RB32A55!!!

無茶して再びMINIに乗ってしまった男の気分で書き殴るチラシの裏+VW Passat ALLTRACKもあるよ。

November 2005

何やら…今日は朝から早起きして某所で『とある』工作をして来ました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

MAZDA RX-8 HYDROGEN REゼミの学習に『日経ストックリーグ』というのがある。これはバーチャル株式投資を行うモノなのだが、ただ単に儲ける為の投資ではなく、チーム毎にテーマを設定しそのテーマに沿った企業の株に投資し応援するというもの。で、その選考理由や企業への提言等をレポートにまとめる。要は『株式投資=金儲け』では無いという事を学習するのが狙いだそうだ。

んで、我々のチーム(ゼミ生♂3人)は果敢にも『次世代エネルギー』をテーマにしてしまった。決めた理由は簡単で、チームのある1人が『Bowyanってクルマ好きでしょ?オレも好きだから次世代エネルギーにしない?』なんてモノだった。が、一口に『次世代エネルギー』と言っても…実際調べてみるとこの言葉はあまりに広義過ぎる言葉である事を思い知らされた。

とりあえず、クルマ好きの我々にとって次世代エネルギーと言えば『水素』が思い浮かぶ。しかしながら、一番身近で実用化されている次世代エネルギーは『太陽電池=ソーラー』であった。それに加え、水素や太陽電池だけでは無く、天然ガス・核融合・エタノール・バイオマス・DME…数えたらキリが無い。これを全て調べなきゃいけないと知った瞬間、一瞬意識が飛びそうになったのは言うまでも無い事実で(汗

とりあえず話をクルマネタに…。今年の東京モーターショーはどこのメーカーにも燃料電池自動車やハイブリットカーが展示されていた。しかし、ハイブリットカーを除けばどれもまだまだ未来話のような気がしてならない。ただ、今回『環境』という目線で一番気になったブースはマツダだ。トヨタとホンダばかり目立つ次世代エネルギー車の開発では実は結構昔から手を付けていたというメーカーなのはご存知の方も多いかと思いますが、個人的にそのマツダの水素とガソリンを共用出来るハイドロジェンREは非常に興味深い。トヨタやホンダの水素カーより余程現実味があった。(確か昔BMWが同じようなクルマを開発していた気がするのですが、最近話を聞きませんね…)

今回色々調べてみて、結局のところ『次世代エネルギー技術開発が遅れている』のでは無く『石油の力があまりにも大き過ぎる』だけなのでは?と思ってしまいました。石油大手各社はどこも競うように次世代エネルギーの開発に力を注いでいますが、どの会社も明確なビジョンは見えず。個人的には『石油無くなった時に困るからとりあえずやってます』的な姿にしか見えませんでした。しかも、こういうテーマを調べている自分ですら『まだ当分はガソリンエンジンのクルマがいいなぁ』と思うんですから…この先の道のりはまだまだ遠い気がしてなりません。個人レベルの意識改革が必要なのかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

肉のハナマサ今日は来週末に開催される某大某校舎の学園祭に私の所属するゼミが屋台を出店するに当たり素材の買い出しへ行って来ました。今回やるのは『揚げダコ屋』(揚げダコ:銀だこ等で有名なたこ焼きを揚げたもの)をやります。
買い物に行ったのは『肉のハナマサ』。関東圏に在住の方ならご存知の方が多いかと思いますが、いわゆる業務スーパーです。販売されている品は普通のスーパーで売られているモノと比較して大きい業務用。『プロの為の店』と銘打たれている通り何買ってもその量の多さと安さに驚きます。たまに私も食材を買いに訪れ、大量にある肉なんかは凍らせて徐々に消費したり、友人達と行って分割したりとかなり活用させてもらっています。肉以外では魚や野菜等の生鮮食料品も豊富で来る度何か買いたくなります。しかも買い物中は『料理のプロ』気取って買い物するのがこれまた…(w

んで、一番主役のたこ焼きは今日買っても保管に困るので注文だけしておいて当日朝引き取りに行く事にし、他の材料は全て購入しました。油は一斗缶、ソースはオタフクソース業務用2本、青のりかつおぶしも凄い量購入しました。それでも普通のスーパーで同じ量を買うよりは遥かに安い。本当に助かります。

それはさておき、大学校舎からこのハナマサがある所までは片道5km以上あり徒歩で行くのは不可能。そこで…My MINIにゼミ生を乗せドライブ買い出しへ行って来ました。ゼミ生にはMINI初披露だったのですが…ゼミ生達(♂1:♀2)の反応は『カッコいい!』『かわいい!』『マニュアル凄い!』『憧れるわぁ〜』『もっと遠く行きたい!』とそりゃもう嬉しいの何のって!(w)こういう瞬間が『嗚呼買って良かった』と思うひと時でもあります。。。ってアフォですね、かなり。

(※写真のハナマサ店舗と今日行った店舗は異なります。あしからず)
このエントリーをはてなブックマークに追加

D200という案内が届きました。最初見た時は電池パックEN-EL3のリコール案内かと思ったのですが(うちのバッテリは適合外)、よーく見たら『D200』の文字が。嗚呼、そういえば先日発表されていたなぁと思いつつ開封。D70購入以後こういうDMが来たのは初めてかも。んまぁ、D70からD200までの間に出た機種は下位機種か同等機種(またはえらい上の機種かw)ばかりだったので当然と言えば当然か。これは『ステップアップしませんかぁ〜?』というお誘いでつか?(w

買わねぇよ!遅いんだ出るのが!!

…てのは冗談です。でも確かD200の噂はD70が出るずいぶん前から流れていたのにあれからもう1年半以上経ってますよ?やっと出た、というよりもう完全忘れてました。それどころかてっきり出ないモノなんだと思ってました(w)なので出たというニュースを読んだ時『ああそうですか』程度にしか思えませんでした。
D200自体に関しては私自身D70で満足しているのであまり興味は無し。それより興味があったのは毎回新ボディと同時発売になる新型レンズだったのですが…うーん、18-200mmかぁ。微妙だなぁ。待てど暮らせどD70用パワーパックは出る気配まるで無しだし…レンズもなかなか欲しいと思える手頃なモノが見つからず。今の組み合わせでかなり満足『させてる』自分(汗

むしろ思うのが、デジ一眼の買い替えってどのタイミングなんですか?と。コンパクトカメラなら買い替え時期は大体2年に1回位かそれよりちょっと長い位かと思うのですが、もうすぐ2年経過するD70さんとはまだまだ長いお付き合い出来そうな気がします。もうこうなったら壊れるまで腕磨きながら使い倒すしかないなぁ。お金無いけど新しいストロボとレンズ位1本ぐらいは欲しいです。

#D200自体の詳しいお話しは京都の大旦那氏Blogでお読み下さい。私はまだまだ素人なのでカメラ語れません(汗
このエントリーをはてなブックマークに追加

福臨門書くの忘れてたんですが…先日の日曜日、オヤジが東京来襲。って事で、日曜の夜は居候君(地元友人なのでオヤジとも面識アリアリ)を連れ3人で銀座の広東料理店『福臨門』さんへ行って来ました。

以前、親子3人で中華料理で超有名な鉄人・陳○一のお店『四○飯店』へ行った事があるのですが…その時はオヤジ・兄様・自分揃って『えぇ〜、何か…ねぇ…。』という感想しか持てませんでした。まぁ実際に作っているのはお弟子さんか誰かなんでしょうけど、接客も激しくガッカリした記憶があります。
んで、今回行った『福臨門』さんも事前に調べた限りでは広東料理では一番最上級と言われ有名だとはわかっていたのですが、実際それほど期待してませんでした。それに加え、『中華料理』と言えば四川料理ばかり食べているので広東と言われてもいまいちピンと来るモノがありませんでした。

しかし、実際行ってみると…実に良いお店でした。ホスタビリティが非常に良く、料理の説明が非常に丁寧。今回は『おまかせコース』を頼んだのですが、決して丸々全て料理人のおまかせではなくこちらの希望も聞いてくれる所がよくありがちな高級店とは違うなぁと思いました。また、広東料理の味付けはまるで和食のように薄味で素材の味が凄い生きているんだなぁと実感。前菜からして非常に手の込んだモノが出てきてビックリでしたし、どの料理も丁寧にこしらえてあるのが出てきたモノを見ただけですぐわかります。
福建風あんかけ炒飯その中で今回一番感動したのが『福建風あんかけ炒飯』でした。あんかけ炒飯は今やそれ程珍しいモノではありませんが、福臨門さんで出たあんかけ炒飯はあんかけそのものからして非常に美味。しかもよくありがちな『しょっぱいあんかけ』じゃなくまるでだし汁を掛けているかのようなあんかけでした。こんなのは初めて食べました。よかったー非常にヨカター!!!

ただ、お店側が若くて体型の良い私と居候に気を遣ってくれたようで(実際そう言ってたw)その前に出て来た料理の量がすんごい量。それ故に炒飯を食べる頃にはほぼ満腹でした(汗)んで、残った炒飯をテイクアウトしてもらえるように頼みました(w)
…で、その持って帰って来た炒飯…食べるの忘れてて…今日慌てて食べました(爆)流石に時間経つとあんかけは完全にご飯粒に吸い込まれていてちょっとおいしくない(涙)嗚呼もったいない事をしたなぁ。。。

高級料理店は行く度がっかりする事が多かっただけに、このお店は『また来たいなぁ』と強く思いました。価格は高いですが、行く価値・食べる価値は支払った額以上あるでしょう。

福臨門魚翅海鮮酒家 銀座店
このエントリーをはてなブックマークに追加

純正カップホルダ先日のNicole Owner's Dayの際に20%オフ価格で購入した2個目の純正カップホルダ。当日在庫が無かったのでディーラー店舗に取り寄せてもらい、今日受け取りに行きその場で早速運転席側に装着してみました。

が…装着作業中に嫌〜な予感が。装着完了してみれば…予感的中見事にクラッチペダル操作時に膝がカップホルダにぶつかります(涙)って事で新しいカップホルダは装着時間わずか5分で取り外しの憂き目に。超orz

って事で早速ヤフオクに流そうかと思ったのですが、どうせならお知り合いの方に格安でお譲りしようと思います。希望者がいらっしゃらなければヤフオクに流します。
価格はディーラー販売価格が6,195円ですので…半額の3,000円でいかがでしょうか?
(※ただしカップホルダ上部のゴム(ギザギザ形状になっているゴム)は以前から装着しているカップホルダに装着されていたモノと交換させてもらいましたのでそこだけ若干使用感アリ。その他の部品は新品同様です。現品写真を掲載しましたのでそちらで状態を確認下さい)
装着方法は助手席側に装着する場合は至って簡単です。ただ、固定ネジを回す際トルクスドライバが必要ですが、どこのカー用品店でも購入出来ますしMINIのネジはほぼトルクスなので手元にあると便利かと思います。

※嫁ぎ先決定しましたので終了します
このエントリーをはてなブックマークに追加

liquid pianoBlogのデザインを久々にオリジナルのモノにしてみました。って…『オリジナル』って言う程のモノでもなく、実際はlivedoorが用意した全く持って使い物にならないテンプレートを弄って製作しました。

実は今回のデザイン変更前に使用していたコンクリート壁面風デザインは数ヶ月前にlivedoor Blogシステムが入れ替えになった際急遽中継ぎ君で採用したものでした。それまで使用していたデザインはシステム変更によりかなりの部分で不具合を出していたので苦汁の選択でした。コンクリデザインをそのまま使うのは嫌だったので色々と使いやすいように弄ってみたんですが結局個人的に不満だったのでデザインチェンジを企み…やっと今回完成しました。でも作ってみたらコンクリデザインの方があっさりしていて良かったかなぁと思ったり。。。orz

このデザイン、livedoorが用意した3カラム式デザインなのですが…ノーマルの状態だと中央部分(記事が表示される部分)がえらく狭い。CSS見てみりゃ395pxの超狭不良物件状態で非常に見辛い。って事で試しにCSSの記事部分を書き換えサイズを広げてみたのですが…何とビックリ、背景画像(ヘッダやフッタ部分やサイド枠部分)が全てノーマルの395pxに準じたサイズで造られている事が判明!その為、背景に使用されている画像全てをPhotoshopでひとつひとつリサイズしました。そうしているうちに『赤黒』をメイン色にしたいなぁと思い、サイドバータイトル部の色も変えたりしているうちに時間はどんどん過ぎて…終わってみたらかなり疲れてました(w)また、微妙な部分ですが余計な広告ツールバーを出さない様にしたり、トラバやコメント表示部なんかも見やすいようにするためかなり弄ってます。
(※本当はリキッドデザインにしたかったのですが、流石にそこまでやるにはかなり面倒そうなので最初っから諦めましたw)

万全を期して作業しましたが、OSやブラウザ等の環境次第で表示が狂う可能性があります。もしそのような箇所を発見されましたらご指摘下さると幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Z4あ、自分の物欲じゃないです。

写真が既に公開されましたが、BMW Z4に近々マイチェンが行われるそうです。で、ディーラーに聞いてみたらやっぱりと言うか予想通りと言うか…現行モデルの在庫がかなりダブついているらしい。当然の如くディーラーは在庫処分に躍起。今ならかなりの値引き&ローン金利が1.99%という好条件もOKとの事。これは見逃せないって事で突然急接近中。狙うモデルは2.2Lモデルor2.5Lモデルで探しています。
(まぁこれはMC後モデルがあまりにもカッコ悪いので今のうちに現行買ってしまおうという魂胆でもあったりするw)

本人、MINI COOPER Sコンバチ6ATモデルも気になるそうなんですが…そっちは値引きゼロの金利3.6%!いつまでMINIセールスは強気なんだか。頭金100万の60回均等払いなら月々の支払い額はそう変わらず。ならばどっちがイイか??個人的にはZ4>MINIかなぁ。まぁ言うのはタダですからもっぱら最近はディーラー煽りまくり中。セールスさん頑張ってください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

KTX-B172B


…うーん。

ゴールが無い『底無し沼』だとは知りつつ…。

ちょっとだけ足を踏み入れたいサンクチュアリ(聖域)

この形状を見てピンと来た方、お先にどうぞ(w
このエントリーをはてなブックマークに追加

Responseの記事より。
フェラーリは14日付けでドナート・ココが同社のチーフデザイナーに就任すると明らかにした。デザイン戦略の確立・監督、歴史的に長いつきあいのあるピニンファリーナをはじめとするパートナーとの協力・調整にあたる。
(中略)
前任のフランク・スティーブンソンは、グループ会社のフィアット・ランチア・商用車スタイルセンターに異動する。
Frank Stevensonんまぁ…フェラーリのチーフデザイナーに関してはコメントしように無いのですが、個人的注目は前任のフランク・スティーブンソンはNew MINIの生みの親(チーフデザイナー)であった事。以前、スティーブンソンが移籍した後にBMW F1チームがフェラーリ F1チームに優勝記念として『MINI』をプレゼントしたという経緯がありますが…その時は「これはフェラーリにデザイナーを引き抜かれた事に対しての嫌味攻撃か?」と思いました。まぁ実際どうなのかは知る由も無いのですが、とにかくスティーブンソンはフェラーリに大移籍したのにも関わらず結局オチがこんな風になってしまったという事だけは覚えておきましょう。

フェラーリのチーフデザイナー交代 | Response.
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ