかりました。交換後、今のところかなり順調ですがこの先どうなることやら。

基本メンテ代だけでどんどんお金吸い取られるからいつまで経ってもタイヤ買えません。。。まぁしょうがないことだけどちょっと悲しい。

Mini Cooper Service Manual: Mini Cooper, Mini Cooper S, 2002, 2003, 2004

最近MINI乗ってなければ出掛けてもいないので…ネタ切れの為昨日に引き続きMINI関連の書籍ネタです(w)

実はこの本、以前購入したのですが…とある事情でさっぱり活用することも読むこともなくドナドナしてしまいました。それからはノートPCにインストールしたBMW TISを活用しているのですが、今思えばやっぱり書物でチェックしたほうが作業しやすいです。それに加えてTISは操作が煩わしいしどこに欲しい情報があるのか未だに理解出来てないし。。。

ってことで再びBentleyのサービスマニュアルの購入を企んでいます。が…価格が高い。某自動車書物専門店でこの本を買おうと思い、値段忘れたのでプライスチェックしたら…16,800円でした(汗)
そんな感じで購入を躊躇していたところでしたが…そういえばと思いつきAmazonで商品検索してみると、意外や意外、ちゃーんと販売されてました。流石世界のAmazon。品揃え力が半端じゃないですね。しかもAmazonの利点は現地価格の$99.95に限りなく近い価格で販売されている点。某書店との価格差結構大きいです。やっぱり世界のAmazonは違うなぁ。和書買う時はそんなに利点ないですが、洋書はAmazonで買った方が良さそうですね。

で、このサービスマニュアル。とりあえずTISに載っている情報は全て網羅されています。TISの写真はちょっと不鮮明でわかりづらい部分があるのですが、この本は結構鮮明でわかりやすい。TISには掲載されていない詳しい配線図も完備。ただし言語はモチロン英語。すなわち私の場合は英和辞書片手に頑張らなきゃいけないのがひとつだけ難点ですが、まぁ外車なんだから仕方ないですね。。。何気ないちょっとした作業でも、手探りと勘でやるのと・作業書片手にやるのではかなりの差なので、一冊あると便利ですよ。最近某オークションではTIS出品数が減ってきてますしねぇ。

NEW MINI STYLE MAGAZINE VOL.9 春号

随分前に発売されていたそうなのですが、ここ1週間は結構バタバタしていたのと、近所の書店には陳列されていなかったことからなかなか購入出来ませんでした。しかも購入する前に中身を某所でガッツリ読んでいたので、買う時にゃあ既に内容も知っている状態だったんですが…それでも『保存用』として購入。価格はいつもの通り1,300円也。

今回の内容は…まぁもう毎回説明すんのがだんだん馬鹿らしくなって来るぐらいいつもと同じです。MINI Conceptシリーズの紹介、『MINIの新御三家』の紹介、また洗車ネタ、インテリアパーツ紹介…。個人的にはP43の左下のMINIが気になります。あれはTV深夜番組の洗車用品通販実演映像みたいに自分のところでやったのか、それともガチなのか…?『大体Pって何だよ、Pは…パッション?』なーんて思ってしまいました。知ってる方いたら教えてください。

毎回『次号に期待!』なんて言ってますが、このままの内容なら次号から買うのやめよかな。。。変に褒めちぎることほど気持ち悪いものないしなぁ。

Summer Flowers

Carviewの記事より。
 BMWは、ファッション性の高い魅力的なデザインで支持を得ている「MINI」と、イタリアのガラス・モザイクタイル製造会社である「BISAZZA(ビザッツァ)」社とコラボレーションを実現。共同制作した4台のMINIのうち1台を日本に上陸させ、ホームファニシングショップの「ザ・コンランショップ」各店(新宿本店、福岡店、名古屋店)にて、期間限定の特別プロモーションを行う。

 これまでも様々なブランドやショップとのコラボレーションを行ってきたMINIだが、今回のBISAZZA社は、共にデザイン性の高いメーカーとして、また時代の最先端プレミアム・ブランドとして確立しているという共通点から実現された。BISAZZA社と共同制作された5台のMINIは、世界最大の国際家具見本市である「ミラノサローネ」にも昨年出展したことで話題を呼んだ。
ってことで、同じ内容がMINI.JPにも掲載されています。

いやぁ…とても綺麗ですねぇ。
『幾ら掛かってんだろう?』『洗車大変そーだなぁ』『ぶつけたら高いだろうなぁ』っていう野暮な疑問は御法度ですね(w)製作の様子を収めたビデオを見ているとその細かさや繊細さに感動しました。ガラス細工に造詣がないので、良さや素晴らしさはよくわかんないのですが、素人目に見ても凄いし美しいし驚きだし…もう何か、MINIのよーでMINIじゃないみたい。

来週から新宿のコンランショップで展示、その後名古屋・福岡の同店でも展示されるそうです。一度見てみたいけどこれだけを見にいくのもなぁ〜。それに私は…コンランショップに行くとする→いろんなモノ見て欲しくなる→買えない→ガッカリってのがオチだと思うし、何しろショップのステータスに合致してないだろうし(滝汗

興味ある方は是非どうぞ!

このページのトップヘ